10 | 2011/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

ボランティアに来ました

2011.11.30 15:57|事務局日誌
DSCF2001.jpg
初めまして
11月28日からボランティアとしてお世話になることになりました
柿本と申します。

前職はプログラマでしたが、スポーツ関係の仕事に転職することにし
どうせな、らしばらくお休みして以前から関心のあった環境問題について
何かお手伝いできる事は無いかとNPOセンターに行ったり、募集サイトで調べた結果
共存の森ネットワークの自然との接し方に感銘を受け
(自宅から近かったのが一番の理由ですけど。。)
お世話になることとなりました。


自己紹介
柿本 哲人
1979年4月28日生まれ(32才)
博多出身で、ラーメンにはこだわりがあります

趣味
・トライアスロン
 東京、神奈川の大きなレースには出てます
・車、オートバイ、自転車
 以前はクラシックビートル、アプリリアのRSに乗ってましたが、今は写真の自転車だけ
・PCいじり
 以前は自作のデスクトップを常にカスタムしてましたが、場所とるので今はノートのみ
・ガーデニング
 ベランダで二十日大根(コメット、アイシクル)とミントを栽培

日課
・駒沢公園でランニング 20km×週に2回くらい走ってます
・献血 AB型は不足してるらしく催促のはがきが来る
・コーヒーが好きで1日に1Lくらい飲みます

今後の予定
とりあえずは
週に3日程度、2ヶ月ほどお手伝いしたいなと思ってますが
先のことは特に決めてるわけじゃないです。
スポンサーサイト

【共存の森・北陸2011】大学生新メンバー募集

2011.11.24 17:46|「共存の森」活動報告
みなさん、こんにちは。
共存の森・北陸地区新代表の工藤大貴です。
深く考え迅速に行動に移せるリーダーになりますので、よろしくお願いします。

今回は、来年の北陸地区を支えてくれる新メンバーをどしどし募集する、告知をします!

来年の北陸地区のテーマは『人に伝える』

少し具体的に言うと、
①高根集落の「つながり」と「有限」を感じられる暮らしを、活動を通じて学びます。
②その学びを自分のアタマの中だけで終わらせるのではなく、人に伝えるということを行います。

②では、秋頃にフォトコンテストとそれに付随して東京でイベントを開催します。

更に具体的には、
①の集落での活動
 企業のCSRとともに棚田で田植えや稲刈りをしたり、水路の現状をみるために山に入ったり、道草刈りや水路清掃などの仕事にも参加しています。また、夏祭りではキャンドルアートを任せてもらったり、お茶会を開催したりしています。今年からは集落の運動会にも参加しています。
自然環境や棚田の実態、コミュニティの繋がり、山村を覗きたい、CSRを直に見たい、田舎の食に興味がある・・などなど、少しでもピンと来るものがある方はぜひご連絡ください!

②のフォトコン・イベント
 フォトコンでは高根の写真を通じて、高根らしさを撮る人・見る人に感じてもらい、イベントでは東京の人に「つながり」や「有限」を写真や農業体験を通じて感じてもらおうと考えています。
写真が好き、自然が好き、社会学に興味がある、イベントをつくりたい、ポスターやチラシ作りの腕を試したい、空間演出を実地でやりたい・・などなど、求めている人は多岐にわたりますが、とにかく「楽しそうだな」と少しでも思ってくれた人はぜひ一度ご連絡ください。

来年は、集落での活動とフォトコン・イベント作りと盛りだくさんですが、その分様々な人が関われる年になると考えています。みなさんも、その一員となって北陸地区に参加してみませんか?

興味がありますの一言でもいいので、下記の連絡先に一報をお願いします!
連絡先:共存の森 北陸チームリーダー 工藤大貴(くどうひろき)


DSC06941.jpg

【共存の森・北陸2011】お米発送&リーダー交代のお知らせ

2011.11.22 15:56|「共存の森」活動報告
みなさん、こんにちは。共存の森・北陸地区リーダーの秋山萌(リトル)です。

寒くなってきましたね。さて、先日今年最後の北陸地区の活動が終わりました。高根は、朝晩とても寒く、集落も、冬支度を始めていて、高根の人は、「今週に入って冬の空になってきたな」と言っていました。私にはいつもの高根の空にしか見えなかったのですが・・・。

活動内容は、主にお米の発送作業と、一年間活動で使わせてもらった旧高根小学校での備品整理を行いました。お米の発送は、今年収穫した私たちのお米を、北陸オリジナルラベルを付けて、メッセージとポストカードと共に発送しました。20件分241キロ販売しました。発送を頑張ったみなさん、本当にお疲れ様でした!

 夜は、久しぶりに活動に参加してくれた脊戸君の手料理をみんなで美味しく頂きました。これが、本当に美味しいんですよ~!メニューは、手作りの肉団子が入ったちゃんこ鍋、芋ご飯、南蛮漬け、かぼちゃプリン。みんな食べるのに夢中で、黙って食事をしていました。発する言葉は、「旨い」か「おかわり」だったかな(笑)

 私がリーダーとして活動するのも、今回が最後でした。私がリーダーになったと同時に、キヤノンMJのCSRとの活動が始まり、戸惑うことばかりでしたが、振り返るといい経験をさせてもらい、学ぶことも多かったです。と、いろいろな事を振り返りたいですが、長くなるのでこの辺で。2年間、活動を共に行ってくれたメンバーの皆さん、支えてくださった先輩方・事務局の皆さん。本当にありがとうございました。
 来年度の北陸地区リーダーは、工藤大貴君が務めます。来年も皆さんで、活動を盛り上げていきましょう!

DSC08258_20111122155611.jpg
↑次期リーダー・工藤大貴「高根米を発送しました!」

little
↑元リーダー・秋山萌「ありがとうございました!」 写真:©kentaro wakao

今週末に聞き書き甲子園10周年記念シンポジウム+映画「森聞き」上映!

2011.11.16 11:51|おしらせ
いよいよ今週末19日(土)に「聞き書き甲子園10周年記念シンポジウム」&映画「森聞き」の上映を実施します!

このイベントは、聞き書き甲子園の卒業生が中心となり企画・運営されています。半年以上にわたり準備に時間を費やしてきた彼らが、これからの社会を描き、そして未来へのメッセージを発信します!

なかなか面白い内容ですので、まだお申し込みをされてないみなさま、ぜひとも会場までお越しください!

なお、参加申し込みが必要ですので、必要事項を明記の上、お申し込みください。お待ちしております!

1.日時: 2011年11月19日(土)  10:00 - 16:30
2.会場: パナソニックセンター東京 有明スタジオ A-STUDIO(東京・江東区)
     (りんかい線「国際展示場駅」下車徒歩2分  ゆりかもめ「有明駅」下車徒歩3分)
3.内容: 
午前の部:「聞き書き甲子園」のドキュメンタリー映画「森聞き」の上映

午後の部: パネルディスカッション「私たちの描く100年後の社会」 

パネラー: 
奥村広哉(NPO法人コモンビート)
神崎淑(NPO法人かみえちご山里ファン倶楽部)
長谷川知広(NPO法人ビッグイシュー基金)
早水綾野(NPO法人ACE/グリーン・アクション)

コーディネーター: 
前川洋平(聞き書き甲子園2期生)

コメンテーター: 
澁澤寿一(NPO法人共存の森ネットワーク副理事長)
エバレット・ブラウン(執筆家・epa通信社日本支局長)

「10周年記念イベント参加希望」を明記の上、氏名(ふりがな)、性別、所属(会社名、学校名など)、電話番号、e-mailアドレス、案内を見た媒体名を添えてお申込みください。

お申し込み&お問い合わせ
NPO法人共存の森ネットワーク事務局
〒154-0004 東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A
TEL:03-6450-9563  FAX:03-6450-9583
MAIL: mori@kyouzon.org
担当:芳川、森山

Happy Happy Birthday!

2011.11.10 23:54|事務局日誌
みなさん、最近めっきり寒さが増してきましたが、お元気ですか?共存の森広報マン・ヨシカワです。風邪など引かぬよう、気をつけてくださいね。

さて、共存の森ネットワークのボス・副理事長の渋澤さんが、おととい誕生日を迎えました!今日は事務局全員で、お祝いを行いました。甘さ控えめなフルーティーなケーキ、とてもおいしかったです。

Happy Happy Birthday! 渋澤副理事長!!おめでとうございます!

みんなで集合写真

渋澤副理事長

【共存の森・関東2011】10月15日・16日活動報告~炭焼きの「炭材」となる雑木の調達の巻~

2011.11.04 17:04|「共存の森」活動報告
みなさん、こんにちは。
共存の森・関東メンバーの白井孝賢です。

今月10月15、16日に行いました千葉県市原市の鶴舞創造の森(以下、つる森)・山小川地区での活動報告をさせてもらいます。

今回の活動のメインは、炭焼きの「炭材」となる雑木の調達!
6月の活動で選定した木を山から伐り出し、炭窯に入る大きさに加工していきます。


~15日~
活動日初日、一行がつる森に到着してみると待っていたのは降りしきる雨・・・
先に到着されていた炭焼き名人古関さんら地元の方々と合流し、早速雨天での活動をどうするかの相談になりました。幸運にもしばらくして雨が止んだので、外作業を行うことに決まりました。きっと私たちの活動への想いが空に届いたのでしょう♪
その後、地元の斉藤さんが持ち寄って下さったふっくらもちもちのお赤飯をいただき、お腹も心も満たされたところで一同活動にとりかかりました。
(斉藤さんご馳走様でした!)
osekihan
↑寿司桶いっぱいに、どーん!

作業現場では、選定した木の10本近くを午前中のうちに古関さんらが伐倒して下さっていたので、私たちは鉈や鋸で倒された木の枝払いと玉切り作業!因みに、「玉切り」とは用途によって木を決められた寸法に合わせて切ることです。今回は66センチ大。学生鋸チームと名人らチェーンソーチーム、双方力を合わせることおよそ2時間すべての玉切りが完了しました!玉切りにした木は一カ所にまとめられ、最後には達成感ある山積みの出来上りです!
maki.jpg
↑ちょっと壮観!

その晩は地元のお母さん方も交え、山小川青年館にて懇親会。
いつも温かく接してくれる山小川のみなさんに感謝の気持ちを込めて、今回は私たちがカレーを用意させてもらいました!途中から高校生参加者2人も加わり、その光景はまるで一家親戚大集合かと思えるほどアットホーム♪こういうひと時も山小川ならではですね!
kouryukai.jpg


~2日目~明けて2日目は、一転して気持ちの良い秋晴れ。

早朝6時半から移動を開始し、6月の活動でも一度足を運んだ山小川の隣・田尾集落にある産直を見学に行きました。
現在、学生メンバーでは山小川の魅力を地域内外に発信するためのパンフレットを作成中で、年明けにはここ産直にも置いてもらえることになったのです。今回の見学で、私たちが作ったパンフレットがどんな風に配置され、人の目に映るのか、そんなイメージをまた少し膨らますことができました。

ichiba.jpg
↑新鮮な野菜を前に、しっかりお買い物も。

産直見学後、一行は作業フィールドつる森へ。
2日目の作業は、もっぱら『薪割り』です!前日山積みにした木の中から、そのままでは炭材として太いものを割って大きさを整えます。薪を割るために使う道具は、斧・クサビ・ハンマーの3種類。どれも私たちにとってはあまり馴染みのない道具たち。しかし、不思議と一振りするごとに道具が身体に馴染んできます。作業を終えるころには名人たちからお誉めの言葉を頂けるまで一同扱えるようになりました!嬉しい成長です♪
makiwari.jpg
↑斧を振るう眼付は真剣そのもの。

割り終えた薪や小ぶりな木は軽トラの荷台いっぱいに積みこみ、炭窯まで運搬しました。炭窯に到着したらリレー作業で荷台から次々と炭材を降ろし、炭窯の横に再び山積みを作っていきます。太さに大小違いがあるので、バランスを考えて積むのがポイント。

その結果、軽トラ5杯分もの炭材が山となって目の前に現れました!
私たちの手で山から伐り出され、形を変え、ここまで至ったのかと思うと感動的ですらありました。
 maki2.jpg
↑身の丈はあろうかという高さ。


syugo.jpg
来月11月の活動ではいよいよこの山積みの炭材を窯の中へと詰め込みます!次に窯から出てくる時は、一体どんな変貌をとげているのでしょうか。期待大です!

共存の森関東 白井孝賢

「聞き書き甲子園10周年記念シンポジウム」がオルタナSさんに掲載されました!

2011.11.01 07:00|聞き書き甲子園
「聞き書き甲子園10周年記念シンポジウム」開催まであと19日となりました。みなさん盛り上がっていますでしょうか?共存の森広報マン・ヨシカワです。

いよいよ開催が迫ってきた、私たちの活動の原点である「聞き書き甲子園」の10周年記念シンポジウム。

この度オルタナSさんに記事が掲載されましたので、ぜひご覧ください!

このシンポジウムには事前申し込みが必要です。みなさまのご参加を心よりお待ちしております!

オルタナSさん掲載時記事はこちらから
http://alternas.jp/uncategorized/2011/10/10896.html