FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【採用情報】NPOスタッフ(正社員)募集!

2019.04.08 13:53|おしらせ

共存の森ネットワークでは、事務局(正職員)を募集いたします。
詳細は、下記求人サイトをご覧ください。
https://drive.media/career/job/23512

プログラムの企画から運営、総務全般まで、幅広い業務に関わることができます。
学生や政府関係者、企業さんなど、出会える方々も多いです。

興味のある方は、ぜひご応募ください。

共存の森ネットワーク
採用担当:工藤、関
お問い合わせ:mori@kyouzon.org



スポンサーサイト



【参加者募集中】2019.2.24 ヨンナナ食堂(※1/24更新:開催日変更)

2019.01.24 09:14|おしらせ
50306204_1000256293503250_659896504982437888_n.jpg


地域の郷土食をわいわい食べ飲みしながら、皆で「おいしい」をシェアするための場、ヨンナナ食堂。
 

よんなな 


今回のテーマは「発酵」!!
納豆や味噌、醤油、ヨーグルト、チーズ・・・身の回りにたくさん存在する発酵食品。実は、地域によって食材や料理方法、発酵の具合は様々です。ちなみに僕の地元である佐賀県の名物発酵食品は、"クジラの顎骨を酒粕で漬けた"「松浦漬け」なんてものもあります。
今回は、そんな地域で採れる食材や気候などによって様々な形で親しまれてきた発酵食品を皆で食べながら、愛でながら、地域のユニークさも感じれるイベントです!ぜひ遊びに来てください◎

よんななkkk 


【ヨンナナ食堂とは…】
全国の郷土食をわいわい食べ飲みしながら、「おいしい」をシェアしたい!という想いから生まれた食イベントです。皆さんも、自分の地元や好きな地域の食べ物で、「これは皆にも食べてほしい!!」っていうもの、きっとあると思います。そんな食べ物飲み物をつまみながら、ゆるーく繋がって、ぼくらの「地元愛」や「食べ物愛」が育まれていくといいな。


ffdd.jpg 



【イベント概要】 ※開催日が2/24に変更になりました
日時:2/24(日)12:00~14:00
場所:共存の森ネットワークオフィス
東京都世田谷区松原1-11-26 コスモリヴェール301号室
会費:学生500円 社会人1000円
定員:15名
料理:こちらでご用意はしますが、皆に食べてほしい地元食があればぜひお持ちよりください!
連絡先:facebookのイベントページよりお願いいたします

hhhhp.jpg 



※本イベントは、共存の森ネットワークにインターン生として関わっている永田くんが企画しております。
hjjj.jpg 

2019年新年映画上映会のお知らせ

2018.12.07 00:00|おしらせ

何かとあわただしい年の暮れとなりました。

皆様、変わらずお元気でしょうか。


さて、当NPOが運営する「聞き書き甲子園」ですが、次年度から、高校生の受け入れと名人の推薦に協力する複数の市町村とコラボし、実施することとなりました。
新たな「聞き書き甲子園」のスタートにあたり、新年早々ですが、映画上映会を開催します。


ひとつは、1970年代の焼畑の記録フィルム。そして、「聞き書き甲子園」のドキュメンタリー映画『森聞き』です。改めて名人が生きてきた農山村の風景と、その暮らしをみつめつつ、これからの甲子園について語り合いたいと思います。

「聞き書き甲子園」の卒業生の皆さんはもちろん、これまで甲子園を応援いただいた皆さん、あるいは、これから応援したいと考えてくださる皆様も、ぜひ、ご参加いただければ幸いです。


上映後には、ささやかながら懇親会も予定しています。

皆様のご参加、お待ちしています。


日時:1月5日(土)12:30開場 12:50~18:00 (終了後、順次懇親会へ)
会場:cocobunjiプラザ リオンホールA(国分寺駅北口すぐ)
懇親会会場:カフェローカル(ホール向かい)
入場料:一般1000円/学生無料
懇親会:一般3000円/学生1000円

要予約:mori@kyouzon.org まで/12月20日締め切り
(お名前・所属、懇親会の参加の有無をお知らせください)



中学生版「聞き書き」プログラムが東京ではじまります!

2018.10.20 22:19|おしらせ
※参加申し込み締め切りが延長になりました!


中学生版聞き書きプログラムが東京ではじまります!
 
NPO法人共存の森ネットワークは東京都、檜原村と共同で「きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~」を開催します。


紅葉シーズンの11月23日~25日の3連休。檜原村を舞台にした新しいプロジェクト!
 
その名も『きく・かく・えがく~東京のふるさと・自然公園~』
http://www.kankyo.metro.tokyo.jp/naturep…/join/kikukaku.html
 
自然の色合いが濃い檜原村。
そこに暮らす山のひと、川のひと、郷土食をつくるひとびとに中学生がインタビューをします。
 
そして、1人1人が感じた檜原を短い物語にしたためます。でも、物語を書いて終わりではさみしい。
 
最後は、中学生が書いた物語を脚本にして、プロの影絵師の方と「ひのはらのものがたり」を影絵芝居に仕立てて、みんなで演じます。
 
普段、訪れない地域に行ってみること。
出会ったことがない職業のひとに話を聞いてみること。
思いのままに、想像をふくらませて執筆してみること。
みんなで1つの物語を完成させること。
 
スキルよりも原体験が得られる経験を、中学生に紹介していただけると嬉しいです。


【真庭なりわい塾】3期生の募集開始!

2018.02.15 11:26|おしらせ

真庭なりわい塾では、3期生の募集を開始しました! 

農山村にI・Uターンしたい人、半農半Xな暮らしをしたい人、

地域資源を生かしたスモールビジネスに関心がある人、

農山村と都市をつなぐ仕事がしたい人、

志を共にできる仲間をみつけたい人・・・

ぜひご応募ください!

〔塾長 渋澤寿一氏の紹介〕
“真庭ないわい塾”の塾長は、認定NPO法人共存の森ネットワーク理事長の渋澤寿一さんです。渋澤さんは、高校時代に那須野が原の開拓農家で農業を体験した事がきっかけで農業大学に進み、パラグアイの農業試験場で働くことになりました。そこで目の当たりしたのは、土を養い、自然と対話しながら作物をつくる“日本的な”農業とは似ても似つかない、“当てて”お金を儲けることが目的の大規模機械化農業。これは違う!と思って日本に戻り、それから自然と人と暮らしのつながりを自分のテーマとして考えるようになったと言います。現在、渋澤さんは、岡山県真庭市をはじめ日本各地の地域づくりや人づくりの活動を応援しています。
暮らしは、お金で“買う”のではなく、自ら“つくる”もの。真庭なりわい塾の基本的な考え方も、渋澤さんの思いからスタートしました。

そんな渋澤さんのお話を聞いてみませんか?
新たな塾生の募集にあたり、大阪ではプレイベントを開催します。
また、真庭なりわい塾のフィールドである、岡山県真庭市中和地区の現地見学・説明会でも、澁澤さんの特別講義を予定しています。
ぜひ皆さん、ご参加ください。

◎3/21(水・祭) 大阪プレイベント
https://www.facebook.com/events/332099493965106/

◎4/7(土)現地見学・説明会
https://www.facebook.com/events/412511805871645/
※現地見学・説明会は、3/24(土)にも開催します。
この日は、渋澤さんに変わり、塩見直紀さん(半農半X研究所)の講義を予定しています。
https://www.facebook.com/events/663664230470904/

※グラムデザインの赤池円さんが編集長を務める「私の森.jp 」には、渋澤さんのインタビュー記事が掲載されています。あわせて、ご覧ください。

・あの人の“森”語り:渋澤寿一さん
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_03.html
・ポスト3.11と森:自足・自立で再生する地域社会
http://watashinomori.jp/post311/interview_02.html