FC2ブログ
03 | 2012/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

アースデイ東京2012への出展準備が完了!

2012.04.18 20:47|「共存の森」活動報告
みなさん、こんばんは。共存の森広報マン・ヨシカワです。

今夜共存の森ネットワーク事務所では、共存の森・関東チームと、共存の森・北陸チームが打ち合わせを行っています。

そうなんです、いよいよ今週末に開催されます「アースデイ東京2012」へ共存の森・関東と北陸が合同で出展するため、今夜その準備がクライマックスを迎えています!

打ち合わせをする関東メンバー
↑最終打ち合わせ中の共存の森・関東メンバー

ブースの準備をする北陸メンバー
↑ブースの準備をする共存の森・北陸メンバー

そしてお待たせいたしました!当日の共存の森の出展内容がわかってきましたので、ブログを読まれているみなさまへ、どこよりも早くお伝えいたします! とってもすてきな内容になっています!

米袋
↑まずはこの布!

当日は共存の森・北陸メンバーが活動フィールドである新潟県村上市高根地区の棚田で丹精込めて作った「高級ブランド新潟県岩船産コシヒカリ」を販売しますが、誰もが「うまい!」とうなる棚田米の味もさることながら、注目すべきはこの写真に写っている布です! 

きれいですよね、この布。実はこれは村上市の草木染名人山上さんが作成した、高根のこしひかりの稲わらと高根の杉を使って染めた「よろず布」なんです。この日のために北陸チームのために特別に作ってくださいました!

当日は棚田のお米がこの布にくるまれて3合800円で販売されます。そしてこの布は、写真(右)に写っている共存の森・北陸リーダー工藤君が日帰りで今日村上市に行き、さきほど事務所に持って帰ってきたばかりの魂の入った布なんです。これまで工藤君はずっとこの出展に備えて山上名人と話を重ねてきていましたよね。バイトをしてお金を貯めて、そのバイト代をすべて交通費につぎ込み、何度も村上へ足を運び、今回山上名人特製のよろず布をみなさまへお渡しできることになりました。その気持ちを当日はぜひ感じていただけましたらと思います。お楽しみに!

桐山さんの炭ネックレス
↑続いては、この炭アクセサリー

みなさん、これは炭のアクセサリーなんですよ。とてもCOOLですよね。この炭のアクセサリーは共存の森ネットワークの事業である「なりわい創造塾」の講師でもある群馬県片品村の桐山三智子さん(片品生活塾主宰)特製の炭アクセサリーなんです。

実物を見ていただくとわかりますが、一度手のひらに載せるとその魅力に引き込まれます。当日は1,000円~1,800円で販売されるとのことです。なかなか炭のアクセサリーは手に入れることができません。この貴重な入手の機会をお見逃しなく!今週末の2日間のみとなります!

体験コーナーはうちわと袋!
↑そして、ワークショップコーナーのうちわと米袋(米バック→マイバック)

当日ブースでは、山上名人の染物を活用したうちわ制作とマイバック制作が体験できるワークショップがあります。山上名人のお店で作品の制作中に出る捨て布と、使われなくなった米袋を再活用し、「米袋(マイバック)」とおしゃれな「うちわ」へと生まれ変わりました。なんということでしょう!とても素敵に生まれ変わりましたよね。このワークショップも見逃せません!

いよいよ今週末に迫った「アースデイ東京2012」。写真に写っている共存の森メンバーの愛が詰まった共存の森ブースへ、みなさんぜひお越しください!
スポンサーサイト