FC2ブログ
06 | 2013/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・関東2013】 6月22日・23日活動報告

2013.07.25 17:44|「共存の森」活動報告
こんにちは。
先月6月22~23日に行われた関東チーム活動報告の1日目を担当いたします、関東チームリーダーの井本大貴(大学3年)です。

6月の活動では、関東チームの今年度の活動のテーマでもある山小川の「宝もの」探しの、第1回目が行われました。

「宝もの」探しとは、具体的には、山小川の皆様と一緒になって、地図を片手に地域を歩き、そこで発見したもの、感じたことなどを地図に落とし込んでいく手順を指しています。(地元学と呼ばれる手法です)

関東チームが山小川と関わり始めたのは2007年の炭焼き体験がきっかけでした。それからの6年間、毎回多くのことを山小川から教えていただき、学生メンバーも、「もっと山小川のことを知りたい!山小川に受け入れてもらいたい!」との思いを強くしてきました。

今では山小川との関わり方も変化してきて、学生が来ることを楽しみにしてくださるという声も聞けるようになりました。2013年度の活動は、宝もの探しを通じて、これから大事にしていきたい山小川の「宝もの」とは何なのかを、山小川とメンバーとで探していきたい。そして、その記録をしっかりと地図にまとめることを目標に、活動をしていきます。(宝もの探しは、9月、10月と続きます)

今回は、そんな「宝もの」探しの第1回目。
「田んぼと、水の流れ」をテーマに、山小川を歩いていきます。

鮮やかな緑が光るこの地域こそが、「宝もの」探しの舞台です。
DSC_0009.jpg

青年館に到着後、改めて活動の目的をみんなで共有します。その後、地図を見ながらルートを探っていきます。

DSC_0011.jpg

時間が過ぎるのはあっという間。いよいよ宝もの探しのスタートです。

DSC_0024.jpg

自分にとっては、ある意味何回も見た景色ではあるのですが、「何かあるだろうか」と、そわそわです。反面、初めてのメンバーにとっては、新たな発見の連続のようです。当初心配していた、地元の方との会話も、スムーズです。

DSC_0026.jpg

このポンプで、10町歩もの水源をまかなっていることがわかりました。

DSC_0065.jpg

堰の掃除をその場で行ってしまう俊男さん、流石です!

DSC_0102.jpg

叩いて音を鳴らします。

DSC_0112.jpg

地元の子どもに遭遇。
このときは、いつもお世話になっている古関さんも、破顔一笑でした。

DSC_0117.jpg

プラムの実をいただきました。
晴れていて暑い日でしたが、だからこその笑顔なのでしょうかね。ああ美味しかった。

およそ2時間の「宝もの」探しを終えた後は、青年館に戻り、その場で用意してきた白地図にまとめていきます。同じ時刻、横の台所では交流会の準備が行われています。内容はバーベキュー。横へと意識が行くのを我慢しつつ、みんなで、今日見てきたものを振り返ります。

交流会の前には必ず、集まってくれた地元の方々の前で、その日の活動の内容や発見を発表します。

DSC_0127.jpg

皆様の前での発表の時。新メンバーも、発表は慣れたもの?

DSC_0132.jpg

今回も、多くの方々にお集まりいただきました。

その後は、楽しい交流会のスタートです。
野外での食事は、何といっても風が気持ちいい。
地元のお母様方とご一緒した時には、「ここ、いつもこの時間になると飛行機が通るのよね」なんて、自分にとっての新たな発見?もありました。

みんなが思い思いにお話を楽しみ、すっかり夜も遅くなったところで交流会も終了。
余った食材を大量のやきそばに変えて、宿泊場所である鶴舞のセミナーハウスへの帰路についた一行でした。

――――

井本リーダーからブログのバトンを受け取りました、関東メンバーの峯川(大学2年)です!6月のフィールド活動報告、2日目は私峯川がお届けいたします!!

2日目は、山小川地区のすぐ近くにある県有林「鶴舞創造の森」にて里山の整備活動を行いました!

まず初めに、森の中にある東屋にて、全員で本日の流れの確認をしてから・・・

DSC_0140_20130725173011.jpg

「植樹地の草刈り・樹木調査班」と「通路の草刈り班」の2班に分かれて作業を行いました!!

DSC_0152.jpg
↑写真・半年ぶりに森に来た喜びを、体を張って表現するとこちゃん
微笑ましい限りです・笑

今回は、「植樹地の草刈り・樹木調査班」の様子をご紹介★

峯川アナのお気に入り写真
↑植樹地にて。あまりの草の生え方に呆然と立ちつくしている、わたみ。
峯川的に一番好きな写真です(笑)

斜面での植樹地
↑植樹地は(けっこうな)斜面なので、安全に気を付けながら草刈りを行いました。

地道に
↑地道に少しずつ・・・

草刈り完了後
↑草刈り完了後。わたみの晴れ晴れとした顔の写真がないのが残念ですね。笑

という具合に、無事に草刈りが完了しました!

お昼休憩を挟んでの作業でしたので、3時間以上もかかりました。
この日はとても暑く、しかも蒸し暑い日でしたので、草刈りはかなりハードでした。。。

ちなみに、草刈り以外にもこんなことを・・・。

グリーンセーバーから教わる
↑木の切り方を、グリーンセイバーの方から教えて頂きました。

実際に切りました
↑実際に切りました。これも大事な整備活動です。

その後は、植樹地の調査を行いました。

今回行った調査とは・・・
植樹地に植樹した木がどれくらい残っているのか、ということです。

植樹を行ったのは、「共存の森」の活動が始まった2004年。その後、下草刈りを行うなど定期的に手入れはしてきました。しかし、今回のような調査をしたことは私の知る限りここ数年はなかったと思います。

立派に育つ
↑調査の様子。立派に育っていました!

調査結果は、非常に寂しいものとなってしまいました。
調査結果について、後日しっかりと話し合う必要がありそうです。

そして、作業後は全員で、カマなどの道具の手入れを行ってから

DSC_0174.jpg
↑自分で使ったものは、砥石を使って自分で砥ぎます!

写真を撮って、終了です。

DSC_0191_20130725173016.jpg
↑今回は普段よりも人数が多くて、作業が非常にはかどりました!

以上です!!!

◆◆ 学生メンバー大募集中!!! ◆◆
認定NPO法人共存の森ネットワーク・関東チームでは、高校生・大学生メンバーを大募集しています!(^^)

【説明会】
随時実施中!関東チームの(アツい!!!)大学生メンバーが対応させて頂きます!

【ミーティング】
隔週木曜日19時~、小田急線・経堂駅前にある当NPO事務局にて行っています!(新宿から約15分!)
※最近は、ミーティング後に社会人の先輩方と一緒に食事に行っています♪

【次回フィールド活動】
次に千葉・市原のフィールドへ行くのは9月になります!参加者募集中です!下記メールアドレスへご連絡ください!(その後は10、11、12月と年末まで毎月行く予定です!)

【連絡先】
迷っているだけもったいない!(笑)今すぐこちらへメールお願い致します!
→mori★kyouzon.org (★を@に変えて送ってください!)

【公式HP】
認定NPO法人 共存の森ネットワーク公式HP
関東チームのページはコチラ→http://www.kyouzon.org/case/area/kanto/
(チラシもこちらからダウンロードできます!)

【ツイッター】
フィールド活動のオフショットなどをつぶやき中!
https://twitter.com/KYOZON_kanto
(主に峯川がつぶやき中!)

では、また9月の活動報告ブログでお会い致しましょう!!!
\(^o^)/

共存の森・関東チームメンバー 井本・峯川
スポンサーサイト