FC2ブログ
01 | 2012/02 | 03
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・関西2012】 2月7日・8日活動報告

2012.02.17 17:05|「共存の森」活動報告
こんにちは!共存の森・関西メンバーの稲本朱珠と申します。お久しぶりです!(過去に何回か記事を書かせてもらっています…)

共存の森・関西では、2月7日に奈良県川上村の高原地区に、2月8日には滋賀県大津市の堂町に行ってきました!今回の目的は、今年から新しく働いていらっしゃる事務局の方々に関西のフィールドを知ってもらうということだったのですが、なかなか都合が合わず芳川さんだけになりました。京都駅からレンタカーを借りて、いざ奈良県へ!車中では芳川さんのトークで盛り上がりました(笑)

川上村は奈良県のちょうど中心部で、吉野林業がさかんな地域にあります。その川上村の中でも最も標高の高い集落が高原地区です。先日の台風で土砂崩れが起き、いつも使っていたルートはまだ使えず、ダムのまわりを迂回して向かいました。復旧には2年ほどかかるそうです。

高原地区では、まず公民館(旧高原小学校)に行って、副区長の上平さんと会計の中平さんにお話を伺いました。

高原地区公民館

高原では昔から林業が盛んだったため、山で使う方言が色々あり、その資料を下さいました。あとは、公民館は元小学校なのですが、そこに葬儀場をつくるという話が前からあり、その葬儀場が完成していました。一人暮らしのお年寄りのお葬式を、地域でやることが多く、今まではそれぞれの家でやっていたものを地区でまとめて行うことでお金も大変さも軽減することから考えられました。そして、久しぶりに高原を散策。お話を聴きながらまだまだ知らなかったこと、通ったことのなかった道もありました。

高原地区を散策中

高原を散策中

高原で活動するときは、いつも人智の家という川上村が管理している空き家の民宿に泊まります。今回もみんなで鍋を囲みながら、色々な話をしました!途中、ケーキを持って区長も来て下さり、学生の意識やリーダー像、大切にしなければならない義理や人情について語ってくださいました。今後の高原の活動についても、しっかりと考えてやりたいことを高原の方々にしっかりと伝えろ!と言ってもらい、また関西のメンバーで話し合おうと思いました。

2日目。朝起きると吹雪!畑にはうっすらと雪が積もっていました。

高原の雪景色

奈良を出発して、もうひとつの関西のフィールド、滋賀県大津市の堂町へ。こちらも雪がちらついていました。

堂につくと、いつもお世話になっている南部義彦さんのお家へ。南部さんとお隣の白羽瀬さんの休耕田をお借りして、そばと大豆を今年植えたのですが、その収穫量と来年に向けての話をしました。堂町は、龍谷大学瀬田キャンパスのすぐ近くにある集落で、都会と本当に近くにある農村です。共存の森・関西のメンバー中でも、龍大生を中心に活動してきましたが、来年からはまた新しい龍大の学生を中心に堂町の活動をしていけたらというお話をしました。また、堂の本当に古い歴史が載っている古文書が見つかったらしく、それを解読してほしいと頼まれ、来年は古文書の勉強もしようかと話していました!

龍谷の森を抜けて、龍谷大学に行き、午後からは寄り合いを行いました。共存の森・関西ではミーティングのことを“寄り合い”と言います。村社会では、何事もみんなが集まって話す“寄り合い”で決まることから、会議というよりもそういう雰囲気でしたいという思いから関西では寄り合いと言っています。

まずは、新しく共存の森・関西の代表になった神保からあいさつがあり、みんなの近況報告をしました。龍大M2回生の濱田さんも来て下さり先輩からの熱い話も聴くことが出来ました。そして、今回の寄り合いの目的である、龍大の新メンバーとの顔合わせ。共存の森・関西の元代表である多胡さんと一緒に“龍谷大学有志の会”というものを立ち上げ、堂町で育てられた農薬の使用を控えた“環境こだわり農産物”を大学で広めようと生協でパーティーを開いたメンバーで、1回生男子3人と3回生の女子が一人来てくれました。農業に興味があったり、映画「森聞き」を推してくれていたりなど、これからいっしょに活動したいなとみんなで確認し合いました!これからも堂町の活動は、龍大生と協力しながら新しいことにも挑戦しつつ、続けて生きたいと思います。

龍谷大学の学生メンバーと顔合わせ!

さてさて、来たる3月1日!!

堂町での活動の1つである上田上小学校でソバを育てる授業の最終回“ソバ打ちをして食べる”です!!共存の森・関西では、農業を小学生にも身近に知ってもらおうと、6年生の授業でソバを育て収穫し、ソバ打ちをして食べるということを行っています。わたしも2年前に参加したのですが、小学生の圧倒的なパワーに飲まれながらも、楽しくソバを打てました!(ソバアレルギーなので食べられませんが)今年も楽しみです!またその準備と練習のために2月24日には龍谷大学で新メンバーとも一緒に練習をします!細く均等に切るのが難しいので頑張ります!!
そして3月31日と4月1日には高原に行き、聞き書きを行った報告を行います!

また報告を楽しみにしていてください!

長くなりましたが、以上です♪読んでいただきありがとうございました。

共存の森・関西 稲本朱珠
スポンサーサイト