04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

第8回森の“聞き書き甲子園”参加高校生募集!

2009.05.27 17:28|聞き書き甲子園
今年も100名(+α)の参加高校生を募集します。
 (なぜ+αかは、以下をお読みいただければ、分かります。)

kouhou3.jpg


森の“聞き書き甲子園”とは、毎年、全国100人の高校生が「森の名手・
名人」※を一対一で訪ね、名人が持つ知恵や技術、考え方や価値観など名
人の半生を「聞き書き」※し、記録する活動です。

「森の名手・名人」とは、木工職人、茅葺き職人、シイタケ栽培家など、
「森」や「木」に関わる仕事に携わり、昔からの知恵や技術を持っている
方々です。

現代の日本人は、エネルギーやプラスチック製品など生活のあらゆる場面
で、石油に頼り暮らしています。しかし、石油が生活に入る前までは、森
や海からの自然資源を享受し暮らしを営んでいました。森からは、薪や炭
などの燃料や木の実、キノコ、筍などの食料、家や家具などに使う木材、
布を織るための蔓や木の皮、、、。自然の恵みを最大限活かす技術や知恵
を持ち、生きていたのです。

「地球温暖化」「森林破壊」など、様々なところで「環境問題」が話題にな
り、自然を「守る」ことが叫ばれています。しかし「守る」といっても、
私たちは、自然の恵みを得ることなしには、生きていくことができません。
かつては、自然の許容量の中で、自然の恵みを享受し、暮らしを営んできま
した。それは何千年と続いてきた暮らしの形であり、文字通り「持続可能」
です。

本当の意味で、自然と人間が共存していくとはどういうことなのか。私た
ちは、次代を担う高校生に、日本人が先人から脈々と受け継がれてきた生
き方を、「森の名手・名人」から学び、考えてもらいたいと願っています。

そして、今年から「海・川の名人」への取材もスタートします。
初年度ということで募集は若干名(+α)ですが、参加高校生には、
森と川や海の繋がりについても考えてもらいたいと思っています。

今年も以下の通り、「森の“聞き書き甲子園”」に参加してくれる高校生
を募集いたします。

※「森の名手・名人」は、毎年100名を社団法人国土緑化推進機構が選定し
ています。
※「聞き書き」とは、話す相手の語り言葉だけを使って、文章をまとめる
手法です。録音したテープを聞き、書き起こし、編集をするプロセスを通
じて、相手の心にせまります。


第8回 森の“聞き書き甲子園”実施要領

□主催:第8回 森の“聞き書き甲子園”実行委員会
(林野庁、文部科学省、社団法人国土緑化推進機構、NPO法人共存の森ネットワーク)
□参加資格:高校生(以下のスケジュール全てに参加可能な方)
□取材先:これまでの「森の名手・名人」に加え、今年は「海・川の名人」
(漁師、海女等)に取材する高校生を若干名募集します。
□応募方法:所定の申込用紙に必要事項を記入し、参加動機作文(原稿用
紙1枚、400字程度)と合わせて事務局宛に郵送してください。
※申込用紙をご入り用の方は、事務局にご連絡いただくか、森の“聞き書
き甲子園”のウェブサイトからダウンロードしてください。
□応募締切:7月1日(水)必着
□定員:100名程度
□参加費:無料
□スケジュール
 7月1日:応募締切
 8月初旬:参加高校生決定
 8月11~14日:聞き書き事前研修会(会場:高尾の森わくわくビレッジ等)
 9月中旬~12月:「森の名手・名人」を訪問し、取材、レポート作成
 2009年3月28日:フォーラムにて成果発表(会場:江戸東京博物館)

□申込み・問い合わせ先
 〒162-0065 東京都新宿区住吉町1-20 角張ビル4階
 NPO法人共存の森ネットワーク内 森の“聞き書き甲子園”実行委員会事務局
 TEL:03-5366-0766 FAX:03-5366-0688
 E-mail:info@foxfire-japan.com


公式ウェブサイト
スポンサーサイト

北陸:今年最初の活動に行ってきました!

2009.05.18 16:01|「共存の森」活動報告
ブログにあっぷするのが遅くなってしまいましたが・・・
5月3・4・5日に、共存の森・北陸の活動が新潟の高根で行われました。

一番の心配であったGW真っ只中&ETC割引による高速道路大渋滞。
早めに出発した甲斐があり、予定より3?時間遅れたものの
無事昼過ぎにには到着することができました。

雨が心配されましたが無事切り抜けたこの3日間での主な活動は、

一日目
・高根散策

二日目
・田植え
・山小屋で生活をしていらっしゃる遠山実さんに山での生活について
食事や道具、山小屋を始めた理由などの話を聞く
・来月の下草刈りに備えブナに支柱を付ける作業
・棚田散策

三日目
(二つのグループに分かれて)
・次回から利用させていただく学校の教室そうじ
・昨日に引き続きブナに支柱を付ける作業

でした。

今回の参加者は15名。聞き書き7期生の高校2年生をはじめ10代の多い活動となりました。

今回の活動に参加して思ったことは、活動地である高根の方々に「ありがとう」と
言ってもらえる何かをしたいということ。

私たちが田植えをするにあたり、早めに田に水を入れ
冷たい水で足が冷えないようにようにとの気遣いをしてくださった、
たんぼをかして下さっている遠山栄作さん
をはじめ、細やかな気遣いをさりげなくして下さる高根の方々。

そんな温かな思いに少しでも恩返しができる活動をこれからも、と思いました。

高根の方々、これからもよろしくお願いいたします。

横原泉(「共存の森」北陸)