04 | 2013/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

本日より「認定NPO法人」になりました

2013.05.30 21:31|事務局日誌
事務局芳川です。
今日は大きなニュースをお伝えいたします。NPO法人共存の森ネットワークは、本日より「認定NPO法人」になりました!

かねてより当NPOは「認定NPO法人」になるために準備を進めて参りましたが、晴れて本日東京都より通知を頂きました!

これにより、本日以降当NPOへご寄附をして下さった方は、税金の優遇を受けることができます。

■個人の方が当NPOに寄附をした場合
→「寄附金控除」を受けることができます。
(確定申告をすることで、税金の還付を受けることができます)

■法人が当NPOへ寄附をした場合
→損金に算入できる金額が拡大されます。
(一般のNPO法人への寄附と比べ、経費として扱える寄附金の限度額が高くなります)

■相続人が当NPOに相続財産を寄附した場合
→寄附をした相続財産は相続税が非課税になります。

このように当NPOへ寄附をした場合、減税につながりますので、当NPOへのご寄附について、ご検討頂けましたら幸いです。

「聞き書き甲子園」や「共存の森」活動を応援したい方、頂いたご寄附は「聞き書き甲子園」や「共存の森」活動をより広げるために、100%使用いたします。

今後とも「認定特定非営利活動法人(認定NPO法人)」共存の森ネットワークをよろしくお願い申し上げます。

認定NPO通知書
スポンサーサイト

ホームページリニューアルのお知らせ

2013.05.27 13:27|事務局日誌
事務局芳川です。

当NPOのホームページがリニューアルされました!みなさまもうご覧いただけましたでしょうか?新しい機能やページが盛りだくさんです。ぜひのぞいてみてください!

ここまで来るまでいろいろなことがありましたが、すべて無償で、週末や深夜に関わらず、お持ちのプロフェッショナルなスキルをご提供くださりリニューアルにご尽力いただきました、サービスグラントの皆様に、心より御礼申し上げます。本当にありがとうございました!

■サービスグラント/2012年度第2期/共存の森ネットワークチームのみなさん

アカウントディレクター 山田孝雄さん
プロジェクトマネジャー 佐藤信さん
マーケッター      塚田聡さん
マーケッター      岩田理英さん
情報アーキテクト    大澤美千子さん
コピーライター     新垣奈都子さん
ウェブデザイナー    高橋佳応里さん
マークアップエンジニア 土井祐司さん

リニューアルされたホームページはこちらからどうぞ。
http://www.kyouzon.org/

【共存の森・関東2013】 4月20日・21日活動報告

2013.05.14 16:46|「共存の森」活動報告
こんにちは。関東チームメンバーの峯川大です!!
この春から大学2年になりました。早いですね。自分が一番びっくりしています(笑)

さて、共存の森・関東チームの2013年度がスタートしました!!

4月に入ってからはほぼ毎週メンバーで集まって定例会を行ってきましたが、先日、今年度最初となる4月のフィールド活動が行われました!

今回も、名カメラマンが撮影した極上の(笑)写真と共に活動の様子を振り返ります!!

個人的に好きな1枚
↑個人的に好きな一枚です(笑)カメラマンさんはさすがですね。

【1日目】2013年4月20日(土)

朝7:30、経堂駅前にある共存の森ネットワーク事務局集合。
若干ドタバタしながらも、荷物を車へ積み込み、いざ出発!

アクアラインを通り、房総半島へと走っていきます。
・・・この時の車窓からの眺めが、関東地区が自慢できることの一つじゃないかな、と私は最近思います。

アクアラインから見える、見渡す限りの海。
上を見上げれば、飛行機が飛んでいます。

そんな風景を満喫していると、海の青から木々の緑へと、車窓の風景が一気に変わります。

どちらの風景も、本当にきれいなんですよね。
私は大好きです。

さて、その後の道中で買い出しを行いました。

スーパーにて夕食の食材などを買うところまでは、いつも通りです。

しかし、今回はホームセンターにも立ち寄りました。
そこでは、クギと杭、すずらんテープなどを買いました。

・・・これらの資材は、2日目に使うこととなる(!?)のです・・・。

買い出しを済ませ、最初の目的地・山小川青年館に到着した時には、既にお昼の時間になっていました。

青年館は、私達が活動でお世話になっている山小川(やまこがわ)地区の、集会所のような建物です。

二日間のフィールド活動全体の流れを全員で確認した後、お昼を食べて、再び車に乗り込みました。


■■ フィールド活動メニュー① 山小川地区の散策 ■■

・・・そうです。全員で、山小川地区の主要スポットを巡る散策へ出かけたのです。

山小川地区の散策
↑これから出発しようとしているメンバー達。
何やら井本リーダーが峯川へ(必死そうに)話しかけてますね

私達がいつもお世話になっている、山小川の炭焼き名人・古関さんの炭窯や
山小川の炭焼き名人・古関さんの炭窯

茶色がかった不思議な水が湧き出ている、地区内にある通称「茶水」、
湧水にさわるのんちゃん

さらに、4月27日に開設される圏央道 市原鶴舞インターチェンジと、4月1日に利用が開始されたばかりの市原鶴舞バスターミナルなどを見学に行きました。
市原鶴舞バスターミナルなどを見学

古関さんの炭窯では私達は、2011年度に古関さんに一から教えて頂きながら実際に炭焼きを行いました。
★当時のブログはコチラ→
http://kyouzon.blog114.fc2.com/blog-entry-188.html
http://kyouzon.blog114.fc2.com/blog-entry-201.html

また、市原鶴舞インターは、山小川地区の目と鼻の先に出来るインターです。そして、インター開設に伴い、高速バス・路線バスが通る市原鶴舞バスターミナルがインターの目の前に設置されたわけです。

この二つの施設は、今後の山小川地区を考えるうえで外すことの出来ない、重要な施設になることが予想されます。

★市原鶴舞バスターミナル 公式HP(市原市)
http://www.city.ichihara.chiba.jp/ichiharatsurumaibt/gallery.html

炭窯周辺の田んぼに設置された電気柵に向かってこんなことをしてみたり
電柵に触る峯川アナ
↑結局触れませんでした(笑)

真新しいバスターミナルに初潜入し、子供のように「スゲー」と連呼していたり・・・
スゲー!

散策は、いつにも増して和やかな雰囲気でした!

1時間ちょっとの散策から戻り、青年館に着くと・・・

■■ フィールド活動メニュー② 山小川の皆さんへ、2013年度の活動についての説明 ■■

・・・はい、そうなんです。
いつもお世話になっている山小川の皆さんへ、私達が今年どんな活動を行うのか説明をする会を設けました。

関東チーム・学生リーダーの井本くん(大学3年)をはじめ、まずはメンバーが自己紹介!
メンバー自己紹介

井本リーダーが、回を重ねるごとに発表が上手になっているので、ただただビックリするばかりです・・・。
発表する井本リーダー

その後は、地域の皆さんとの交流会が催されました。

地元のお母さま方が持ち寄って下さった極上の料理と、学生が頑張って作ったカレー。
極上の料理!

懇親会が始まります!
↑学生の緊張も、いつの間にか解れていきます

そして、渇いたのどと疲れた体にグビッといれたくなる、様々な飲み物・・・(笑)
さまざまな飲み物!
↑せっかくですから、楽しくいきましょう(笑)

地域の方ともたくさんお話しすることが出来て、とても楽しいひと時を過ごすことが出来ました!!
地域の皆さん、いつも本当にありがとうございます!!

熱いお話に感動!
↑来るたびに本当に勉強になります!熱いお話ばかりです!

その後、宿泊場所であるキャンプ場へ移動し、日付が変わるくらいまでメンバー同士で楽しく、時にマジメに話していました!

【2日目】2013年4月21日(日)

慣れないキャンプ場で迎える朝。
(今回はいつも利用させて頂いている「セミナーハウス」が使えなかったので、キャンプ場に宿泊させて頂きました)

出かける準備の際にドタバタしてしまい、出発予定時間を数十分過ぎてしまってからの出発でした。
・・・慣れていないからでしょうか。←言い訳(笑)

全員で車に乗り込み、まずは、産直会へ向かいます。
産直会へ

地元の方がやっている産直会。
新しくバスターミナルが出来たということで、場所がバスターミナルへと変更になっていました!
産直会会場

あいにくの天気で、しかも高速バスもまだ就航していなかったので、写真のように寂しい産直会でしたが・・・

こんな光景を見るのも、今回が最後でしょう。
これからは、バスのお客さんでにぎわっているはずです!!

各自が様々なものを買ってから、車で「鶴舞創造の森」へ向かいます。

■■ フィールド活動メニュー③ 鶴舞創造の森で、植樹地の看板補修 ■■

はい。そうなんです。看板の補修作業を行いました。

大事な準備体操!
↑その前に、大事な準備体操!

私達「共存の森」の活動が始まった時、鶴舞創造の森で先輩方が植樹を行いました。

植樹した場所には、植樹をした旨が書かれた看板が立てられているのですが、看板が設置されてから・・・9年ほど経つのでしょうか?

木でできた看板の支柱は朽ちてしまい、看板が倒れてしまっていました。
私達の活動の原点ともいえる、大事な看板です。

・・・ここで、冒頭で言っていた、ホームセンターで買い出しした資材が使われることになるんです。

ですが、この時は雨が降っていて足元も悪く、作業は出来ないとの判断から、ロープでくくりつけておく程度の簡単な補修作業を行いました。

補修作業中
↑補修作業中。看板も、支柱以外はしっかりしていました!

■■ フィールド活動メニュー④ 鶴舞創造の森で、展望台の現状視察 ■■

今回のフィールド活動の最後の目的、それは、鶴舞創造の森の中にある「展望台」の現状を確認すること。

鶴舞創造の森の中を歩き、しばらく登っていくと現れる、高くなっている部分を「展望台」と私達は呼んでいます。

かつては見晴らしがよく、まさに展望台と呼ぶにふさわしい場所だったそうです。

・・・しかし、現在は木々が成長し当時のような見晴らしはなくなってしまいました。

そこで、今年・2013年度は展望台の見晴らしを復活させることを目指し、活動を行う予定です。

その第一歩として、今回のフィールド活動では展望台の現状を確認したわけです。

結果は・・・予想通りに木が生い茂っていました。。。

展望台の現状
↑写真ではわからないですが、実際には木の隙間からかすかに周りの山が見えました

ただ、予想以上に斜面が急であること、切った木はどうするのか、どの部分の木を切るのか・・・など、実際に行ってみないとわからなかったことも多かったので、とても意味のある視察になったと思います!

グリーンセイバーさんから学ぶ僕ら
↑ここでもまた、グリーンセイバーさんに様々なことを教えて頂きました。

見晴らしがよくなった展望台が、今からとても楽しみです!
(紅葉とかきれいなのかなぁ・・・とか考えちゃいます(笑))

その後、やはり雨は降り続いていたので、鶴舞創造の森での作業はこれにて終了・・・

・・・というわけで、みんなで市内の温泉施設に行きました!

いやーーいいですね。また行きたいです。
「毎回行きませんか?」と今度提案してみようと思います(笑)

そして、経堂の事務局へ戻ってきて、この日は解散となりました!

4月の活動報告は以上です!

ながーーーくなりましたが、最後まで読んでいただきありがとうございました!

さて、最後に、関東チームからのお知らせです・

◆◆ 学生メンバー募集!!! ◆◆

6月のフィールド活動の参加者を募集しています!!

【6月のフィールド活動内容(予定)】
(6月22(土)~23日(日))

★鶴舞創造の森・・・草刈り!!

★山小川・・・地域の方と一緒に山小川を歩き、様々なことを教えて頂きます!

興味のある方は、こちらへメールお願い致します!
→mori★kyouzon.org (★を@に変えて送ってください!)

◆◆ つぶやいています!!! ◆◆

関東チームでは、ツイッターをはじめました!
現在は、私峯川がつぶやいていますが、これからは様々なメンバーがつぶやいていきます!

ぜひチェック、ならびにフォローお願いします!!
https://twitter.com/KYOZON_kanto

Twitterのご案内


では、次回・5月の活動報告ブログもお楽しみに!!!

共存の森・関東チームメンバー 峯川

【共存の森・北陸2013】アースデイ出展&新メンバー募集!!

2013.05.02 10:00|「共存の森」活動報告
こんにちは。北陸メンバーの有光彩香です。
新潟県村上市高根集落で活動している北陸チームは、4月20日と21日の2日間「アースデイ東京2013」のイベントにブース出展してきました!

ブースでお米販売するメンバー
ブースでお米販売&木のワークショップをするメンバー

今回は、棚田のお米の販売と、木を用いた糸かけのワークショップを開催!

ワークショップに参加する子どもたち
真剣です!笑

お米販売の宣伝マン
お米販売の宣伝マン!

学生の宣伝する声と想いが伝わったのか、用意した70コの棚田のお米は完売!木のワークショップも30名以上の方にご参加いただき、大盛況となりました!!

今回のアースデイのイベントは普段、新潟県村上市高根集落に通う都市部の学生が、高根で受け取った良いものα学生がアイディアなどを加えて出展しました。



高根の棚田米学生のパッケージデザイン

棚田米
高根のおいしい水で育てられた棚田米

高根集落で丹精込めて作られた棚田米に、高根に通う学生が高根をイメージしつくったデザインパッケージをプラスし販売しました!

棚田米

このパッケージにデザインされた”まる”には3つのものが込められています。
一つ目は“ヒマワリ”。
天蓋高原に咲くヒマワリをイメージしています。

二つ目は“太陽”。
高根の暮らしの軸にある“棚田”の存在はいわば“太陽”のようなシンボル的なものです。

三つ目は、“”。
田植えシーズン到来を感じさせます。

こうして、高根のおいしさが詰まっているお米と学生のデザインが一つとなり、双方の良さと思いを込めたお米は完売!
「高根知ってるー!」と言って買ってくださる方も、「パッケージがかわいい!」と言って買ってくださる方もいました!
買ってくださった方々がおいしいと言って食べていることを想像します。


高根の木色とりどりの糸

どんなものができるのか…
何ができるのかドキドキ

木のワークショップで用いた木は、高根の方から頂いたものです。
この木に色とりどりの糸をプラスし、学生が提案した糸かけのワークショップを開催しました。

本格的に取り組んでます!
本格的に取り組んでます!

真剣ムード
真剣ムード

ワークショップでは、自分の気に入った木を選んでもらいました。
そこへ自分の好きな色の糸を4種類選び、木と組み合わせ、オリジナルの糸かけを作成。
木に触れることと、自分の感性で好きなものへと形にすることの楽しさを感じてもらうワークショップとなりました!

姉弟の個性が出ました!
姉弟の個性が出ました!

かわいいものが完成☆
かわいいものが完成☆

メンバーも大喜び!
メンバーも大喜び!

お気に入りborder=
お気に入り

オリジナル
オリジナル

完成したものに喜ぶ子どもの笑顔にはメンバー全員イチコロ^^!!
高根の方から頂いた木に学生のアイディアをプラスし、参加してくれた方の感性をプラスすると“笑顔”が生まれました!


高根の彩り写真ヒント

ブース全体のつくりは、3月に日本橋で行われたイベント(http://kyouzon.blog114.fc2.com/blog-date-20130312.html)も踏まえ、「色」をヒントに高根の「彩り」ある暮らしを知ってもらうことに。前回同様写真を使いました!

写真
彩り写真

日本橋での反省を活かし、見てもらえる写真展示をと思ってましたが…今回もなかなかじっくりと見てもらうことは難しかったです。課題になりそうです;
ただ、写真展示のレイアウトはとあるヒントを得て2日目変えてみたところ、お客さんの方から「いいね~」と言ってもらえました。

とあるヒントとはアースデイに出展していた他の団体さんのレイアウトから得たものです!

こうして互いに良いものを提供していく形はいいなーと思いました。
ちょっと見方を変えるだけでも、注目してもらえるという経験をすることができました!

他の団体に触発されることもあり「アースデイ東京2013」への出展は今後のイベントに活かせる機会をつかめたと思います。


高根の人学生受け取る人

今回、アースデイへイベント出展するに当たり、学生がパッケージのデザインやワークショップのアイディアなどを提案し主体性を持って取り組みました。
こうして学生が主体性を持って活動できるのは、今まで築かれてきた高根の方々との関わり、活動を大切にしてくれる人がいるからこそできること。本当に感謝です!

高根集落の方々と都市に住む学生の互いに持っている良さを引き出しながら活動していきたいです。

またこうした2つの合わさったものに何らかの魅力や面白さを感じ、受け取ってくれる人(WS参加してくれた方やお米を購入していただいた方など)が合わさり一つになると、笑顔がうまれました!


 新メンバー募集 

●集落の人・企業の人・学生と仲良くなりたい!
●食、自然に関心があります!
●イベントの企画・運営がしたい!
●NPOに興味がある、情報発信したい!
などなど、一緒に活動していく心意気を持った学生さんを募集しています!!

5月の棚田での田植えをしたい方、5月6日まで募集中です!
興味関心がある方はhokuriku.kyouzon@gmail.comまで♪♪