10 | 2017/03 | 11
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

良質な2人の関係性がチームを良くする。

最近、友人を訪ねて富山県の氷見市へ向かった。彼は美大系の出身で映像製作ができる。わかりやすい武器を持っていない僕は、そのことを時に羨ましくも思っていたりする。
大学時代にはプロジェクトを共におこそうと試行錯誤したけど、結果お互いに力足らずでモノにはできなかった。現在、氷見市で地域おこし協力隊をしている彼を訪ねた理由は、今だったら生産的ななにかを一緒にできる気がしたからだ。

3泊の氷見滞在を経て、聞き書きと映像を組み合わせたその土地ならではの取組みの萌芽を得られたのはとても良きことでした。(弊団体のfacebookに動画が載っているから見てみてね)
一方で氷見滞在では、プロジェクトチームという概念に関するリアルな示唆も得られたので、今日はそのことについてです。


時に僕らは「チームはリーダー以上の器にならない」「チームビルディングがチームにとって最も大切。始まりが肝心。」「メンバー間での対面でのコミュニケーションが組織を育てる」などなど、チーム論を無数に議論しているように思う。どれも、確かにそうかもしれないという感があるのだけど、氷見で得た僕の最新チーム論は「2人で、チームは変わる!」ということなのだ。

彼と僕は顔を合わせれば、目の前にある素材を使って面白いことが起こせないかとなんやかやと話している。お互いにたぶん「上がりたい」気持ちが強いのだろうな。それは氷見滞在中も同じで、これとこれを合わせたらこうなるんじゃないか?とか、それだったらこうした方が良いよとか、あーだこーだと喋り倒していた。生産的議論かと問われても分からないけど、とにかく場の熱量は常に高いし、ポジティブな空気も充満するんだよね。それがきっと、氷見行きに一緒についてきてくれた学生にも伝播していたと思う。


1人でチームを変えられるひともいる。
だけど、多くの若者はそうじゃないと思う。僕はチームメンバーの熱量が高くないと、その総ての熱量を高めるほど自分のエネルギーを放出できない。それだけの自信とバイタリティが備わってないんだ。だから冷めたひとが多いチームでは、少しずつ冷めた空気が広がってゆく。
そうするとどうなるか。そのチームを盛り上げ直すために常人にできることは限られてくる。
その1、誰か1人の熱量を上げることから始める。
その2、熱量の高い仲間を新たに迎え入れる。
いずれにせよ、一度下がった熱を高めるのはとてもとても難しい。

ひるがえって、氷見ではそもそも彼と僕の熱が高く、それが伝わって全体としても目線を高くポジティブに日々を過ごせた。
2人という数はチームを無理なく少しずつ変えてゆけるのかもしれない。僕はそう感じた。

毎度毎度、あたりまえなことをそれらしく書いているブログだけど、今回もそうでした。あたりまえなことを重ねて言うと、良質な関係性がゼロかイチかという違いは大きいということ。本気で熱量のあるひとが一人しかいない時、そのチームに良質な関係性は1つもありません。2人いればそこに関係が生まれます。その関係に周りが感化されるってことだと思うんだ。決してその2人個々人のポテンシャルや意欲に感化されるわけではなく。“関係性”のなかにこそ、プロジェクト成功の種があるのだよ。

あなたがその2人のうちの1人になるためには、誰と握手するか。それが肝です。
スポンサーサイト

受け止めた思い。

2017.01.11 02:43|若手理事ブログ(峯川大)
峯川です。筆不精ですみません。

さて、前回のブログで、
「僕のことを知ることが出来るブログに」
ということを書きました。

気になっているけれど、知ることが出来ない世界ってあるよね、
僕のことを誰が気にしてくれるかは置いておいて、
「気になるけど、知ることが出来ない」状態にあることを、まずは自分が脱したい。

シンゴジラを持ち出しながら、
そんな思いを書いたのが前回のブログです。


そして二回目の今回。
早速、私自身のこと、過去のことを書いていきます。


2017年現在、24歳の私。
共存の森との出会いは、高校2年次に聞き書き甲子園に参加したこと。
今回はそのことを書きます。


…なお、つらつらと、昔話を書いていきますが
過去は過去。過去の栄光などに縋るつもりはありません。

過去を振り返り、今日の自分(の考え方)をつくっている
ルーツをたどると同時に、

その経験から、今どんなことが言えるかを考えてみたいと思います。


聞き書き甲子園参加の
一番の動機は、
「タダで全国のどこかへ行けるから」。

単純で、不純な動機。
こうして書くのも恥ずかしい。笑


でも、僕の実家の、すぐ隣に住んでいた祖父は、
農家であり、ちょっとした植木屋を営んでいて。

そんな祖父の仕事ぶりを近くで見てきたこともあり、
庭で花や野菜を育てるのが好きでした。


また、植木を移植する際、
地面に伸びまくった根っこを掘り起こし、一部はのこぎりで切り落とします。
その表情をふと見た時、とてもしんどそうな顔をしていたのが印象的で。
祖父に聞いてみたら、その時は別に体力的なツラさではないという。

・・・なぜそんな顔をするんだ。
僕はずっと不思議で仕方なかったのです。

その植木の移植が終われば、お金が入ってくるわけで。
むしろ、どんどん根っこを切ってしまえばいいのに、とすら思っていました。


そんな私が聞き書き甲子園で学んだ、いや気付いたこと。
それは
若者の、そして自分の行ないが、未来をかえる。
ということです。


私が取材した名人は、群馬で代々林業を営んでこられた方で。
でも、ご存知のように、貿易自由化、TPPなどもあり、
今は、杉林の足元で、山わさびを育てている方。

山わさびと、少しの畑仕事で、生活を安定させ、
ほぼお金にならない山の手入れも、
「好きだから」と言って続けてこられたそう。

「三代にわたってこの山を育ててきた」
と話す名人。

私の目の前でワナにかかったイノシシをしとめ、
ずんずん斜面を下っていき、間伐をして見せ、
立派なキノコを見つけて、上機嫌になり。

田畑しか知らなかった私に
山の世界を教えてくれました。

「こんなきれいな山を見ながら死にてえなぁ」
林野庁長官賞をやっと受賞出来たという、
自慢のひと区画を見せながら名人がつぶやいた言葉。
今でも忘れません。


「今はもう、林業じゃ食っていけねえ。
でも、お前さんには将来、いい大学入って、国の役人にでもなってもらって
日本の林業を変えてもらいてえなあ。

俺の代は無理でも、
俺の次の世代が林業で食っていけるような、
そんな時代をつくってほしい」



これが、今日の私の原点となっている言葉。

今の苦労と、
子や孫の時代を思いやる気持ち、
そして、私に託した思い。

私は言葉を失いました。
なぜ、出会ってまだ数日の僕なんかに、
こんなことを話してくれたんだろうか、と考えてしまったのです。


そんな時、名人が続けて一言。
「俺はそういう思いで、今までお前さんに、
いろんなものを見せ、話してきたつもりなんだ」

・・・身の引き締まる思いがしました。
これは、名人の期待にこたえたい。
いや、こたえなければならないな、と。


多くのメディアで耳にしてきた
「これからの時代をつくるのは、若い人だから」
「若い人には頑張ってもらいたい」
などという言葉。

それらとは全く異なる、
まさに言霊と表現したい何かが込められた、
強い言葉でした。

もっと自分がしっかりしないといけない。
自分が何かを変えていかないと。
この思いを、しっかり受け止めよう。
そんな使命感が生まれた日でした。


このことが原動力となり、
結果として5年にもわたって、共存の森の活動を続けてこれて、
それなりに充実した若者時代を生きていられているのです。

名人には本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。



こうして、僕は新たな世界へと歩み出していったわけですが、
その先にも様々な出来事がありました。

それらは、また順を追って・・・。

僕自身の「知ることが出来ない」世界。
筆不精の私ですが、
少しずつ窓を開けていきます!

【共存の森・関東2016】 12月17日・18日活動報告

2017.01.11 00:24|「共存の森」活動報告
1日目は島村がご報告します。

1日目の活動は年に1度の活動報告会!
ということで、総勢14人のメンバーが参加をしました。

集合写真を撮りそびれてしまいました(^^;)

今年行った活動のご報告を山小川の皆さまの前で発表する活動報告会は
いつもお世話になっている、青年館で行いました。

普段、人前での発表に慣れていない人も多く、緊張しながらも頑張って発表しました。

12-18_16.jpg  12-18_7.jpg


さて、私たちの活動報告が終わったら、、、
5人から6人のグループに分かれて山子川の方々とワークショップを行いました。

 
12-17_18.jpg


テーマはなんと!!!
山小川の未来予想!!

1年後・5年後・10年後の山小川の未来予想についてみんなで真剣に話し合いました。

12-17_20.jpg   12-17_17.jpg

各グループごとにまとめた意見を模造紙にまとめて、みんなの前で発表しました!

12-17_10.jpg

皆さん真剣に話し合ったので、そろそろおなかがすいてきましたね。。。
台所からいい匂いがしてきます。

12-17_15.jpg

最後に懇親会もかねて全員でおいしいご飯をいただきました。

12-17_67.jpg


皆さんほんとにお疲れ様でした。

とても充実した一日でしたね。




こんにちは!た~いへん更新が遅くなりましたが、2日目を森山(ちゃなりん)がご報告します。

2日目から参加の私は東京駅から朝7時頃の高速路線バスに乗って約1時間、鶴舞バスターミナルから合流しました。
鶴舞バスターミナルでは日曜日に、地元の方々が育てた新鮮で美味しい季節の農作物や、竹細工などの工芸品が買える産直が開催されています。
産直にはいつもお世話になっている山小川の皆さんが当番でいらっしゃっているので、お会いしておしゃべりできる嬉しい機会です^^
私は何節もあるレンコンと、顔くらいの大きさの獅子柚子、そして手作りの竹笛をゲット♪地元のお母様手製の獅子柚子ピールのおいし~い試食も頂きました!

IMG_1949 (750x1000)

さて、森に行く前に大事な寄り道をもう2か所。
まずは、地元古関さん(炭焼き名人)の炭窯です。
車から降りると東京ではお目にかかれない、冬ならではの辺り一面うっすら白い景色が…!霜柱がバリバリ立ち、雪ではなく霜をまとった植物たちは砂糖菓子みたいに綺麗でした…。

IMG_1927 (1000x750)

炭窯にたどり着くと、7年程前の炭焼き体験や、周りの田んぼでの田植えや代かき体験、山菜採り体験など、貴重で楽しく懐かしい記憶が蘇ります。
ここ3年程、炭焼きは休憩中ということで、炭窯が湿気でダメにならないようにしっかりと蓋がされて煙突も外してありました。

IMG_2243 (640x480)  IMG_2257 (600x450)

ついでに、昨日の参加メンバーが地元の方から聞いた、大きな200㎏くらいのイノシシが捕まったという罠も見学させていただきました。

IMG_1926 (450x600)

もう1か所は市民農園「やもかのなかま」です。
こちらでも季節の美味しい農産物がお安く販売されています。建物の後方の奥の方には、地元チェーンソーアーティストによる、立ったスギの木をそのまま利用したトーテムポールアートがそそり立っていて、私達はいつも真下まで近寄って遊びます(笑)こちらでも皆さんにご挨拶をして、いざ鶴舞創造の森へ!

鶴舞創造の森は鶴舞バスターミナルから車で約3分程度。その気になれば歩いても行けますね!
メンバーは他の地区や初参加者を含め、ハイエースと乗用車の2台分と充実しています!

<主な内容>
・4~5年でグラグラに朽ちてきた、遊歩道の階段手すりロープの杭の交換
・12年前の植樹地の脇の歩道階段に、新しく杭とロープの手すり設置
・植樹地の草(主にススキ、ササ類)刈り
・歩道の草刈
・遊歩道1周散策
・グリーンセイバーの方による森や植物の豆知識レクチャー
・遊歩道を塞ぐ倒木や危険のある立ち枯れ木の除去

IMG_2254 (600x450)

杭を打つ「かけや」の扱いはみんな手慣れていて、意外とサクサク作業が進みました。グリーンセイバーの方のご指導のもと、杭を打つ高さや間隔、位置にもこだわり、ロープが外れてしまわないように一つ一つV字の溝をノコギリやナタで掘ってから、「まき結び」でロープを括っていきました。

IMG_2259 (450x600)  IMG_2246 (450x600)  IMG_2258 - コピー (450x600)

さあ写真をご覧ください!

IMG_2239 (640x480)  IMG_2247 (640x480)

いかがですか?草が刈られ手すりが整然と美しくなっただけで、森がより元気に見えませんか!?
急な斜面を杭や道具を担いで行くのは大変ですが(担いでくれた精悍な男子の皆さんお疲れさま!)、効果を肌で感じる景色に感動しました!気持ちよくてみんな何度も歩道を振り返ったり仰ぎ見たりしました。

植樹地は急斜面なので、草刈りの姿勢が辛いのですが、今回はその斜面を逆手にとって、刈草に座ってお尻でズリズリ。斜面の下まで自分ごと滑り下ろしていく、片づけ一石二鳥の草ゾリ遊びをしました!終了後はいつになくスッキリな景色。生えている植物の種類が少ない冬限定!ですね。

GetFileAttachment (640x480) 草刈前

IMG_2260 (450x600)  IMG_2245 (640x480)

お昼ごはんは東屋で、前日参加メンバーがこしらえてくれた美味しいポトフとごま塩おにぎり!お玉を忘れた!?なんてアクシデントには、アウトドア上手のグリーンセイバーさんがその場で竹の柄杓をチャッと作って下さり一層美味しく感じました。

IMG_2237 (752x1000)

森にも、山小川にも、皆さまにもお世話になりました。
感謝の気持ちを込めて、全員作業に勤しみ、遊び、最後の活動を締めくくりました。
ここまで読んでくださってありがとうございました!

「書くこと」の意味をあらためて考えてみた

今回は少し個人的なテーマがメインになる。
僕にとって書くことの意味の話。
そして、書くことに関わること(それこそ聞き書きとかね)を価値として世の中に見せたいひとにとって、特に学生にとって、「わたしにとって書くことってこういうことなんですよー」を表現できねばならない時代がきていると思うという話。

順々に話していきますぞ。

まず、僕の話。聞き書き作品だけでなく、例えば地域を紹介する文章を書いた冊子を作ったり、高校生向けに聞き書き甲子園の魅力が伝わる言葉を綴ったりとか、こうしてブログを書いたり、伝統工芸品を紹介するキャプションを書いたり、「書く」という行為に溢れた毎日です。それはかなり自分で望んでそうなっているなぁと思う。なんで書くんだろう?と考えてみると、僕にとって書くことは「救い」がテーマだということに気づく。

少し時をさかのぼる。

高校生の頃、学校と自分の関係を繋ぐことができず、高校に通わない時期があった僕は当たり前のように友達も少なかった。毎日図書室に行っては本を読み漁って、高校生を対象とした論文コンテストなんかに書いては送り、書いては送りという、言葉に埋もれた日々だった。高校3年で担任となった先生に、書くことを肯定してもらい、そこからポジティブになれて聞き書き甲子園に参加したのだ。書くことで自分という存在を確かめることができて、書くことで世界とつながることができた僕にとって、書く行為は「救い」が軸になってきた。

冒頭に戻ろう。僕にとって書くことの意味はなにか?
それはきっと、書くことを通じて自分と同じように、変わっていくひとびとの伴走者になりたいのだ。書くことを通じて、自分の存在を確かめ、自分の思考に潜水して、自己開示をして、自分という領域を拡げてゆく。そんな変化をおこしていくひとの支えになりたいのだ。僕1人が書くというよりも、書くひとに寄り添いたい。だからきっと、文章作品を1人でつくることとかよりも、みんなと一緒に取材して編集して紙媒体をつくっていく、ということに軸を置いている。そしてその紙媒体を製作する過程にどれだけ見えない仕掛けを設けて、その変化を確かなものにできるか。そんなことが文章校正力とか編集力とか以上に大切なことだと思ってる。

そして、再び冒頭に戻る。
書くことに関わることを価値として世の中に見せたい学生にとって、「わたしにとって書くということってこういうことなんですよー」を表現できねばならない時代がきていると思う。これはなぜか。

世の中的にもライターを名乗る人々が増えているのは肌感覚で感じる。ブログに限らず、ソーシャル系のwebメディアやキュレーションメディアなどなど、学生ライターやボランティアライターっていうのも年々増えてるよね。おそらく今後も増えて続けて増えきった先に、言葉や書くことの価値が強く問われる時が来ると思う。要は「みーーんな書いてるし、プロもアマチュアも差がよくわからないし、webメディア多すぎるし、結局書くこととか言葉でみんななにがしたかったんだっけ?」というような。

そうなった時に、聞き書きを軸として続けてきたわたしたち1人1人は、なんて答えられるだろうか?

答えは1つではないし、万人を納得させられる答えも必要ない。だけど、私にとってはこうなんだよ、ということをいつまでも言えることに僕はかっこよさを感じるのだ。

紡ぐひと、まざりたいひと。

「やりたいことをやろう!」「できることから始めよう!」「ビジョナリーに生きよう!」

眩しい言葉が若者を囲む時代になっているように思う。人口減少、超高齢化、経済の衰え。幸せってなんだろね?と問われているだろう我が国では、世の中の課題をジブンゴトと捉えて、1人1人の人間によるアクションが社会を良くしていくんだぜ!という空気感が育ちつつある。少なくとも僕が高校生の頃は「マイプロ」という言葉を聞いたこともなかったし、課外活動に積極的に参加する雰囲気も今ほど濃くなかったなぁ。

僕が事業リーダーをつとめるondでも「地域の音頭を取る若者を輩出すること」を目的にしてて、今っぽいよねたぶん。その気持ち素敵!10代よ!アクションしようぜ!っていう事業なので、眩しい系事業です。

ゼロからイチをつくれたり、イチから10に持っていけたり、コンテンツをつくれる、紡ぐひとがondに参加しています。ond生はみんな、わたしはこう思うしこうしたいんです、っていうのがあるんだよね。いわゆる眩しい言葉を体現できてるひとたち。

でもさ、紡ぐひとを見て「楽しそう!わたしもまぜて!」って言ってくれる仲間って紡ぐひとと同じくらい、とーーーーっても素敵なひとなんじゃないかな。

共に紡ぎたい、まざりたい、ひと。このひとは「自分はこう思う!」っていう言語化できる想いは持ち合わせてないことが多くて、だから「しっかりしなよ」みたいに言われがちなんだけど、ひとに共感できるってそれだけでめちゃくちゃ才能だと思うんだ。

そして、リーダーである紡ぐひとは、いつも隣で楽しそうにしているまざりたいひとに救われてるんじゃないかなぁ。そしてそして、紡ぐひともまざりたいひともお互いを信頼できていると、もう、それだけでそのアクションは最高なんだと思う。上手く言えないけど、見てて本当に素敵なんだよなぁ。その場にずっといたくなるような、あったかい空気があるのさ。

これからのondではそんなまざりたいひとにもしっかり注目していこうと思っています。
紡ぐひとには、そんな存在を心から大切にしていくように伝えていきたい。

ond生と一緒に活動してる、瀬戸内の高校生を見てて思ったことでしたとさ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。