09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【来場者募集】第16回聞き書き甲子園 研修会開会式のお知らせ

2017.08.01 17:53|聞き書き甲子園
聞き書き甲子園の1年間のキックオフとなる研修会開会式を一般公開で行います。

今年は東京都と共催で「山の日」を記念したイベントとして、午前中に映画「森聞き」の上映会を行います。また、「東京の森・川・海~自然とともにある人の暮らし~」と題してトークセッションを行います。
たくさんの方のご来場をお待ちしております。

■開催日時:平成29年8月11日(金曜日・祝日「山の日」) 
上映会 9:30~12:10
開会式 14:00~15:45

■会場:都庁都民ホール(都議会議事堂1 階)
(http://www.metro.tokyo.jp/INET/EVENT/2015/05/21p5l401.htm)


■参加費:無料

■プログラム内容:
【映画『森聞き』上映会】 開場9:00  終了12:10
9:30  主催者挨拶
9:40  上映スタート
11:40 聞き書き甲子園卒業生による体験談




【第16回聞き書き甲子園 開会式】 開場13:00 終了15:45
14:00  開会 主催者あいさつ
14:15  「聞き書き甲子園」の紹介
14:30  トークセッション「東京の森・川・海~自然とともにある人の暮らし~」

[トークセッション登壇者]
▶原島幹典:岐阜森林文化アカデミー教授
奥多摩町出身。実家の林業経営に携わったのち、時代に適した林業経営の研究や森林環
境教育プログラム開発や山村文化ツアー等の都市山村の交流事業を行う。

▶木村尚:NPO法人海辺つくり研究会理事
東京湾にてアマモ場再生活動や子どもたちの自然体験活動の指導等に携わる。日本テレ
ビ系列「THE・鉄腕ダッシュ-ダッシュ海岸-」にレギュラー出演中。

▶塩野米松:作家・聞き書き甲子園講師
法隆寺・薬師寺の棟梁であった西岡常一氏をはじめ、職人の聞き書きを中心に執筆活動
を行っている。『木のいのち木のこころ』シリーズなど。芥川賞候補4回。

▶澁澤寿一:聞き書き甲子園実行委員長/NPO法人共存の森ネットワーク理事長
国際協力事業団専門家、長崎の循環型都市ハウステンボスの役員を経た後、国内各地で地域づくり、人づくりの活動を実践中。聞き書き甲子園卒業生が立ち上げたNPO法人共存の森ネットワークの理事長を務める。
スポンサーサイト

2017年度の「聞き書き甲子園」参加高校生募集開始!!

2017.06.01 16:24|聞き書き甲子園
今年も「聞き書き甲子園」開催決定!!!

18519981_1317974298298718_775835379258967648_n.jpg 

全国から集まった100人の高校生と、
全国の農山漁村で生きる100人の「名人」

高校生が日本の伝統を「聞き書き」というインタビュー手法で取材し、
100人の「名人」の記録をつくるプログラム。
今年で16年目の開催となっています!

IMG_1192_20170601161950def.jpg 
↑漁師の名人に取材している様子(昨年度)


応募締め切りは6月末まで!
全国の高校生からのご応募、お待ちしております!!!


HPからは、参加申込書のダウンロード、
およびWEBからも申し込み可能です!


IMG_7318.jpg 
↑東京で3泊4日で行われる、高校生100人を集めて行う事前研修会にて

第16回聞き書き甲子園 学生スタッフ募集!

2017.04.07 17:37|聞き書き甲子園

桜満開の新年度、聞き書き甲子園も16回の開催に向けて準備を始めました!


そこで、16回聞き書き甲子園を一緒に盛り立て、支えてくれる学生スタッフを募集します!


聞き書き甲子園に参加したことがなくても、「関わってみたい!」という方、

ぜひぜひ気軽に連絡ください。


ただ、締め切りが4月15日となっていますので、

ご連絡はお早めに!


詳細は下のリンクからご覧ください。


☆募集詳細はこちら☆

「聞き書き甲子園」が始まった、そのヒントはアメリカにあった

2017.03.08 00:00|聞き書き甲子園
毎年100人の高校生が、森・川・海の名人を訪ね、その知恵や技を「聞き書き」する「聞き書き甲子園」の取り組みは、今年15周年を迎えました。そして「聞き書き甲子園」がはじまるヒントとなったアメリカのfoxfireの取り組みは、今年でなんと50周年になるそうです。foxfireとは、どんな活動なのでしょうか。

foxfireの活動は、1966年、ジョージア州ラブン郡の高校教師、エリオット・ウィギントンのアイデアで始まりました。彼は、アパラチア地方の伝統的な生活技術や知恵を継承する人たちと会い、その技術や知恵をレポートにまとめるよう生徒たちに提案しました。すると生徒たちは、熱心に取り組み、それを自分たちで雑誌にまとめたのです。
その成果は、1972年に「The Foxfire Book」として出版され、国内外から大きな反響を得ました。2001年までに11巻が出版され、なんと販売部数は1000万部を超えているそうです。

ちなみにfoxfireとは「狐火」。枯れ木に生える苔などが発する光のことです。でも、アパラチア地方では、この言葉に「自然という教師が自然に与えつづけている知恵の象徴」という意味もあるそうです。

現在も、foxfireの取り組みは、教育プログラムとしても高く評価されており、教材開発や指導者向けセミナーなども定期的に行われています。そして今回、この研究や普及に取り組むスミス=ヒルトン氏(ピエモント大学教授)をはじめて日本にお招きし、記念講演を行います。

50年に及ぶアメリカの高校生たちの活動、そして教育現場の取り組みは、どんな実を結んでいるのでしょうか。日本の「聞き書き甲子園」とは、どんな共通点があるのか。楽しみですね。

foxfireの詳細はこちら→http://www.foxfirefund.org/home.html

15回聞き書き甲子園事前研修三日目四日目

2016.08.30 11:19|聞き書き甲子園
はい!3日目です!!
この日は前日の聞き書き実習で作成したレポートの講評、写真撮影講習、森の体験プログラム、卒業生によるワークショップと交流会を行いました!!


朝食をとり、半分の班はレポート講評、残りの班は写真講習にうつります!
レポート講評は、塩野米松先生、卒業生講師の大山朱音さん、それからインターンの山口くるみさんがレポートを添削して、その解説をしてくれるというものです!

3日目 813_716


大変ありがたいものですが、やはり厳しく指摘されるところもあり・・・高校生には落ち込みの色もありました。。。


なんとか次に生かしてほしい!!! (`∧´)


と思っていましたが言われずともメモを取っていました。
流石です!!

3日目 813_484


写真撮影講習では、聞き書き甲子園のポスター写真も撮ってくださっているカメラマンの奥田高文さんによい写真の撮り方のコツをこれまでの経験談や嬉しかったことなどとあわせて教えてもらいました。



3日目 813_8060

3日目 813_4748


高校生は、写真が大好きで、高価なマイカメラを持っている子もいたこともあり、すごく真剣な顔つきで説明を聞いていました!


説明が終わると班ごとに分かれて写真を高校生同士で撮りあいます!富士フイルムホールディングス㈱からデモ機もお借りして、それぞれが撮影を体験。
皆さんは知ってますか?握手をする距離がいい写真を撮ることができるベストな距離感らしいです!(*^◯^*)高校生はそのアドバイスをもとに写真を撮りあってました!!!

3日目 813_6665

一人ずつ写真を撮ったら今度は班みんなで!!


3日目 813_8158

3日目 813_9613


すっごい笑顔!!!

スタッフも!!!!
楽しそうですよね!楽しかったです!(=´∀`)人(´∀`=)名人の写真もこの調子で!


森の体験プログラムではまず長野県からいらしていただいたへぎ板づくりの名人・小林鶴三さんに、へぎ板のお話や木を枌ぐ(へぐ)実演を行ってもらいました。


8月13日 3日目 名人の技_9417

3日目 813_1434


高校生も切れ目の入った小さい木片をもらい、へぎ板づくりに挑戦!

8月13日 3日目 名人の技_3090

8月13日 3日目 名人の技_52

・・・が、見るとやるとでは大違い。名人のように最後まで木を枌ぐことができた人はほんの一握りでした。


そのあと、佐川急便㈱の社有林「高尾100年の森」に場所を移し、林業体験コースと森林浴コースに分かれて活動しました。

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_8049


林業体験コースではブリ縄という木登りの伝統的な技術を経験してもらいました!!ブリ縄とは太さ5〜10cmで、60〜80cmの長さの太鼓に使う鉢のような木の棒を縄で縛りつけて、梯子のようにして使います。縄で、木に棒を固定し、その棒を踏んで上に登り枝を切る技術です!
講師である森林インストラクターの牧田さんが上に登ると高校生から思わず感嘆の声が!!

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_9860

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_8635

普段見ない分、驚きがあります!それが終わった後、学生スタッフに手助けをもらって、高校生にも実際にや体験してもらいました!最初やりづらそうでしたが、慣れると手際よくできてました!!

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_394

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_1376

いい笑顔ですね! (o^^o)将来は林業の名人なるかもしれません!


Bコースは自身が行っていなかったので伝え聞いたものですが・・・。NPO法人生態教育センターの佐藤さんがおもしろい植物や昆虫についてその場で紹介しながら、森と人間も含めた生物とのかかわりについて楽しく話をしてくれたみたいです。なぜか森で鬼ごっこも・・・。初めて森に入った高校生も、思い切り森を楽しんでいたようです♪(o・ω・)ノ))

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_5618

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_8338
これは葉脈を浮き彫りにしてるらしいです。
葉の上に薄い紙をかぶせて色鉛筆で塗る!

8月13日 3日目 森プロ [佐川の森]_212
こんな感じです


3つの研修がおわると休憩、食事、事務局からの連絡やアンケートをはさんで



卒業生ワークショップ!!!!


名人への取材に向けて、自分以外の人の人生に興味関心をより深く持ってもらうためのワークショップを行いました!
まず、高校生には人生を振り返ってもらいます!皆さんもハッピーな時期!アンハッピーな時期ありますよね!この時期はハッピー、この時期らアンハッピーというのを紙に書いてもらいました!


卒業生ws_5812


高校生の人生はたとえ短いといえども、壮絶でした。。。。。変化がない人もいればどん底からの有頂天などなど。
私が担当していた高校生は受験に落ちつつもイケメンばかりの高校に通えて超ハッピーになってるなど・・・。イケメン✨私は興味ありませんが()
はい。


それを終えて本題、


卒業生である学生スタッフの語り!

高校は数人ずつの話し手である学生スタッフのもとに分かれて、話を聞きました。
同じくらいの年月を生き、同じ聞き書き甲子園に参加した学生スタッフですが、農業高校から国立大学の農業系の科目に進学した人、デザインを勉強する人、地域づくりに専念する人、福祉の勉強をする人などなど、興味関心は本当に様々!

卒業生ws_4302

卒業生ws_8121


高校生は将来のことを見つめ真剣に話を聞いてました!!

卒業生ws_655


卒業生ワークショップがおわるとーーーーーーーー!


交流会!!!


高校生には体育館に移動してもらい、くじを引いて新しい班に分かれてもらってクイズ!
クイズは聞き書きの手法と学生スタッフに関する○×クイズです!体育館中に問題が書かれてある紙が置かれ、解答するごとに次のカードへ移ります。


ダッシュで!!!!


6問解いてその正答数を競いました!
高校生は話し合いながらマルバツどちらにするか決めていました!

813 交流会_1899

813 交流会_1225


中にはフライングをしようとしたり((((;゚Д゚))))))) 

813 交流会_2351

正解したーー(((o(*゚▽゚*)o)))


と思ったら、猛ダッシュヽ( ̄д ̄;)ノ=3=3=3
813 交流会_8883


そして終了。


最後はみんな大好きフォークダンス!を行いました。
女子が内側、男子が外側で円になってレッツ・ダンシング!
右!右!左!左!右!左!右!左!前!後ろ!回って「ありがとう!」
男子も女子もはしゃいでオクラホマミキサーを踊りました!(たぶん!)


813 交流会_6832

813 交流会_2433

813 交流会_19


スタッフも気合い入れて頑張りました!

ダンスが終わると集合写真を撮りました!!

813 交流会_6774

スタッフがはしゃいだ一枚も・・・

813 交流会_3245

団結力もついたかな?


3日目は体力的にきつかったものの、高校生が楽しそうでよかったです!


そして最終4日目。この日は

卒業生体験談がありました

卒業生体験談では学生スタッフが聞き書きを進める上で失敗してしまったことを元に高校生へのアドバイスをしました!
卒業生体験談_8805

卒業生体験談_514

体験談は実際に行ったからこそわかるもので、高校生が心配してたことの一部が解消したみたいです!よかった!


帰りのバスに分かれる前、研修所前で全員の集合写真を

パシャ!

集合写真_5286


いい写真が撮れました!高校生は連絡先の交換したり記念写真をとって別れを惜しんでいました。解散した時は初日に比べみんなとても仲良くなってました!!
そして15期聞き書き甲子園聞き書き研修終了です。


大変楽しく充実した四日間だったと思います!高校生は4日間笑顔でした!o(^_^)oよかった。
高校生はこれから実際に聞き書きを行ってもらいます!大変だと思いますが、研修を思い出して、困った時はGLや事務局を頼って楽しくやってもらいたいです!
それでは!
ありがとうございました!