07 | 2012/08 | 09
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

第11回聞き書き甲子園研修~聞き書きを経験して~

2012.08.27 15:33|聞き書き甲子園
こんにちは、お久しぶりです。事務局インターンの日本女子大学2年有光彩香です。

うだるような暑さが続きますが、8月も残りわずかとなりました。夏休みの思い出は出来ましたでしょうか?

思い出と言えば・・・
「第11回聞き書き甲子園」研修会が高尾の森ワクワクビレッジで8月11日~8月14日開催されました。

IMG_3812縮小

「聞き書き甲子園」とは、森や海、川とともに生きてきた伝統的な暮らしを見つめ直し、そこから持続可能な社会を考えるヒントを得ようという目的のもと、100人の高校生が自然と関わるさまざまな職種の”名人”を訪ね、一対一で「聞き書き」をします。「聞き書き」とは、話し手の言葉を録音し、一字一句書き起こしたのち、一つの文章にまとめる手法です。
今年、「聞き書き甲子園」は11年目に突入しました。

北は北海道から南は沖縄まで、「聞き書き甲子園」11期生である100人の高校生が東京に集合し、研修会を皮切りに「第11回聞き書き甲子園」がスタートしました。
後半で詳しく書きますが、この研修会は11期生の先輩にあたる「聞き書き甲子園」を経験した学生スタッフを中心として運営されています。

IMG_3747縮小版

それでは「第11回聞き書き甲子園」研修会の4日間の様子を伝えて行きたいと思います。

1日目、都庁・都民ホールで行われた開会式では、「聞き書き甲子園」を日ごろから支援してくださっている企業・団体様への感謝状贈呈が行われました。そして、「聞き書き甲子園」一期生の代田七瀬さんによる基調講演や、学生スタッフによる聞き書き甲子園の体験談があり、高校生たちは緊張した面持ちながら、これから自らが経験する「聞き書き甲子園」に思いはせるような様子で聞き入っていました。

研修場所である高尾の森ワクワクビレッジに到着後、立食形式のウェルカムパーティーが行われ、高校生たちはお互いどこの出身か、高校何年生か、などの軽い自己紹介をしあっていました。まだまだ緊張しているような印象も受けましたが、翌日から行われる実習への期待が感じられました。

IMG_3759縮小版

IMG_3803縮小版


2日目は当NPO顧問で作家の塩野米松先生と学生スタッフによる講義で、「聞き書き」とは何かを学びました。それをもとに、実際に聞き書きを体験しました。

IMG_3816縮小版

この研修では、聞き書き甲子園を経験した学生スタッフ(聞き書き甲子園の先輩)を中心に参加高校生がグループを組み、1人の方に聞き書きを行いました。
話し手の方のプロフィールを参考に、グループでインタビュー項目を考え、それを基に、話し手の方にインタビューをしていきます。
インタビューというと一方的に聞きたい情報だけを聞いて、それに対して相手が簡単に答えるということを想像しがちですが、聞き書きのインタビューは人間関係を築いていくインタビューだと学びました。
人間関係を築いていくインタビューが終わると、ICレコーダーから、話し手の方がお話になった事を一字一句もらすことなく、書き起こしていく作業を行いました。そこから第3者が読んでも分かるように、話し手の方の人生を一つのレポートにグループでまとめていきました。朝から夜20時頃まで、「聞き書き」は行われました。レポートが完成すると、各グループ互いを褒め合い拍手し合っていました。

IMG_3823縮小版

IMG_3825縮小版

IMG_3857縮小版

IMG_3858縮小版

IMG_3922縮小版

IMG_4071縮小版

IMG_4065縮小版


一つ、聞き書きを実際に体験し思うことは、「純粋に、素直に人の話を聞くこと」の大切さと難しさです。当たり前のことでしょと思われそうですが・・・
普段の生活の中で「聞く」という行為を振り返ってみると、聞きたい事だけ聞ければOKのアンケート形式のような聞き方で、自己満足していたのかもしれません。
1人の人と「純粋に、素直に向き合うこと」が出来ていなかったのかなと考えさせられました。


3日目は完成させたレポートの講評を塩野先生からいただきました。高校生たちはポイントを押さえようと真剣にメモを取っていました。この実習で学んだ「聞き書き」は、今後それぞれがどのような作品を作っていくのかイメージすることが出来たのではないかと思います。
またこの日は、森を実際に体験するプログラムも行われました。森を体験し、研修所に帰ってくる高校生たちはいい汗をかいており、生き生きした様子でした。
研修最後の夜は、別れを惜しみつつも楽しもうということで、オリエンテーションがあり、大変盛り上がりました!!

IMG_4118縮小版

IMG_4170縮小版

4日目は当NPOの吉野奈保子さんの講義を受け、自然と人の暮らしから、高校生たちがこれからそれぞれ向き合う名人との出会いを想像するきっかけになったのではないでしょうか。

IMG_4184縮小版

IMG_4194縮小


4日間という時間の中で高校生は、不安・期待・悩む・喜ぶ・・・など多くの表情を見せてくれました。それぞれの表情の中で何かを1つ1つ得ていく様子はとても素敵でした。

そんな高校生たちは別れを惜しみつつ、今後の名人との出会い、研修で出会えた仲間の力を感じながら、4日間の研修は幕を閉じました。

IMG_4198縮小

前半でも書いたように、この研修会は、「聞き書き甲子園」を経験した学生スタッフが中心となって運営しています。この4日間の研修が高校生にとって良い学びの機会となったのも、学生スタッフの力があってこそのような気がします。それぞれ色々な事を考え想う学生スタッフの姿は11期生の高校生に大きな力を与えたと思います。

研修会の閉会式で「聞き書き甲子園の研修会は終わった時からが本当にスタートします。」という学生スタッフさんの言葉は強く響きました。この言葉の想い、意味を受けとめながら「聞き書き甲子園」をスタートした高校生の皆さん、頑張ってください!!!

IMG_4200縮小版
スポンサーサイト

森と海・暮らしの復興 大槌町吉里吉里地区ボランティア・ツアー 参加者募集のお知らせ

2012.08.15 16:42|おしらせ
NPO法人共存の森ネットワークでは、岩手県大槌町吉里吉里地区において、ボランティア・ツアーを企画しました。みなさまからのお申込み、お待ちしております。

■定員に達しましたので、お申し込み受付を終了いたしました。たくさんのご応募ありがとうございました。

お申し込みはこちらからどうぞ

岩手県大槌町吉里吉里地区。

井上ひさしの小説「吉里吉里人」の舞台ともなった当地区は、三陸海岸の豊かな自然に恵まれ、ワカメや牡蠣、ホタテの養殖などが盛んに行われてきました。東日本大震災による津波は、当地区にも甚大な被害をもたらしましたが、その直後に住民は一致団結し、災害対策本部を設置。道路のがれきを自ら撤去し、避難所では女性たちが炊き出しを行うなど、コミュニティの強い結束した姿は、まさに「吉里吉里人」の自主自立の精神を彷彿とさせる光景でした。

「吉里吉里は隣近所もみんな親戚みたいなもの」
「自分たちのことは自分たちでやる」
「やっぱり漁師は元気ないとね」

そんな吉里吉里の地で学ぶことはいっぱいあります。
ぜひあなたも、「吉里吉里人」に会いにいきませんか。
一緒にボランティア活動し、汗を流しながら、地域の未来を語り合いましょう。

■日時:2012年9月28日(金・夜)~30日(日)

■参加費:※宿泊先によって異なります(お部屋は相部屋となります)
【1】民宿 8,000円(定員60名 夕食・朝食付)
【2】浪板地区交流センター 5,000円(定員20名 布団あり 参加者で協力しながら自炊)
【3】大槌町きらりベース 3,000円(定員30名 被災され廃校となったボランティア施設のため宿泊料は徴収しません。そのため、寝袋持参、トイレ・電気の利用が一部不整備です。食事は復興食堂にて提供予定。風呂は外部で利用するため別途料金がかかります。)

企画: NPO法人共存の森ネットワーク

旅行主催: 神田交通(株)神田ツーリスト
協力:かながわ東日本大震災ボランティアステーション、NPO法人遠野まごころネット

特別支援: 株式会社ファミリーマート

■スケジュール
9月28日(金)
バスで移動
(21:00横浜発→22:00東京駅経由→岩手県大槌町)

9月29日(土)
8:00 大槌町吉里吉里地区公民館到着
9:00 オリエンテーション
10:00 吉里吉里ミニツアー開催(オリジナルマップを片手に町内を散策)
昼食
13:00 地区の皆さんとボランティア活動(町内会の掲示板設置、草刈り、花壇作り等)
夕食
19:30 聞こう、語ろう「震災の記憶」(地区の方にお話を伺います)
就寝

9月30日(日)
9:00 復興朝市開催(伝統芸能の披露の他、地区の海産物等を販売します)
11:00 バスで移動(昼食はお弁当を配布します)
解散(21:00頃東京駅、22:00頃横浜駅)

■お問い合わせ
NPO法人共存の森ネットワーク 
メール: mori@kyouzon.org
〒154-0004東京都世田谷区太子堂5-15-3 R-rooms三軒茶屋1-A
TEL: 03-6450-9563 FAX: 03-6450-9583

■申し込み締切
※定員になりましたので、締め切らせていただきました。たくさんのご応募ありがとうございました。

※参加者は必ず近隣の社会福祉協議会で、平成24年度ボランティア活動保険(天災タイプ)にご加入下さい。
※前泊を希望される方は、ボランティア向けの無料宿泊施設をご紹介できます。詳細は、かながわ東日本大震災ボランティアステーション(TEL: 045-312-1121 内線4141)にお問い合わせください。

■ボランティアツアーチラシはこちらからご覧いただけます。(下記リンクをクリック)
https://www.mmjp.or.jp/ssl.kyouzon.org/kirikiri.pdf