05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

はじめまして!

2015.06.15 17:09|事務局日誌
 はじめまして!
今年インターン生として半年間共存の森で働かせていただく渕上美海です。
私が共存の森に興味を持ったのは、「聞き書き甲子園」の魅力に惹かれたからです。私は、インターン生として応募するまで、この聞き書き甲子園を知りませんでした。しかし説明会の際に、個人であれ、町であれ、その文化を伝えていく大切な役割を、共存の森は担っているのだと感じました。日本の素晴らしい技術や文化に、当の日本人は気づかないでいることが多いようです。どんなに卓越した技術も、段々に廃れ、やがて担い手がいなくなってしまいます。そんな技術や文化を後世に残すと共に、未来を担う若者たちに知ってもらう。「聞き書き甲子園」とは、そのようなものではないかと、今からとても楽しみにしています。
 また、私は心理学を専攻していることもあり、そのように地方のお年寄りと、若者たちが会話を交わすことによる心理的変化に興味があります。他人と話をするとき、言葉では表せないようなエネルギーや、新しいイメージを得ることがあります。それらは、人を前進させ、よりよい生へと導いてくれるように思います。そのような効果が、聞き書き甲子園にはあるのではないかと思っています。
 加えて、先日13日に聞き書き甲子園のスタッフミーティングに行ってきました!千葉県の市原というところで、水田が広がる素敵なところでした。親指サイズのアマガエルやツバメたちがとてもかわいかったです!スタッフミーティングでは、大学生スタッフの自主性に大変驚かされました。皆が聞き書き甲子園をとても好きで、もっともっと良いものにしたいと思っているのがよく伝わってきました。参加する高校生や、名人だけでなく、運営の方に携わる大学生スタッフの成長の場としても、聞き書き甲子園は機能しているのだと思いました。
これから半年間よろしくお願い致します。
インターン渕上さん
スポンサーサイト

お世話になります!!!

2014.07.09 18:47|事務局日誌
こんにちは!!!!!
共存の森ネットワークで新しくボランティアになりました山本です!(^^)


今年高校生になりました!笑
まだ15です!笑
ちなみに千葉の高校に通っています!

今日も共存の森の事務所に来て渋澤さんの講演の書き起こしやっていました!

ぶっちゃけ苦労してます笑

だけど明日からテストが終わったので2時間授業なんです笑笑

すいません高校生っぽいこと言っちゃって笑

ちなみに学校のみんなからちゃんやまと呼ばれているのでよかったら気軽に呼んでください笑笑

部活は中学校のときはテニス部でした!
出身地は宮城県です
趣味はカラオケとテニスで特にミスチルが好きです!笑
特技は印刷物を封筒に入れることです!www

夏休みに北陸の共存の森へ行くので楽しみにしてます!!

これから皆さんよろしくお願いします!
山本くん自己紹介ブログ用




~Dreams come true~

2013.07.18 19:32|事務局日誌
IMG_7172.jpg
事務局インターン中野です。

今日は、7月14日~15日の2日間にわたって行われた「第12回聞き書き甲子園」運営スタッフ研修についてレポートします。私もこの研修に参加しました!

まず始めに、知らない方もいらっしゃるかも知れませんので、そもそも「聞き書き甲子園」とは何なんでしょうか?

「聞き書き甲子園」とは毎年全国から100名の高校生が参加するビックイベントで、高校生は造林手、炭焼き職人、木地師、漁師、海女さんなど・・・の様々な森・海・川の“名人”を訪れ「聞き書き」と呼ばれる手法で取材する取り組みです。

「聞き書き」とは・・・
名人からのお話しを録音レコーダーですべて録音し、一字一句全て書き起こし、その後文章にまとめるという手段です。

名人に話をお聞きすることにより、その名人が持っている技術にとどまらず、自然とともに生きる知恵、ひいては、働くこととは?生きることとは?といった深いテーマも名人から学ぶことができます。

「聞き書き甲子園」は、例年過去に「聞き書き甲子園」を経験した学生が、運営スタッフを担い、「聞き書き」の手法を伝授する8月に3泊4日の研修を行ったり、フォーラムを開催したりしています。

7月14日・15日に行われた運営スタッフ向けの研修では、その8月に3泊4日で行われる研修において、きちんと運営スタッフが「聞き書き」の技術を参加高校生に教えることができるよう、スタッフ自らが「聞き書き」体験を事前に行い、作品のまとめ方、また研修プログラムの運営に至るまで、「聞き書き」トレーニングと細部に至る研修プログラム内容の確認が行われました。

前置きが長くなりましたが(笑)私も運営スタッフの皆さんに混じって、今回「聞き書き」を体験してみました!

皆さん、過去の聞き書き甲子園の参加者の先輩方だったのですが・・・久々に体験し「忘れてた!」や「ここをもっとこうした方が・・・」という声がたくさん上がりました。


この「聞き書き」は一見、単純な作業かと思います。
が、しかし!!!!
名人にお話しを聞くためにみんなで質問の構成を考えたり、文章をまとめ上げたりなど、色々大変だったりします><

僕が一番大変だったのは、録音した声を文字に起こすことです。
一字一句間違えずに文字を起こすのはとても大変(汗)・・・
再生しては巻き戻してまた聞いたりの繰り返しです・・・

しかし、これをやると意外なことが分かります。聞いているときには分からないその人の言葉使いの特徴や、人となりが浮き彫りになって来るのです。自分にも話し手の話が上手いと、とても参考になります。

僕の場合は、「名人」役の練習台が事務局の芳川さんだったのですが、お話がすごく、すごく、すごく上手くてとても参考になりました(笑)
夢は叶うのです! というのを過去の体験を基に僕たち運営スタッフに訴えてくれました。
大変だったけど、とても魅力のあるイベントだと感じました。
高校時代にこのイベントを知っていたら良かったなぁ笑・・・

今年の運営スタッフは、例年以上に盛り上げるためにとても力が入っています。スタッフ一同、残りの時間、練りに練って楽しいイベントにしようと思っていますので、今年参加される全国の高校生のみなさん、夏の研修合宿まで約1ヶ月、楽しみに待っていてくださいね!

損保ジャパン環境財団CSOラーニング生/共存の森ネットワーク事務局インターン中野

こんにちは!

2013.07.02 17:53|事務局日誌
初めまして、こんにちは!
この度、損保ジャパン環境財団のCSOラーニング制度の事務局インターン生として来年の1月までお世話になる中野智仁です!
慣れないことが多々ありますが、早速自己紹介をさせて貰います!

大学は日本大学の商学部に通っています。
最寄り駅は祖師ヶ谷大蔵という駅で共存の森さんの事務局までは電車で2駅という近さです。
... 家も電車で15分という立地なのでとても通いやすいです。
事務局さん的にもおいしいのかな笑。

趣味は、ロードバイクで遠出することです。ロードバイクというのは簡単に言ってしまうとバイクではなく、格好いい自転車のことです!
車で旅するのは楽しいですが、車では行けない場所や自分で苦労し目的地に到着する達成感は他の何にも変えられません。
最近は忙しかったりして行くことが出来ていませんが・・・
興味がある方は是非声をかけて下さい! 一緒に行きましょう!!

ロードバイクの他にも母校の部活の指導もしている意外な一面を持っていたりもします。
だからといって、決して体育会系ではないので体力的な仕事の無茶ぶりはご遠慮ください笑!

体は強くはないと自負しておりますが、来年1月までは精一杯体力のある限り頑張ってやらせてもらいと思います。
どうか、こんな中野をよろしくお願いします!!!

中野 写真

本日より「認定NPO法人」になりました

2013.05.30 21:31|事務局日誌
事務局芳川です。
今日は大きなニュースをお伝えいたします。NPO法人共存の森ネットワークは、本日より「認定NPO法人」になりました!

かねてより当NPOは「認定NPO法人」になるために準備を進めて参りましたが、晴れて本日東京都より通知を頂きました!

これにより、本日以降当NPOへご寄附をして下さった方は、税金の優遇を受けることができます。

■個人の方が当NPOに寄附をした場合
→「寄附金控除」を受けることができます。
(確定申告をすることで、税金の還付を受けることができます)

■法人が当NPOへ寄附をした場合
→損金に算入できる金額が拡大されます。
(一般のNPO法人への寄附と比べ、経費として扱える寄附金の限度額が高くなります)

■相続人が当NPOに相続財産を寄附した場合
→寄附をした相続財産は相続税が非課税になります。

このように当NPOへ寄附をした場合、減税につながりますので、当NPOへのご寄附について、ご検討頂けましたら幸いです。

「聞き書き甲子園」や「共存の森」活動を応援したい方、頂いたご寄附は「聞き書き甲子園」や「共存の森」活動をより広げるために、100%使用いたします。

今後とも「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」共存の森ネットワークをよろしくお願い申し上げます。

認定NPO通知書