FC2ブログ
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・北陸2018】6月16日・17日活動報告

2018.06.29 10:46|「共存の森」活動報告

〈〈熱気はW杯級〉〉
高根地区運動会の参加

35849088_1764219470324208_8953678503329398784_n.jpg 


皆さんこんにちは!共存の森ネットワーク北陸チームです
今回の活動報告が初投稿になります!新潟大学3年の今井大誠です。


6月16、17日に新潟県村上市高根地区へ行きました。1日目は田んぼとブナ植樹地の除草作業を行い、2日目は高根地区の運動会に参加しました。


35798084_1764219476990874_7296569198707212288_n.jpg 

田んぼでの除草はそこまで雑草が生えてなく、あっという間に終わってしまい、除草作業を初めてやる僕は正直「あれ、今日楽じゃね?」と思ってました。しかし、その後ブナの植樹地に到着したとき僕の考え方の甘さを実感しました。


35758851_1764219576990864_3111906446803992576_n.jpg


ブナの植樹地に着いたとき、「本当に木を植えたの?」と思うくらい草が生い茂っており、果たして今日の活動の辛さを悟りました。
しかし、鎌を手に持ち雑草を刈り始めると無心になって作業ができ、まるでゲームのように雑草を刈り倒し、中には大人の背丈と同じくらい、またはそれ以上ある大きな草も生えていたのでとてもストレス発散になりました。

35804807_1764219560324199_1914518681925189632_n.jpg

その生い茂る雑草の中埋もれてしまいそうになっているブナの木を守るために約2時間かけて除草した結果、僕の手に鎌をにぎってできた豆と一面倒された雑草の光景ときもちいい温泉を経験することができました。



その後、ゲストハウス・瑞泉閣にいた疲れを知らないパワフルな子供たちと遊び36033418_1764219583657530_880655874081685504_n.jpg


夜、高根でまさかのチーズタッカルビをみんなでつくって楽しみました!

35807832_1764219586990863_8218049578750967808_n.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~


2日目の運動会はとても天気に恵まれ、日差しが照りつける青空の下で開催できました運動会は高根地区を部落で3つに分かれチーム対抗で絶対に負けられない戦いを行ってきました。

35790973_1764219483657540_6947132832758104064_n.jpg 


この祭りは玉入れや綱引きなど普通の運動会で行われている種目の他に、子供から大人まで一緒に楽しめるオリジナル種目があり、地域一体となって盛り上がる祭りでした。


僕も3種目に参加しましたが(同じチームの子供からのプレッシャーもありましたが笑)全力で楽しめました!!
特に、最後のチーム対抗年齢別リレーはみんな全力で応援してその熱気はW杯級でした!!


35796757_1764219480324207_594692458978213888_n.jpg

僕自身こんなにしっかりとした運動会に参加したのは中学校以来なのでとても懐かしい気持ちになったし、地域の活気を感じられ、また高根に来たいと思う気持ちが強くなりました!

地域の皆さんお世話になりました
またきます!




スポンサーサイト

【共存の森・関東2018】6月2日・3日活動報告

2018.06.10 00:00|「共存の森」活動報告

*快晴の中、森と集落で活動してきました!*


35086701_1750319415047547_8814987459516432384_n.jpg 
共存の森関東チームに新しく入りました、高校3年の宮崎佑香です!

6月2~3日に千葉県市原市にて行われた関東チームの活動をご報告します!!



(6月2日)
前日が雨予報で、森の中で活動が出来るか心配でしたが、雨は降らず 無事に行えました!
この日は、鶴舞創造の森を歩き、腐った木の危険性や木の切り方などをグリーンセーバーの方から教えて頂きました。

35052240_1750327218380100_1613807379919405056_o.jpg 

草刈りも行いました!

鎌を使うのは初めての経験で はじめは上手く出来ませんでしたが、コツを聞き 徐々に慣れていきました!

森の中にある小屋から 近くにある井戸を見えるようにすることを目標に頑張りました! 視界が良くなっていく様子が目に見えて実感でき、楽しかったです。



↑当日の活動の様子



夕食は 竹を取らせて頂き、流しそうめんをしました。 当日に流しそうめんをやると決めました。
実行できたのは、竹を譲ってくださった山小川の方と、流し台を作ってくださったグリーンセーバーの方々のおかげです。 本当にありがとうございました!!

35026319_1750327978380024_861084489797861376_o.jpg




~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~



(6月3日)
山小川集落での活動でした!

35049188_1750330438379778_2135849569437614080_o.jpg 


午前は「ごみゼロ」というゴミ拾いに参加しました。ごみの少なさに驚きました・・・笑

35064498_1750328788379943_5260682377448914944_o.jpg


晴天の下で、豊かな自然を心から感じました!
活動の後に山小川の方にご馳走になった豚汁がとても美味しかったです。 ごちそうさまでした!


35079069_1750330508379771_2038769062141493248_o.jpg


その後は、メンバーそれぞれが分かれて山小川の方のお宅にお邪魔しました。 私は森川さんという方に 今までの生活のことや 意識していることなど、素敵な生き方のお話を聞きました。


35077448_1750330635046425_113784644427579392_o.jpg


私は 今回初めて 共存の森の活動に参加しましたが、皆さんの熱意と行動力にとても刺激を受けました。 ありがとうございました!




名人紹介① 沖永良部島・山田さん

2018.05.20 22:29|「共存の森」活動報告
共存の森・関東チームの宮﨑紫織です。

今回から、聞き書き甲子園で取材をさせてもらった名人さんを
1人ずつ紹介していこうと思います!

さて、記念すべき第一回の名人は……

鹿児島県の離島、沖永良部島漁師をされている、

山田輝夫さんです!!

山田さん 


私は、2016年の秋に山田さんのもとを訪れ、
取材をさせていただきました。

島の魚介類を獲り、それらで作った料理を、奥さんと共に経営する
居酒屋「漁り火(いざりび)」で振る舞う山田さん。

取材の際も、新鮮な伊勢海老のお刺身をご馳走に……!美味しかった!

いせえび




……しかし、
山田さんには一つ悩みがあったのです。
それは、「とある技術」の後継者がいないこと。


それは、山田さんがまだ若手だった頃。
山田さんは、先輩漁師たちが、
自分たちのカニ漁で使う網を自分で修繕する姿を見ていました。


そしてなんと、
山田さんはその技術を「自分の目」で盗んだのです。


しかし、今、

その素晴らしい技術が、
後継者不足により失われそうになっています。

私は、それが理由で「高校生プロジェクト」への参加を決め、

少しでもこの問題を「誰か」に知ってもらおうと、
昨年度の聞き書き甲子園フォーラムでは、

修繕の際に出た網の切れ端を使用した

ガラスドームアクセサリーを作成・販売しました。

ガラスドーム

販売会場は、
東京大学で行われた聞き書きフォーラムの特設スペース。

たくさんの人に、山田さんへの思いとともに商品を手渡ししました。


今後私にできることは、

また違う「誰か」

この問題を知ってもらい、

少しでも関心を持ってもらうことだと思っています。


このブログを見てくださっているあなたも「誰か」の一人。

ぜひこの問題を他人のことだとは思わずに

目を向けてみてください。


【追伸】
現在、「名人ツアー」というものを企画しています!
詳細の公表などはまだですが、
山田さん、そして沖永良部島に興味を持ってくださった方は乞うご期待!

umi_20180520222156ff9.jpg

【共存の森・関東2018】新メンバー募集開始!

2018.05.04 00:00|「共存の森」活動報告
スライド1 
千葉県市原市で活動している、共存の森 関東チームでは
新メンバーを募集しています!


■活動が目指すもの

相手の気持ちに寄り添う
~「地域の人」と「地域」の視点に立つと、どんな世界が見えるだろう?~


私たちの活動は、「地域活性化」を目指した活動とは、少し異なります。

地域というフィールドに「関わらせて頂き」、「学ばせて頂く」
そんな謙虚な姿勢で、関東チームは活動をしたいと考えています。

いりどり関東 
▲お母さま方自慢の、郷土料理「いりどり」


「一緒に夕食を食べませんか」とお誘いすれば、それぞれが特製の郷土料理を持ち寄って下さったり
「昔はどんな道具を使って生活していましたか?」と聞けば、蔵や倉庫の奥から、今は使っていない農機具を引っ張り出してきて下さり、体験もさせて頂ける。

ほんとうに、びっくりするくらい、申し訳なくなるほど、地域の方々には良くして頂いています。
月並みな表現ですが、ここも「あたたかい」地域なのです。

なわないき 


しかし。
いつまでも、地域にお世話になりっぱなしでは、ちょっと心苦しいものです。

「自分たちには何が出来るだろう?」という、【出来ること探し】だけではなく
「今地域に必要なことは何だろう?」という、【やるべきこと探し】も行える。

そんなチームを、関東チームでは目指していきたいと考えています。





■こんな思いのメンバーを募集!

森や地域に関心のある人!
「誰かから与えられる」より、「仲間と一緒に作っていく」ことが好きな人!



■2018年度の活動概要

【活動スケジュール】

2018年度は以下の5回の活動を予定しています。

(2018年)
 6月2日~3日(土日、確定)
 9月末
 10月※

(2019年)
 2月
 3月※

 ※10月、3月は有志での活動(日帰り)の予定です
  それ以外は一泊二日(土日)の活動となります


【活動のタイムスケジュール(一例)】
都内に集合し、現地までは皆でレンタカーに乗っていきます!

(土曜日)
8:30 集合(蒲田駅など)
12:00 昼食
13:00 集落での活動(地域の方へ聞き書き取材など)
18:00 集落の方と夕食(親睦会)
23:30 就寝(現地宿泊施設にて)

(日曜日)
7:00 起床
8:30 朝市見学
9:00 森での作業(下草刈り、遊歩道整備など)
15:00 現地出発
18:30 解散(蒲田駅など)


【参加費】
3,000円程度
(集合解散場所(蒲田駅など)から現地までの「往復交通費」「食費」「宿泊費」込み)


【参加人数】
7人前後
(高校生、大学生、社会人など。聞き書き甲子園のリーダーズらが多いですが、
甲子園に参加していないメンバーも参加します!)




■関東チームの活動内容


(1)森の整備活動
(遊歩道整備、倒木の除伐など)

スライド1
▲慣れないノコギリに苦戦しながら、朽木を伐採中!



(2)集落の方との交流・体験活動
(集落のお祭りに参加など)

無題 
▲集落内の合同ゴミ拾いに参加後、木陰で地元の方といっぷく!





■活動の様子(動画)



▲以前行なった活動の様子です!
この時は、集落での芋ほり体験や、森での植物採集と、植物図鑑作成を行いました!



■連絡先
活動に興味がある!
もっと詳しい話を聞いてみたい!
まずは、見学に行ってみたい!
など、以下のメールまでご連絡ください!

turumai3150★gmail.com
(★を@に変換してお送りください)

担当:筒井(聞き書き甲子園14期生)









★参考 ~他地域での活動紹介~★

認定NPO法人共存の森ネットワークが行なっている「共存の森づくり」事業は、関東チーム@千葉以外に、2018年度は2か所で活動を行ないます!

こちらも併せてチェックください!!


【北陸チーム @新潟】

hokuriku_ブログ用 
↑クリックで拡大


■北陸チーム 直近の活動
5月19~20日(土日)


■北陸チーム 連絡先
hokuriku.kyouzon@gmail.com
(★を@に変えてお送りください)


▲北陸チーム 昨年度の活動の様子




【関西チーム @滋賀、奈良】


kannsai_ブログ1 kannsai_ブログ2

↑クリックで拡大


■連絡先
kansai.kyouzon★gmail.com
(★を@に変えてお送りください)



▲関西チーム 昨年度の活動の様子

【共存の森・北陸2017】11月4日・5日活動報告

2017.11.11 10:32|「共存の森」活動報告

こんにちは。
共存の森ネットワーク北陸チームの活動に参加した、真庭伸悟です。
今日は11/4~5に行った活動の報告をしたいと思います。

23168061_1537493752996782_7631570039763669073_n.jpg

【お米の発送】
 小雨の降る高根に着いて、まずはIRORIでお昼ご飯を食べました。
山菜のてんぷらや、郷土料理の大海(だいかい)、打ちたてでしっかりとした味の蕎麦や、イワナの塩焼きなど、東京ではなかなか味わうことのできない料理の数々をいただきました。
どれもとっても美味しかったです。

 23231663_1537493376330153_7526821482239927884_n.jpg
 お昼ご飯を食べた後は、区民会館でお米の発送作業を行いました。
大きな袋から、大切なお米を一粒もこぼさないように丁寧に発送用の小袋に移し替え、箱詰めしてラベルを貼りました。
地域の方や、小学生の子ども達と一緒に行い、作業自体は1時間半ほどで終了しました。

23319445_1537493742996783_5103754176806418662_n.jpg
調査していた棚田で春に植え、その後手塩にかけて育てられ、先月に収穫されたお米。僕はその一連の作業には関与していなかったのですが、自分の力を注いだ結晶が形になって出荷できる瞬間は、きっと何物にも代えがたい喜びなのではないかと思います。

高根のお米は、注文していただいた皆さんに無事発送されました。高根に通っている学生や卒業生、その知り合い等がお客さんだそうです。
距離はあっても、お米を通じて繋がれる。「顔が見える」お米の、本当の価値ってこういうところにあるんじゃないかなと思いました。


【温泉・鍋・交流会】
 発送作業が終わった後は、広い温泉に浸かり温まって、
夜ご飯は区民会館で班対抗食材ドラフト鍋選手権を行いました。

23244282_1537493429663481_2327587737328572050_n.jpg

一つ一つ食材を選び、寄せ集めた具材で作った鍋達は、とっても個性豊かで美味しかったです!
そのまま、地域の皆さんと交流会を行いました。

23172919_1537493766330114_1593986889037719375_n.jpg

初めて参加するメンバーが今回2名いたのですが、一見の僕にもとてもフレンドリーに接してくれて、とても楽しいひと時を過ごすことができました。

 23244075_1537493756330115_4782669231101089718_n.jpg

僕も他にいくつか地方の地域に伺ったことがありますが、イベントが多く、打ち上げでは昼から飲んだり、平日の夜からあちこちで飲み会をしていたり、「とりあえず一杯飲んでいきなよ」が文化となっている高根ならではの暖かみなのではないかと感じました。

23316341_1537493526330138_5221840983409587426_n.jpg



【林業現場見学】
 2日目は心配された雨も上がり、林業の作業現場の見学に行きました!
高根生産森林組合の方にご協力していただき、木を倒し、運搬し、切断し、整理するという一連の作業を見学しました。目にしたのは、木が鬱蒼と生い茂る人里離れた樹齢60年の森林の中、重機を使ってのダイナミックかつ繊細な作業の数々。間伐の必要性や、木材の使われ方、林業の危険性と魅力など、様々なことを教えていただくことができました。
23231369_1537493616330129_1291042969518580540_n.jpg 

僕は8月に林業を学ぶために村上市に来たことがあり、2度目の林業現場でしたが、今回も様々に思うところがありました。

僕たちは「山」に行くことはありますが、「森」はほとんどないのではないかと思います。道があり、光が差し込み、登って降りることを目的とした「山」に比べ、暗く、道も何もない。木が立ち並び人を拒んでいるような、前人未踏、未開の「森」。

窮屈で不健康な状態の「森」を手入れすることで、明るさや生の息吹を取り戻すのが林業の務めであって、それって、「闇に閉ざされた世界を救う英雄」とほとんど同じだと思いませんか??
森に光を、麓に安全を取り戻すために、パーティーを組んで、命を懸けて回転刃(チェーンソー)をふるう職業。

・・・・こう見ると、林業ってとってもカッコよく思えませんか?

ここ数年の共存の森の活動で、林業現場に入れたのは今回が初だそうなので、貴重な瞬間に立ち会えて幸いです。

23231351_1537493569663467_2717160413327640736_n.jpg

11月5日はトランプ大統領来日による交通規制が予定されていたため、お昼前には高根を出発し、19時ごろに東京に帰ってくることができました。
貴重な体験の数々を、ありがとうございました!