03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【真庭なりわい塾】3期生の募集開始!

2018.02.15 11:26|おしらせ

真庭なりわい塾では、3期生の募集を開始しました! 

農山村にI・Uターンしたい人、半農半Xな暮らしをしたい人、

地域資源を生かしたスモールビジネスに関心がある人、

農山村と都市をつなぐ仕事がしたい人、

志を共にできる仲間をみつけたい人・・・

ぜひご応募ください!

〔塾長 渋澤寿一氏の紹介〕
“真庭ないわい塾”の塾長は、認定NPO法人共存の森ネットワーク理事長の渋澤寿一さんです。渋澤さんは、高校時代に那須野が原の開拓農家で農業を体験した事がきっかけで農業大学に進み、パラグアイの農業試験場で働くことになりました。そこで目の当たりしたのは、土を養い、自然と対話しながら作物をつくる“日本的な”農業とは似ても似つかない、“当てて”お金を儲けることが目的の大規模機械化農業。これは違う!と思って日本に戻り、それから自然と人と暮らしのつながりを自分のテーマとして考えるようになったと言います。現在、渋澤さんは、岡山県真庭市をはじめ日本各地の地域づくりや人づくりの活動を応援しています。
暮らしは、お金で“買う”のではなく、自ら“つくる”もの。真庭なりわい塾の基本的な考え方も、渋澤さんの思いからスタートしました。

そんな渋澤さんのお話を聞いてみませんか?
新たな塾生の募集にあたり、大阪ではプレイベントを開催します。
また、真庭なりわい塾のフィールドである、岡山県真庭市中和地区の現地見学・説明会でも、澁澤さんの特別講義を予定しています。
ぜひ皆さん、ご参加ください。

◎3/21(水・祭) 大阪プレイベント
https://www.facebook.com/events/332099493965106/

◎4/7(土)現地見学・説明会
https://www.facebook.com/events/412511805871645/
※現地見学・説明会は、3/24(土)にも開催します。
この日は、渋澤さんに変わり、塩見直紀さん(半農半X研究所)の講義を予定しています。
https://www.facebook.com/events/663664230470904/

※グラムデザインの赤池円さんが編集長を務める「私の森.jp 」には、渋澤さんのインタビュー記事が掲載されています。あわせて、ご覧ください。

・あの人の“森”語り:渋澤寿一さん
http://watashinomori.jp/interview/image_itv_03.html
・ポスト3.11と森:自足・自立で再生する地域社会
http://watashinomori.jp/post311/interview_02.html

スポンサーサイト

旅する聞き書き教室~袖のみちかけ~

2017.11.23 18:04|おしらせ
今年の12月から聞き書き甲子園学生スタッフの有志たちによるNEWプログラムがはじまります。

その名も「袖のみちかけ」

対話をして、言葉を感じ、取材をして、じぶんや相手の思いを掬いとるようなプログラムとなっております。と言ってもよくわからないと思いますが、要は聞き書きをしましょうと。
毎年、聞き書き甲子園に参加できる100人以外の高校生と聞き書きしちゃいましょうと、そんなスピンオフな、小規模ほっこりな、場をつくりたいのです!

michikake2-min.jpg 

この取り組みで世の中をどうしたいとか、大きな話はないです、が、「聞き書きっていいんだよね」という、良い!!!と思える話を一緒にできる仲間を増やしたいのです。もちろん、それは聞き書きだけでなく、対話だったり、プログラム中に設定している詩をつくるという時間なども含めてです。そして、良いよねーというやりとりのなかから、新しい一歩に向けた可能性も生まれると思っています。

michikake1-min.jpg 

自分が取材や対話を通じてなにを掬おうとしているのか、自分の琴線を揺らすものはなんなのか。そんな心の奥のほうにある感性をすこし捉える経験を、袖のみちかけを通じて生みだせることを願って。

袖のみちかけ第一回
参加費:無料
定員:8名
対象:八戸の高校生(八戸に住んでいる、八戸に通っている、八戸が好き!)
会場:八戸ブックセンター読書会ルーム
日時:12月3日(日)13:00-17:00
申込:sode.michikake@gmail.com

「いちはらアート×ミックス2017」に出展中!

2017.04.29 18:28|おしらせ

\ 市原アートミックスに行こう /

17637120_1336964246383068_171500803493819329_o.jpg 

こんにちは!理事の工藤です。

今回は共存の森有志メンバーで出展するイベントのご案内です。

菜の花が咲き乱れる千葉県市原市にて4月8日から始まるアートミックス。
http://ichihara-artmix.jp/

共存の森でも市原市のコミュニティで長年活動させて頂いているご縁から、聞き書きにまつわる展示や手仕事のワークショップを、こちらのイベントで実施させて頂きます!

17626158_1336964209716405_438640006031435404_n.jpg

会場は廃校の小学校。1ヶ月以上に及ぶ会期を通して、私たちも聞き書きの表現方法を深めて、市原を感じる時間にしたいと思います。たくさんのひとと出会えることを楽しみに!

(アートミックスwebサイトから[地域プロジェクト]をクリックすると私たちの出展する会場の詳細が見れます)


聞き書き甲子園15周年企画 「聞き書きオープンゼミ」大阪にて開催!

2016.03.17 14:47|おしらせ
共存の森ブログをご覧のみなさま、こんにちは。

第14回聞き書き甲子園学生スタッフリーダーで、関西大学2年の田中真奈です。
DSC_0171 (1)

私自身高校3年生のときに第12回の聞き書き甲子園に参加しました。それ以降も卒業生として、学生スタッフとして聞き書き甲子園に関わり続ける中で、『若者が聞き書きを通して先人から働くこと、生きることを学び、これからの人生のモデルになる、そんな当たり前を作りたい』という想いで活動しています。
IMG_20150319_163745 (2)



さて、今年15周年を迎える聞き書き甲子園。毎年全国の名人×高校生100人が1対1で聞き書きする取り組みですが、たった100人の高校生しか参加することができません。確かに聞き書きので得られるものがたくさんあるからこうして15年も続いているはずなのに、それは体験してみないとなかなか伝わらないという課題もあります。

そこで今回の聞き書きオープンゼミ企画は、10代〜30代の若者に幅を広げてみることにしました。大正から昭和初期生まれの話し手の方と、聞き手の10代〜30代の若者の間のギャップから何が生まれるのか。高校生以上に多様なバックグラウンドを持つであろう聞き手(参加者)の方の変化も、聞き書き甲子園卒業生による運営メンバーによって綴りたいと思っています。
そんな聞き書きオープンゼミ。今回の舞台は関西、大阪です。

詳細はこちら
http://www.kyouzon.org/news/2017/

聞き書きという手法は、実は聞き書き甲子園以外にも卒業生による共存の森づくり活動や、中学校の海洋教育や、被災地での聞き書きなど、運営事務局のNPO法人共存の森ネットワーク内部だけでも様々な形で活かされています。もちろん外部でも。大学のゼミでやっていたり、地域のボランティアとしてやっていたり。聞き書きを用いたビジネスまで展開されているのです。
私たちは聞き書き甲子園から始まり、聞き書きをきっかけに各々が色んな方向に次のステップへ歩みを進めてきました。いつか、聞き書きをキーワードにつながりを築く潤滑油になれるように。日本はもちろん世界中の人が、聞き書きをやりたい!と思ったらまず連絡する場所になるように。

今、聞き書きオープンゼミを通して「私たちの聞き書きとは何か」明らかにします。

「復興支援住宅エコポイント」ご寄附の活用報告

2014.06.30 16:36|おしらせ
平成24年5月から平成25年4月までに「復興支援住宅エコポイント事業」より、
合計49,393円のご寄附をいただきました。
いただいた寄附は「聞き書き甲子園」に参加する高校生が事前に東京で行う研修会
(平成25年8月実施)の費用として使わせていただきました。結果、前年度より高校生の
学びを支援するよりよい環境が整い、充実した内容で研修を行うことができました。
詳しくはこちらをご覧ください。