03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

アースデイ東京2012 出展報告

2012.04.27 18:22|おしらせ
皆さん、こんにちは。共存の森・北陸リーダーの工藤大貴です。

4月21日・22日に東京・代々木公園で行われた「アースデイ東京2012」の出展報告をさせていただきます。

共存の森・北陸チームは、私たちの活動フィールドである新潟県村上市高根で私たちも米作りに参加した棚田米と、村上市の染物店による草木染めハンカチセットの販売を中心に行いました。

共存の森ブースの様子

私たちがアースデイで伝えたかったことは、『村上・高根のつながりの深い豊かな暮らし』

高根集落の自然と人のつながりの見える暮らしに『これからを生きる豊かさ』が隠れているのでは?

そんな暮らしがあるから、村上市街でも自然を活かした伝統工芸や滋味溢れる食文化が発展したのでは?

そんな素敵な持ちつ持たれつの関係を、東京で伝えるにはどうすれば良いか?

考えた末にたどりついたのが、高根のお米を、村上市で360年余り続く「山上染物店」の草木染めハンカチで包むというアイディアでした。高根で収穫した後の稲藁と杉林の杉で染めたハンカチは、来場者に何度も『良い色だね!』と褒めて頂いて米の売れ行きも上々でした。

また、「山上染物店」で使用不可となった手ぬぐいと、使用済みの米袋を再利用したワークショップも盛況でした。布うちわ作りは親子連れに、米袋を使ったエコバッグ作りは若い女性に大人気でした。

大人気だったワークショップ

私たち東京の学生が、高根集落と村上市街に関わる事で、様々な可能性が生まれることを今回身を持って感じました。染物屋さんで長らく眠っていた沢山の布からは、子どもたちの笑顔が生まれました。持ち帰るのが重たくて、それぞれ家庭の味があるお米も、稲藁の草木染めという珍しいハンカチをセットで売る事で、高根集落の魅力が伝えられました。

今年は、高根・村上の魅力発信の1年であり、北陸チームが向かう方向をしっかりと決める年でもあります。アースデイでたくさんの方から頂いたアドバイスや応援を糧にして、今年1年をもっともっと地域のためになる、学生自身が成長できる年になるように頑張ります!

共存の森・北陸リーダー 工藤大貴
スポンサーサイト

「暮らしの復興に向かって」が公開されました

2012.04.26 16:40|事務局日誌
みなさん、こんにちは。事務局スタッフの若尾です。

昨年度より、共存の森ネットワークは被災地の聞き書き101を中心に、東日本大震災復興支援活動を行ってきました。
また、国連大学高等研究所は「SATOYAMAイニシアティブ」の取組の一環で、被災地の聞き書きの様子等の岩手県大槌町吉里吉里地区の復興の様子を紹介するビデオを制作し、共存の森ネットワークもこれに協力しました。

その映像が、SATOYAMAイニシアチブのホームページから、全世界にむけて発信されています。
http://satoyama-initiative.org/video

復興に向けた地域の様子、聞き書きの様子などが動画で描き出された貴重な映像になっています。
2月にケニアで行われた里山イニシアチブの国際会議でも、当映像の英語版が流され、国際会議に参加した各国の人々が震災復興に向けた日本の状況について理解し、真剣な眼差しとエールを送っていました。

みなさまも是非一度ご覧になっていただき、ご紹介いただければと思います。

被災地の聞き書き101も南三陸や陸前高田の作品も順次アップされていますので、引き続きよろしくお願いいたします。

【共存の森・東海2012】3月31日・4月1日活動報告

2012.04.23 12:18|「共存の森」活動報告
こんにちは。この4月から前リーダーの中村美穂さんからリーダーのバトンを受け取りました、共存の森・東海新リーダーの中村駆です。

「中村」から「中村」ではありますが、私たちの活動フィールドである愛知県豊田市椿立自治区の方との繋がりや、今まで行ってきた先輩たちの思いをうまく引き継いで活動を行っていきたいと思っています。みなさん、よろしくお願いいたします。

さて3月31日~4月1日の共存の森・東海の活動報告をさていただきます。

今回の主な活動目的は、2011年度の1年間の活動報告を椿立自治区総会後に地区の方へ行うことでした。

総会は4月1日(日)でしたので、前日3月31日(土)と1日の総会が始まるまでの時間、私たちはプレゼン準備に専念しました。具体的には、東海メンバーそれぞれが事前に作成した発表内容を持ち寄り、今年1年間行ってきた棚田での稲作や田んぼ循環調査、お祭りへの参加などについてまとめました。また、2012年度の活動テーマを私たちは「話・和・輪クション」と決めたのですが(2011年度の活動テーマであった「話・和・輪」に2012年度は「アクション」を加えるという意味)、自分たちが活動を行うにあたりそれぞれの思いの共有や、2012年度新たに椿立自治区の方と行う景観整備のお手伝いに向けたそれぞれの思いの共有をし、それをどう地域の方へ伝えていくのか、議論を重ねました。

田んぼ調査は昨年秋から始めましたが、3月までの調査結果をただ伝えるだけではなく、視覚的にもわかりやすく伝えるための創意工夫をしました。途中メンバー間での思いが高まり、それぞれのメンバーに力が入っていったため、ある程度事前に発表内容は決まっていましたが、内容を作り直す決断をし、練り直しに多くの時間を割きました。しかし、逆に自分たちにとっても昨年2011年度の活動内容の振り返りが良くできたのではないかと思います。

翌日4月1日(日)、総会開始前に地区の集会所である「椿の里」に早めに行き、総会後の懇親会の料理の準備などをさせていただきました。そして、いよいよ本番です。総会は議事進行もスムーズで、予定よりも早く自分たちの出番を迎えました。

私たちの活動報告は、1年間の活動内容を写真のスライドショーを用いた説明から始めました。次に昨年秋から始めた椿立田んぼ循環調査の結果報告を行いました。地区の方へ聞き取り調査をした内容だけではなく、1940年代以前と現在の椿立地区の田んぼの面積の変遷を地図に落とし色分けさせ、視覚的に訴えるものにしました。最後に2012年度の活動内容について説明しました。

発表の様子

報告会終了後、地域の方に混ぜて頂く形で懇親会に私たち共存の森メンバーも参加させていただきました。懇親会は中締めが終わった後も多くの方が会場に残るという盛り上がりになり、私たちも地区のみなさんと沢山のお話ができました。次の日が月曜日ということで、残念ながら途中で帰宅しなくてはならなくなりましたが、とても楽しい時間を過ごしました。

懇親会の様子

懇親会最後の締めは、国の無形文化財に指定されている綾渡の夜念仏と盆踊りを椿立地区の方全員で踊るという形で、締めくくられました。

綾戸の盆踊り

共存の森・東海 2012年度の活動

私たち共存の森・東海は、2012年度は
①椿立自治区漆畑地区にある水車小舎周辺の棚田での稲作
②椿立田んぼ循環調査の継続
③地域のお祭りへの参加
④景観整備活動
の4本柱で活動を行っていきます。

今年から行う景観整備についてですが、きっかけは地区の方が田んぼ循環調査で聞き取り調査を行っている際におっしゃったある言葉でした。

「田んぼのある風景が椿立の風景だった。」

現在椿立地区は、拡大造林期の植林の影響や耕作放棄により、私たちの調査では1960年代と比較すると、田んぼの面積は当時の約30%にまで減っています。私は現在東京の大学で造園を勉強しているのですが、他の東海メンバーも農業高校出身であったり、大学の農学部で勉強をしていたり、里海の勉強をしているメンバー、すでに社会人となり大規模遊園地の花卉園芸課で勤務をしているメンバーなど、東海地区は実践部隊が揃っていることもあり、景観整備のお手伝いをしたいという気持ちが高まっていきました。また私の造園という分野をこの地区で活かしていきたいという思いにもメンバーが共感してくれたため、最終的に地区の方の思いとともに、景観整備を進めていくことになりました。ただ地域の景観をきれいにするということだけではなく、地区の方がこれまで描いてきた風景や、代々引き継いできたものをつなげていく「アクション」を起こし、温故知新のような形で地区の方の景観整備のお手伝いに力を入れていきます。 1年後、メンバーの個性を活かせた活動だと思えるように、これからがんばっていきたいと思っています。

次回の活動は、5月19日(土)と20(日)に棚田での田植えを行います。静岡駅・名古屋駅の両駅から送迎車を出します。東海圏に住んでいる興味のある、特に高校生や大学生の方、一緒に私たちと田植えをしませんか? ご参加お待ちしています。少しでも興味があればお気軽にご連絡お願いします!連絡先:kyouzon_toukai@yahoo.co.jp

以上報告でした。

共存の森・東海 新リーダー 中村 駆

明日21日(土)から始まるアースデイでの「共存の森ブース」写真を世界最速公開!

2012.04.20 17:54|おしらせ
みなさん、こんにちは。共存の森広報マン・ヨシカワです。

いよいよ明日から始まるアースデイ東京2012ですが、共存の森ブースの設営をただ今会場で行っている事務局若尾から、設営準備のライブ映像が届きましたので、ここでみなさまにどこよりも早くお伝えいたします!

共存の森ブース写真1

今回の共存の森ブースのコンセプトは、「農村のにぎわい」――赤と白をベースに繭や手ぬぐいを使い、にぎやかさを演出しているとのことです。また、共存の森・関東地区と北陸地区のパネルも設置し、活動内容もわかりやすくみなさまへお伝えしていきます。

共存の森ブース写真2
↑ブース設営準備を行う共存の森・北陸メンバー村松君

みなさまそれでは明日21日(土)・22日(日)は共存の森ブースで!See you then!

アースデイ東京2012への出展準備が完了!

2012.04.18 20:47|「共存の森」活動報告
みなさん、こんばんは。共存の森広報マン・ヨシカワです。

今夜共存の森ネットワーク事務所では、共存の森・関東チームと、共存の森・北陸チームが打ち合わせを行っています。

そうなんです、いよいよ今週末に開催されます「アースデイ東京2012」へ共存の森・関東と北陸が合同で出展するため、今夜その準備がクライマックスを迎えています!

打ち合わせをする関東メンバー
↑最終打ち合わせ中の共存の森・関東メンバー

ブースの準備をする北陸メンバー
↑ブースの準備をする共存の森・北陸メンバー

そしてお待たせいたしました!当日の共存の森の出展内容がわかってきましたので、ブログを読まれているみなさまへ、どこよりも早くお伝えいたします! とってもすてきな内容になっています!

米袋
↑まずはこの布!

当日は共存の森・北陸メンバーが活動フィールドである新潟県村上市高根地区の棚田で丹精込めて作った「高級ブランド新潟県岩船産コシヒカリ」を販売しますが、誰もが「うまい!」とうなる棚田米の味もさることながら、注目すべきはこの写真に写っている布です! 

きれいですよね、この布。実はこれは村上市の草木染名人山上さんが作成した、高根のこしひかりの稲わらと高根の杉を使って染めた「よろず布」なんです。この日のために北陸チームのために特別に作ってくださいました!

当日は棚田のお米がこの布にくるまれて3合800円で販売されます。そしてこの布は、写真(右)に写っている共存の森・北陸リーダー工藤君が日帰りで今日村上市に行き、さきほど事務所に持って帰ってきたばかりの魂の入った布なんです。これまで工藤君はずっとこの出展に備えて山上名人と話を重ねてきていましたよね。バイトをしてお金を貯めて、そのバイト代をすべて交通費につぎ込み、何度も村上へ足を運び、今回山上名人特製のよろず布をみなさまへお渡しできることになりました。その気持ちを当日はぜひ感じていただけましたらと思います。お楽しみに!

桐山さんの炭ネックレス
↑続いては、この炭アクセサリー

みなさん、これは炭のアクセサリーなんですよ。とてもCOOLですよね。この炭のアクセサリーは共存の森ネットワークの事業である「なりわい創造塾」の講師でもある群馬県片品村の桐山三智子さん(片品生活塾主宰)特製の炭アクセサリーなんです。

実物を見ていただくとわかりますが、一度手のひらに載せるとその魅力に引き込まれます。当日は1,000円~1,800円で販売されるとのことです。なかなか炭のアクセサリーは手に入れることができません。この貴重な入手の機会をお見逃しなく!今週末の2日間のみとなります!

体験コーナーはうちわと袋!
↑そして、ワークショップコーナーのうちわと米袋(米バック→マイバック)

当日ブースでは、山上名人の染物を活用したうちわ制作とマイバック制作が体験できるワークショップがあります。山上名人のお店で作品の制作中に出る捨て布と、使われなくなった米袋を再活用し、「米袋(マイバック)」とおしゃれな「うちわ」へと生まれ変わりました。なんということでしょう!とても素敵に生まれ変わりましたよね。このワークショップも見逃せません!

いよいよ今週末に迫った「アースデイ東京2012」。写真に写っている共存の森メンバーの愛が詰まった共存の森ブースへ、みなさんぜひお越しください!

【なりわい創造塾】4月28日(土)に農作業体験&説明会を開催します!

2012.04.17 15:34|おしらせ
みなさん、こんにちは。

「なりわい創造塾」の2012年度実践編塾生を、ただ今追加募集しています!

説明会を下記の通り開催いたしますので、少しでもご興味がございましたら、お気軽に説明会へお越しください!ご参加お待ちしております。

★なりわい創造塾とは?
20代~30代の若者を対象に、稼ぐための職業から生きるための生業を目指す人材育成プロジェクト。各種講師陣を招き、また農山村地域での「聞き書き」やフィールドワーク、実践活動を行いながら、持続可能なライフスタイルの提案・支援により人材を育成します。昨年度は群馬県川場村、今年度は埼玉県小川町で開催中です。

なりわい創造塾2012 塾生募集チラシ
↑クリックすると大きくなります。

◆なりわい創造塾2012年度塾生募集 説明会

日時■ 2012年4月28日(土) 12:00-15:00
場所■ 埼玉県比企郡小川町
集合場所■コミュニティカフェ べりカフェ
べりカフェ地図
http://blog.goo.ne.jp/seikatukoubou_1953/e/55244e255db3ac71caa7aa3cf2cde4a4

内容■
12:00~14:00 コミュニティカフェ・ベリカフェで昼食をとりながら、塾の説明およびQ&A

14:00~15:00 フィールド見学&体験(小川町下里地区)
「有井農円」で農作業体験(駅からバスに乗ります。バス代往復¥400程度実費負担)

15:00 解散予定

持ち物■筆記用具、昼食代、バス移動費用
※汚れてもよい服装でご参加ください。

◆申し込み方法
下記必要事項を明記の上、当NPO事務局までお申し込みください。

1. お名前 
2. 参加内容(↑のチラシ内「カリキュラム」をご覧いただき、参加できる部分について記入)
3. なりわい創造塾にどんな関心があるか
4. 説明会で確認したいこと/聞きたいこと
5. ご連絡先電話番号(携帯)

◆申し込み先
NPO法人共存の森ネットワーク事務局 
Email: mori@kyouzon.org  (@を半角にしてお送りください)
TEL:03-6450-9563 
FAX:03-6450-9583

Happy Birthday!

2012.04.12 19:25|事務局日誌
みなさん、こんばんは!共存の森広報マン・ヨシカワです。

さて、今夜事務所では、共存の森・関東の打ち合わせが行われております。

打ち合わせ前に関東リーダー井本大貴くんと雑談をしていると、なんと明日4月13日(金)は、井本くんの記念すべき20歳の誕生日だということが発覚! 急いで三軒茶屋駅前のケーキ屋さんに行き、ケーキを買ってきました。

買ってきたケーキ

あと4時間後には井本君の十代が終わってしまう!ということで、関東メンバーと盛大にお祝いをすることに決定!

ろうそくを消すイモティー

20本のろうそくを吹き消す井本くんのケーキを支えるのは、共存の森・関東メンバーで、井本くんの高校の同級生でもあり、聞き書き甲子園卒業生でもある峯川くん。アツイ友情です。

関東集合写真

井本くん、(一日早いですが)20歳の誕生日おめでとう! 

そんな共存の森・関東メンバーが、共存の森・北陸メンバーとともに、4月21日(土)・22日(日)にアースデイ東京2012に出展します!アースデイも共存の森をどうぞよろしくお願いいたします!

アースデイ東京2012『当日学生ボランティアスタッフ』大募集中!

2012.04.09 15:40|「共存の森」活動報告
共存の森・北陸リーダーの工藤大貴です。

アースデイ東京2012で一緒にブース運営をしてくれる当日学生スタッフを、ただ今大募集中です! 

共存の森ブースでは、共存の森・北陸チームと関東チームの合同出展となります。北陸チームでは、活動地域である新潟県高根集落の『つながりの深い豊かな暮らし』をお伝えします。

具体的には、
●棚田米(高根産)とオリジナル草木染め布巾(山上染物店)のセット販売
●廃棄手ぬぐいや廃棄米袋を使用したワークショップ

新潟岩船産コシヒカリの中でも極上と言われる高根集落のお米。
江戸時代の創業以来、伝統を守り進化を続ける村上市の山上染物店。
村上市と高根集落の『つながりの深い豊かな暮らし』は、
これからの循環する持続可能な暮らしのヒントになるはずです。

そして、高根らしさと共存らしさ満載のオリジナル装飾をブースに施します!

東京近郊の大学生の皆さん!少しでも興味を持って頂けたら、是非お気軽にご連絡ください♪

【連絡先】
共存の森・北陸リーダー 工藤大貴 avance-w@a7.keio.jp (@を半角にして送ってください)

共存の森北陸リーダー工藤&事務局担当若尾
共存の森・北陸リーダー工藤(左)と事務局北陸地区担当若尾

【共存の森・北陸2012】 アースデイ出展!!

2012.04.09 10:28|「共存の森」活動報告
共存の森・北陸メンバーの石塚愛貴です。

4月21~22日(土・日)代々木公園にて開催される「アースデイ東京2012」に共存の森も出展します!

北陸地区と関東地区の合同出展ということで、それぞれ工夫を凝らしながら準備を進めている最中です。

北陸地区も関東地区も活動内容は違えど、地域の方々に支えられながら、楽しく活動をしています。アースデイ当日には、活動紹介パネルを展示する予定でいますが、それに先駆けて少し紹介させていただきますね!!

今日は北陸地区の活動について…

共存の森北陸地区は、新潟県村上市高根地区という場所で活動しています。高根地区は、広大な山々に囲まれ、美しい棚田や山の恵みにあふれたところです。

高根地区については、こちらのサイトをご覧ください。

◆おいしい山 高根から
http://www.takane-net.jp/index.html

私たち共存の森が高根地区で活動をはじめて、今年で6年目。ブナの植樹にはじまり、棚田でお米作り体験をしたり、山の恵みを活用した暮らしを教えていただいたりと、都会に住む私たちにとっては初めての経験ばかりです。

毎回の活動を通じて、あたたかい高根の方々に見守られながら、自然と暮らす生き方を心と身体で感じることができています。

アースデイでは、そんな私たちの活動内容や、私たちを応援して下さっている沢山の方々のこと、そして、昨年度私たちが学んだことをパネル展示する予定です。是非ゆっくり時間をとっていらして下さい!!

メンバー一同、心よりお待ちしております。

共存の森北陸地区集合写真

クリック募金URL変更のお知らせ

2012.04.06 09:00|おしらせ
みなさん、こんにちは。事務局の若尾です。

ご存知の方も多いと思いますが、共存の森ネットワークはキヤノンマーケティングジャパン株式会社と協働で、共存の森「北陸」と東北における植樹活動を行っております。
キヤノンマーケティングジャパンさまがCSR活動として、全国で行っている「未来につなぐふるさとプロジェクト」の一部に、共存の森が北陸や東北の活動に主体的に関わっています。

この「未来につなぐふるさとプロジェクト」のホームページに、「クリック募金」のページがあるのをご存知でしょうか?
これは、1日1回、お好きなプロジェクトをワンクリックすると、そのプロジェクトに1円が寄付されるというものです。
昨年度は、北陸の活動に51,041円、東北の活動に55,283円と、実に合計10万回以上のクリックを通じて、10万円以上のご寄付をいただきました。大変ありがとうございました。この寄付は今年度の活動に活用させていただきます。

さて、そのクリック募金のサイトURLがこの度変更となりましたのでお知らせいたします。
新しいURLは
http://cweb.canon.jp/csr/donation/index.html
となります。

是非、みなさんお時間のある時にクリックしていただき、共存の森ネットワークの活動を応援してください!
どうぞよろしくお願いします。

NHKさいたま放送局のキャスター石垣さんのブログ紹介!

2012.04.05 14:54|聞き書き甲子園
みなさん、こんにちは。今日の東京はあたたかくなり、まさに春が来たという穏やかな午後になっていますが、お元気でしょうか?共存の森広報マン・ヨシカワです。

3月25日(日)に開催しました「第10回聞き書き甲子園フォーラム」ですが、その模様をNHKさいたま放送局のキャスター石垣真帆さんがブログに掲載してくださいました!みなさんぜひご覧ください!

◆NHKさいたまアナウンス日誌
http://www.nhk.or.jp/saitama-ana-blog/060/114736.html

石垣さんは昨年11月に「聞き書き甲子園」について取材をしてくださいました。ここ共存の森ネットワーク事務所にも来て下さり、吉野事務局長にインタビューなどされていました。そして2011年11月17日(木)にNHK総合テレビ「こんにちはいっと6けん」(午前11時05分~)でリポート「森の“名人”に学ぶ~高校生の聞き書き甲子園~」として放送してくださいました。(私もちらっとだけうつっていたり・笑)

3月25日のフォーラムでは、昨年11月に取材をした埼玉県狭山市に住む高校1年生西村さんと埼玉県越生市のそら師小澤さん(72)と会場で再会!その模様をブログで紹介してくださいました!

ぜひ石垣キャスターのブログをご覧ください!

「共存の森」がアースデイ東京2012に出展します!

2012.04.04 10:32|「共存の森」活動報告
みなさん、こんにちは。共存の森・北陸メンバーの瀧野芳です。

4月21~22日(土・日)代々木公園にて開催される「アースデイ東京2012」に共存の森も出展します!

出展内容は、共存の森・北陸チーム(活動フィールド:新潟県村上市高根集落)と関東チーム(活動フィールド:千葉県市原市山小川地区)の活動紹介、および地域の特産品を販売します。

また、新潟県村上市に360年ほど続く「山上染物店」の布を使った体験コーナーもございます。

是非、お越しください~