10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

共存の森づくり・北陸チーム活動報告(2017/11/4-5)

2017.11.11 10:32|「共存の森」活動報告

こんにちは。
共存の森ネットワーク北陸チームの活動に参加した、真庭伸悟です。
今日は11/4~5に行った活動の報告をしたいと思います。

23168061_1537493752996782_7631570039763669073_n.jpg

【お米の発送】
 小雨の降る高根に着いて、まずはIRORIでお昼ご飯を食べました。
山菜のてんぷらや、郷土料理の大海(だいかい)、打ちたてでしっかりとした味の蕎麦や、イワナの塩焼きなど、東京ではなかなか味わうことのできない料理の数々をいただきました。
どれもとっても美味しかったです。

 23231663_1537493376330153_7526821482239927884_n.jpg
 お昼ご飯を食べた後は、区民会館でお米の発送作業を行いました。
大きな袋から、大切なお米を一粒もこぼさないように丁寧に発送用の小袋に移し替え、箱詰めしてラベルを貼りました。
地域の方や、小学生の子ども達と一緒に行い、作業自体は1時間半ほどで終了しました。

23319445_1537493742996783_5103754176806418662_n.jpg
調査していた棚田で春に植え、その後手塩にかけて育てられ、先月に収穫されたお米。僕はその一連の作業には関与していなかったのですが、自分の力を注いだ結晶が形になって出荷できる瞬間は、きっと何物にも代えがたい喜びなのではないかと思います。

高根のお米は、注文していただいた皆さんに無事発送されました。高根に通っている学生や卒業生、その知り合い等がお客さんだそうです。
距離はあっても、お米を通じて繋がれる。「顔が見える」お米の、本当の価値ってこういうところにあるんじゃないかなと思いました。


【温泉・鍋・交流会】
 発送作業が終わった後は、広い温泉に浸かり温まって、
夜ご飯は区民会館で班対抗食材ドラフト鍋選手権を行いました。

23244282_1537493429663481_2327587737328572050_n.jpg

一つ一つ食材を選び、寄せ集めた具材で作った鍋達は、とっても個性豊かで美味しかったです!
そのまま、地域の皆さんと交流会を行いました。

23172919_1537493766330114_1593986889037719375_n.jpg

初めて参加するメンバーが今回2名いたのですが、一見の僕にもとてもフレンドリーに接してくれて、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

 23244075_1537493756330115_4782669231101089718_n.jpg

僕も他にいくつか地方の地域に伺ったことがありますが、イベントが多く、打ち上げでは昼から飲んだり、平日の夜からあちこちで飲み会をしていたり、「とりあえず一杯飲んでいきなよ」が文化となっている高根ならではの暖かみなのではないかと感じました。

23316341_1537493526330138_5221840983409587426_n.jpg



【林業現場見学】
 2日目は心配された雨も上がり、林業の作業現場の見学に行きました!
高根生産森林組合の方にご協力していただき、木を倒し、運搬し、切断し、整理するという一連の作業を見学しました。目にしたのは、木が鬱蒼と生い茂る人里離れた樹齢60年の森林の中、重機を使ってのダイナミックかつ繊細な作業の数々。間伐の必要性や、木材の使われ方、林業の危険性と魅力など、様々なことを教えていただくことができました。
23231369_1537493616330129_1291042969518580540_n.jpg 

僕は8月に林業を学ぶために村上市に来たことがあり、2度目の林業現場でしたが、今回も様々に思うところがありました。

僕たちは「山」に行くことはありますが、「森」はほとんどないのではないかと思います。道があり、光が差し込み、登って降りることを目的とした「山」に比べ、暗く、道も何もない。木が立ち並び人を拒んでいるような、前人未踏、未開の「森」。

窮屈で不健康な状態の「森」を手入れすることで、明るさや生の息吹を取り戻すのが林業の務めであって、それって、「闇に閉ざされた世界を救う英雄」とほとんど同じだと思いませんか??
森に光を、麓に安全を取り戻すために、パーティーを組んで、命を懸けて回転刃(チェーンソー)をふるう職業。

・・・・こう見ると、林業ってとってもカッコよく思えませんか?

ここ数年の共存の森の活動で、林業現場に入れたのは今回が初だそうなので、貴重な瞬間に立ち会えて幸いです。

23231351_1537493569663467_2717160413327640736_n.jpg

11月5日はトランプ大統領来日による交通規制が予定されていたため、お昼前には高根を出発し、19時ごろに東京に帰ってくることができました。
貴重な体験の数々を、ありがとうございました!


スポンサーサイト

共存の森づくり・北陸チーム活動報告(2017/10/7-8)

2017.10.11 14:50|「共存の森」活動報告
こんにちは!共存の森ネットワーク北陸チームの新リーダーとなりました川畑璃紗です。
10/7.8に行われた活動を振り返ってみたいと思います!


稲刈りをしに行くというのに直前まで雨予報…
雨の中での作業を覚悟してカッパを持って行きました。
しかし、高根に着く頃には見事に天気が回復!メンバーの中に晴れ男か晴れ女がいたんですね😆笑

22308989_1512854292127395_1969122314808157063_n.jpg 
高根に到着したら、いつものようにIRORIで昼食。
手打ち蕎麦と山菜の天丼に加え、郷土料理の大海や山ぶどうゼリーまでいただきました^o^

22308540_1512854342127390_81634525727235172_n.jpg 
腹ごしらえの後はいよいよ稲刈り。
今回は、連日の悪天候のせいで機械での稲刈りができない田んぼがあり、そのようなところを中心に手刈りしました。

22366529_1512854335460724_4040161341127368352_n.jpg
泥まみれ、汗だくになりながらの稲刈りでしたが、とても楽しかったです!
地元の方に刈った稲穂の束ね方を何度も実演によって教えていただいたのですが、マスターできず残念でした…😂

22365267_1512854322127392_813635652130306253_n.jpg 
休憩時間には新米でつくったおにぎりをいただきました。
高根米は粘りと甘みが特徴で、美味しすぎて2つも食べてしまいました!
22282107_1512854445460713_8926546940525920705_n.jpg


 22405425_1512854492127375_7790743623340922295_n.jpg
夜は棚田の耕作状況調査の集計結果の報告がなされました。
今後耕作者の高齢化が進む中でどのように高根の棚田を維持していくかが課題です。
来年度の活動についての話し合いもしました。3つのグループに分かれ、高根でやってみたいことや高根との繋がり方を発表し合いました。
みんなの高根に対する愛を再確認することができ、今後につながる有意義な時間となりました。
22405382_1512854488794042_3204726521132071054_n.jpg


懇親会では美味しいお酒とつまみを片手に地元の方々と交流。
私はこの時間がとっても大好きです^ ^


22405394_1512854498794041_3680055292747498021_n.jpg 
2日目、学校周辺の清掃活動を終えた後、ライスセンターを訪れ、お米になるまでの過程を見学させていただきました。

 22308925_1512854595460698_4856508383384328203_n.jpg
天蓋山にも登りました。天蓋山はスカイツリーと同じ634m!
整備されたばかりの道路を車で上がり、途中で降りて登山をしたのですが、思いのほか険しい道のりでした( ;∀;)

22365156_1512854602127364_2642793858437076455_n.jpg
 
絶景を眺めながらの淹れたてのコーヒーとお菓子は最高でした😋

今回も盛りだくさんの2日目でとても充実していました!高根の人たちはいつも温かく、食べ物も美味しく景色もきれいで、行くたびにその魅力を再発見できて大好きになります!次の活動が待ち遠しいです(*^^*)


次回の活動は11/4.5です!興味のある方はご連絡下さい(^o^)/
22281903_1512856455460512_2528736848817054519_n.jpg

高根の美味しい食べ物に興味のある方や高根集落の方々に会いたいなという方はぜひ顔を出してみて下さい!


【来場者募集】第16回聞き書き甲子園 研修会開会式のお知らせ

2017.08.01 17:53|聞き書き甲子園
聞き書き甲子園の1年間のキックオフとなる研修会開会式を一般公開で行います。

今年は東京都と共催で「山の日」を記念したイベントとして、午前中に映画「森聞き」の上映会を行います。また、「東京の森・川・海~自然とともにある人の暮らし~」と題してトークセッションを行います。
たくさんの方のご来場をお待ちしております。

■開催日時:平成29年8月11日(金曜日・祝日「山の日」) 
上映会 9:30~12:10
開会式 14:00~15:45

■会場:都庁都民ホール(都議会議事堂1 階)
(http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2015/05/21p5l401.htm)


■参加費:無料

■プログラム内容:
【映画『森聞き』上映会】 開場9:00  終了12:10
9:30  主催者挨拶
9:40  上映スタート
11:40 聞き書き甲子園卒業生による体験談




【第16回聞き書き甲子園 開会式】 開場13:00 終了15:45
14:00  開会 主催者あいさつ
14:15  「聞き書き甲子園」の紹介
14:30  トークセッション「東京の森・川・海~自然とともにある人の暮らし~」

[トークセッション登壇者]
▶原島幹典:岐阜森林文化アカデミー教授
奥多摩町出身。実家の林業経営に携わったのち、時代に適した林業経営の研究や森林環
境教育プログラム開発や山村文化ツアー等の都市山村の交流事業を行う。

▶木村尚:NPO法人海辺つくり研究会理事
東京湾にてアマモ場再生活動や子どもたちの自然体験活動の指導等に携わる。日本テレ
ビ系列「THE・鉄腕ダッシュ-ダッシュ海岸-」にレギュラー出演中。

▶塩野米松:作家・聞き書き甲子園講師
法隆寺・薬師寺の棟梁であった西岡常一氏をはじめ、職人の聞き書きを中心に執筆活動
を行っている。『木のいのち木のこころ』シリーズなど。芥川賞候補4回。

▶澁澤寿一:聞き書き甲子園実行委員長/NPO法人共存の森ネットワーク理事長
国際協力事業団専門家、長崎の循環型都市ハウステンボスの役員を経た後、国内各地で地域づくり、人づくりの活動を実践中。聞き書き甲子園卒業生が立ち上げたNPO法人共存の森ネットワークの理事長を務める。

2017年度の「聞き書き甲子園」参加高校生募集開始!!

2017.06.01 16:24|聞き書き甲子園
今年も「聞き書き甲子園」開催決定!!!

18519981_1317974298298718_775835379258967648_n.jpg 

全国から集まった100人の高校生と、
全国の農山漁村で生きる100人の「名人」

高校生が日本の伝統を「聞き書き」というインタビュー手法で取材し、
100人の「名人」の記録をつくるプログラム。
今年で16年目の開催となっています!

IMG_1192_20170601161950def.jpg 
↑漁師の名人に取材している様子(昨年度)


応募締め切りは6月末まで!
全国の高校生からのご応募、お待ちしております!!!


HPからは、参加申込書のダウンロード、
およびWEBからも申し込み可能です!


IMG_7318.jpg 
↑東京で3泊4日で行われる、高校生100人を集めて行う事前研修会にて

「いちはらアート×ミックス2017」に出展中!

2017.04.29 18:28|おしらせ

\ 市原アートミックスに行こう /

17637120_1336964246383068_171500803493819329_o.jpg 

こんにちは!理事の工藤です。

今回は共存の森有志メンバーで出展するイベントのご案内です。

菜の花が咲き乱れる千葉県市原市にて4月8日から始まるアートミックス。
http://ichihara-artmix.jp/

共存の森でも市原市のコミュニティで長年活動させて頂いているご縁から、聞き書きにまつわる展示や手仕事のワークショップを、こちらのイベントで実施させて頂きます!

17626158_1336964209716405_438640006031435404_n.jpg

会場は廃校の小学校。1ヶ月以上に及ぶ会期を通して、私たちも聞き書きの表現方法を深めて、市原を感じる時間にしたいと思います。たくさんのひとと出会えることを楽しみに!

(アートミックスwebサイトから[地域プロジェクト]をクリックすると私たちの出展する会場の詳細が見れます)