04 | 2014/05 | 06
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

第12回聞き書き甲子園フォーラム 公式レポート!

2014.05.14 11:11|聞き書き甲子園
こんにちは。 
「聞き書き甲子園」学生スタッフの川上(第9回聞き書き甲子園卒業生)です!

2014年3月8~9日に東京で行われた、第12回聞き書き甲子園フォーラムの内容を紹介していきます!

今年のフォーラムには、コミュニティデザイナーとして有名な
山崎亮 さんにもゲストとしてお越しいただきました!


12thfo-ramu.jpg
→フォーラムのパンフレットはこちらから閲覧・ダウンロードできます!


■■■■■1日目(3月8日(土))■■■■■

「第12回・聞き書き甲子園」のフォーラムの第一部、成果報告会は東京都江戸東京博物館で行いました。
例年通り、全国各地のさまざまな名人を訪ね聞き書きを行った高校生が集いました。

フォーラム入り口

始まる前の会場


高校生はみんな夏以来の再会で嬉しそうです。

e424f2a3d0a786a329b19ff840a6600f01a4c939std.jpg


まず主催者代表挨拶から始まりまして・・

あいさつ


そして優秀作品賞の発表があり…

高校生授与


続いて聞き書きの体験や出会いを通じて感じたことを二組の高校生と名人に話してもらいました。
聞き手は理事・事務局長の吉野さんと我ら聞き書き運営スタッフリーダー峯川くんに対談という形式でやりました。

対談



高校生もフォーラムに来場してくださった方々も楽しんでくださいました。

そして次は卒業生スタッフによる企画です!

455d643416b2630ddfceefb7ae34e6702eb652aastd.jpg


この企画は第12期生の聞き書きをした高校生が「心に残る名人のことば」をアンケートを行いまとめて映像に流し紹介しました。
司会は今年度高校卒業の町田彩夏さんと吉田龍馬くんです。


>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>>


第一部の成果報告会が終わり、夜にはオリンピックセンターに移動。

高校生たちに聞き書きの経験を基に1人1人が『私のこれからの生き方について』を題材にワークショップを行いました。


12年目を迎えましたが聞き書き甲子園というものは未だに世間では目立たない活動です。
しかし、日本の第一次産業の各分野を確実に支えてきた名人たちに焦点をおいています。

高校生たちは、聞き書きをすることで名人の技術や知識以外にも様々なものを得ます。

その中で「言葉の裏の思いを聞きとる!!」ということも良さの1つだと思います。
塩野先生が高校生に教えてくれた「名人の人生を聞き書きする」みたいなものですね。

通常のグループ型ワークショップだと発言力が強い人や言葉のうまい人がいて、せっかく良い意見をもっていても出せない人や遠慮する人もいます。

それって、もったいなくありませんか?

そこで今回なるべく聞き書きを意識して一対一で誰でも自由に話せるよう設け聞き書きの良さを所々工夫し絡めたワークショップをしました。

↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓*ぜひご覧ください*↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓



まず同じ興味や関心や将来希望の職業で高校生とスタッフで班に分かれてもらい…

eab0c380c592e5323891662b37e769be4feedc03std.jpg


グループ内で2人ペアを作ってもらい互いに質問しあい相手から聞いたものを自分のシートに埋めました。

21014eb2f34e6b9f3efb00af60fd3ba6f00247f0std.jpg

f171a13c5bbaab11619f84a97a8e202821ed7b56std.jpg


そしてグループに対して先ほど組んだペアの人を紹介してもらいました。いわゆる他己紹介ですね!



その後、高校生に三年後には達成したいこと!を宣言シートに書いてもらいグループで発表をして他己紹介カードと共にワークボードに貼りました。

63ee9b241511a839b7e90dc4815556c094407d83std.jpg

5e5690d51e4b5f6f33c30afa3321e6c16efd8154std.jpg

846dedfb78cad50f853aa3c1945f0bdb416d3285std.jpg


最後に出来たものを各班で紹介する人と周る人に分かれて興味関心ごとの違うグループで話し合いました。

3a45d37065d676b49cda67e13468e765b8b1dfbfstd.jpg

0b6af237f4c7501ccf709f6d6ec31378b294f500std.jpg

8067abe78c6114795d9aff7884075ba862e1beebstd.jpg



今までだとほんの一部を除いて聞き書き甲子園で作った仲間はフォーラムを終えて、全国各地で遠くてもう会えないという状態が続いてきました。
せっかく聞き書き甲子園という普通ではあまりない出来ない体験で作った仲間が離れ離れになってしまうのは、もったいないと感じてきました。

そこで今回このワークショップで高校生に興味関心の近い仲間を見つけてもらったり、違う分野に興味関心のある人を見て新鮮に感じてもらう!ということを目的の1つのコンセプトにしてみました。
その主な理由の可能性が低いですが、これをきっかけに高校生たちが動ける年になって地域や社会に向けて一緒に貢献する活動をするような・・・

繋がりをこれからも続けて作ってほしい!

という思いを込め学生スタッフたちで企画をして実行しました。
いつになるかわかりませんが実際に近い将来実行出来たら嬉しいですね!!






■■■■■2日目(3月9日)■■■■■


2日目の午前中は、お台場にあるタイム24ビルにてシンポジウムが行われました!
今回のシンポジウムは一般の来場者の方も一緒でした!


今回のシンポジウムのゲストは・・・

コミュニティデザイナー
山崎亮さん です!
yamazaki]


「聞き書き甲子園」に参加し、名人の話を聞いたり、実際に地域を歩いたり、技を体験したり・・・
そんな経験を積んだ高校生たち。

山崎亮さんは、地域の方と話し合い、様々な方法で日本中の農山漁村の課題を解決してきている方です。

「人の話を聞く」ということに重点を置いて活動している山崎さんのお話は、きっと高校生たちにも響いたことでしょう。

山崎さんのユーモアあふれるお話は、私たち学生スタッフも聞いていて時折微笑んでしまうほどでした。

1796535_564235080339314_538596105_n_20141231001057d2c.jpg

会場の中には、昨日のワークショップで高校生が作成した将来の夢に関してまとめたパネルも展示しました!



>>>>>>>>>>>>>>>

「聞き書き甲子園」に対し特別支援を頂いているファミリーマート様から提供いただいたお弁当を皆でおいしく食べたあとは・・・


聞き書き甲子園フォーラムでの恒例となっている、海の森での植樹と海の森の散策が行われました!

※海の森の説明はこちら!

無題
↑植樹の様子!
ここで植えた木々は、2020年の東京オリンピックの会場として「海の森」が活用されるときには大きくなっていることでしょう!

hhh.jpg
↑散策の様子!
森に関する専門家「グリーンセイバー」の方に案内されながら高校生は散策を行いました!


jjj_2014123100180097e.jpg
聞き書き甲子園に協賛して頂いている富士フイルム様からの提供で、「チェキ」を使って写真を撮りながら植樹を行いました!
撮った写真を大事そうに持ち帰っている高校生の姿があちこちで見られたのが印象的でした!


植樹が終わった後は、みんなで最後の記念撮影!

ggf.jpg



こうして、今年の聞き書き甲子園フォーラムは無事に終了し、

高校生たちは、思い出と一緒に、何か新たな気付きや学び、目標を胸に全国各地へと帰っていったのでした・・・

スポンサーサイト

第13回聞き書き甲子園 参加高校生募集スタート!

2014.05.09 21:38|聞き書き甲子園
13かい3


聞き書き甲子園学生スタッフの大黒朱梨です!

本日5月9日、
ついに第13回聞き書き甲子園参加高校生の募集が開始となりました!!




これまで12年間、様々な物語が綴られてきた聞き書き甲子園。

今年もどのような高校生が参加し、どのような出会いがあり、どのように未来を見つめていくのか。学生スタッフ一同、とても楽しみにしながら企画を進めております!



今年度の開催日程は以下の通りとなります。
↓↓↓


5/9~
 参加高校生募集開始

7/1
 応募〆切(必着)


7月中旬
 参加者選考


8/11~8/14
 聞き書き研修会 @東京都内
研修会コラージュ 加工1
第12回聞き書き甲子園 聞き書き研修会の様子はこちら


9月~12月初旬
 「森の名手・名人」「海・川の名人」を訪問、聞き書き取材特大(名人高校生対話)
↑高校生は名人のもとへ一人で行き、聞き書き取材(インタビュー)をします!


10月~2015年1月初旬
 聞き書きレポート(作品)作成、提出
10325777_590039417758880_1437127490429437425_n.jpg
↑完成した100人分の聞き書き作品は一冊の本になります!

過去の聞き書き作品はこちらで公開中!


3月
 フォーラムにて成果発表
kkkkjj
↑第12回聞き書き甲子園 フォーラムの様子



私は高校2年生で聞き書き甲子園に参加しました。(現在大学2年です。)

北海道から夏の研修のため東京へ行き、全国の同年代の人と友達になり、千葉県まで取材に行き、レポート作成に必死になった日々というのは、今振り返ると私のこれまでの人生の中でぽっかりと浮かんでいます。普段の生活とはまるで違った、とても特別な経験で、とても大切な経験です。


冒頭でも書きましたが、聞き書き甲子園には参加者一人ひとりの物語があります。

その一つ一つがそれぞれの特別で大切な記憶になるよう、我々学生スタッフは全力を尽くして参加高校生をサポートします!


自然に興味がある
地域や伝統に興味がある
言葉が好きだ
インタビューがしてみたい
何かしたいけど何から動き出せばいいのか分からない

…そんな高校生の皆さんの参加申し込みを心待ちにしています(^O^)!!


・・・★・・・★・・・★・・・★・・・


無題

【申し込み方法】

所定の申込み用紙に必要事項を記入し、「第13回聞き書き甲子園」への参加動機を書いた作文(原稿用紙1枚・400字程度)とあわせて、7月1日(火)必着で、事務局宛に郵送してください。

申し込み用紙のダウンロードはこちら


【申し込み・お問い合わせ先】

〒156-0051 東京都世田谷区宮坂3-10-9 経堂フコク生命ビル3階
認定NPO法人共存の森ネットワーク
聞き書き甲子園実行委員会事務局

TEL:03-6432-6580  FAX:03-6432-6590
E-mail:info@foxfire-japan.com