02 | 2015/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

第13回聞き書き甲子園 フォーラム参加者募集中です!

2015.03.24 17:53|聞き書き甲子園
【 聞き書き甲子園フォーラム一般参加者募集!! 】

こんにちは、聞き書き甲子園学生スタッフです。

全国100人の高校生が半年間の成果を発表する
「聞き書き甲子園フォーラム」を今年も開催します!!

13TH フォーラム


☞まず「聞き書き甲子園とはなんぞや…?」という方へ


聞き書き甲子園は、「木こり」や「漁師」といった森や川での仕事を生業としている“名人”と高校生が一対一で取材を行い文章として記録する取組です。

2014年度で13年目となりました。

今となっては日本に一人しかいない職人さんの話など、後世に残すべき話を毎年100人の高校生が書き残してきました。


11


「な~んだ、それならよくありそうな企画だな」

と思ったそこのあなた。
聞き書き甲子園はただの取材とは違うのです。

では何が違うのでしょうか…

それは、聞き書き甲子園の最大のポイントでもある
「名人の言葉一字一句全てを書き起こす手法“聞き書き”を使っている」
という点です。

聞き書きは決して聞き手側の言葉を文章に入れてはいけないのです。
だから文章には、話し手の名人の言葉以外には何もありません。
もちろん方言や独特の言い回しもそのまま書き起こします。

だからこそ名人の人柄そのものが浮かび上がる。
全く知らない人なのに何故か文章を読んだ後は、親しみを覚えてしまう。
「この名人の事もっと知りたい」と思ってしまう。

聞き書き甲子園はそんな不思議な面白さが集まる取り組みなのです。


_V7A8923.jpg


それでは聞き書き甲子園について知っていただいたところで
本題のフォーラムの話しへと移りたいと思います!!



☞第13回聞き書き甲子園フォーラム

聞き書き甲子園を締めくくるフォーラムは、高校生の成果発表会。
夏の研修会に始まり、取材や書き起こしを終えた高校生100人が集まり
名人と出会いどんな学びがあったのか発表します。

こちらのフォーラムは一般の方にもご参加いただけます。

開催日時:3月28日(土)午前の部10:00~12:20、午後の部13:15~16:30
開催場所:東京大学・弥生講堂(東京大学本郷キャンパス)

taidan.jpg



☞注目のプログラムはこれだ!!


【午前の部】10:00~

・映画「森聞き」上映

「森聞き」は高校生4人の聞き書きを追った映画です。
実際に高校生が名人と膝を付き合わせ、言葉を交わす。

そこから生まれる物語を皆さんにもぜひ見ていただきたいと思っています。

森聞きの詳しい情報はこちらです
http://www.asia-documentary.com/morikiki/

予告動画
https://www.youtube.com/watch?v=8ztJTXQo0xE


【午後の部】

・〝森・川・海の名人と″高校生の体験談

こちらは、代表で選ばれた3名の高校生、名人と聞き手が対談するプログラムです。
聞き手には聞き書き作家の塩野米松先生と大ベストセラー「聞く力」で有名な阿川佐和子さんをお呼びします。

実際の取材で起きたハプニングや高校生が聞き書きを通して学んだこと。また、名人の職業に対する想いなど様々な話を聞き手のプロが名人、高校生から聞き出していきます!!


つづいて…

・パネルディスカッション「聞くことから始まる地域づくり」

全国で「聞く」を通して地域づくりを行っている方々を実際にお呼びしてパネルディスカッションを行います。

登壇者は

・やまだ里山ファームの小海清二郎さん(長野大学)
長野県上田市で、福島からの移住者と共に、里山の資源を活用した循環的な農業や暮らしを提案。学生が地域住民に話を聞くことから活動がスタート。

・おきひゃくの柴田沙緒莉さん(地域おこし協力隊)
おきひゃく:島根県海士町に通い、地域住民100人を目標に「聞き書き」するプロジェクト。名古屋市立大学を中心に2012年から実施。

・共存の森ネットワークの浦崎環八郎(岐阜工業高等専門学校)
共存の森ネットワーク:聞き書き甲子園の卒業生を中心としたNPO。農山漁村地域で「森づくり」「地域づくり」の活動を展開。「聞き書き」と「朗読」を組み合わせた『コトバのたびプロジェクト』も学生が企画し実施。

・コーディネーターは工藤大貴(慶応義塾大学)

こちらの4人が「地域づくり」とは何なのか、「聞く」と「地域づくり」の関係性。
その他にもお互いの活動の中での悩みなどなどをパネルディスカッション形式で打ち明けていただきます。


この企画以外にも会場では、名人が実際に使っている道具などの他にも様々なおもしろい展示も企画しております!!


と長々とフォーラムについてご紹介させていただきました。


日本の伝統文化に興味がある方、言葉が好き、自然が好きという方には是非お勧めな企画です!!スタッフ一同みなさんのご参加をお待ちしております。

聞き書き甲子園フォーラムHP
http://www.foxfire-japan.com/program/forum.html

フォーラムFacebookページ
https://www.facebook.com/kikigakikoshien


開催日時 3月28日(土)午前の部10:00~12:00~、午後の部13:00~16:30
開催場所 東京大学・弥生講堂(東京大学本郷キャンパス)
東京メトロ 南北線「東大前駅」より徒歩一分

参加費  無料
定員   150名
     ※定員に達していない場合は当日のご来場も可能です
 
お申込み〆切   3月26日(金)
お申し込み方法 「フォーラム申込み」と明記の上、①氏名 ②住所 ③電話 ④Eメール ⑤所属(学校名・団体、企業等)⑥参加パターンについて「午前・午後」「午前のみ」「午後のみ」のいずれかを記入の上、ファックスないしEメールで下記宛にお申込みください。
電話でもお受けいたします。

お問い合わせ・お申込み先 認定NPO法人共存の森ネットワーク(聞き書き甲子園実行委員会事務局)
TEL: 03-6432-6580 / FAX: 03-6432-6590 / E-mail: mori@kyouzon.org
スポンサーサイト

【共存の森・関東2014】 2月14日・15日活動報告

2015.03.12 18:59|「共存の森」活動報告
こんにちは!
共存の森関東の山本(高校1年)です!

さてさて大変お待たせいたしましたが、今回2月の活動は・・・とても楽しかったです!

残念ながら人数は少なかったのですが、地元の人たちの温かい心遣いや美味しい料理のお陰でとても貴重な経験を
しました。

それでは詳しい活動内容にいきたいと思います!!


◆1日目

1日目は・・・・

最初に、山小川にある観光農園「やもかのなかま」の見学に行かせて頂きました!!
IMG_4567890.jpg



その後は、山小川で「宝もの」探しの開始!!
今回のテーマは「女性の暮らし」ということで・・・

山小川のお母さま方に集まっていただき、インタビューをさせていただきました!!
IMG_2219.jpg

私たちが活動に行くたびに、いつもお世話になりっぱなしで本当に申し訳なく、でもとても嬉しく思っている、そんな存在が山小川のお母さま方です!


お母さま方は通称「お茶のみ」というグループがあり、そこに属していらっしゃいます(属している、という言い方は適切ではないかもしれませんが…)
IMG_3118.jpg

その名の通り、月に一回程度集まって、みんなでお茶を飲みながら、それぞれの持ち寄った料理をつまみながら話をする、そんな集まりなんだそうです。

山小川に嫁ぎに来て、近所同士で仲良くお付き合いしていく中で、とても気の合うお母さま同士が「楽しいから定期的に会うようにしましょうよ!」というような呼びかけで結成されたグループが、「お茶のみ」ができたきっかけなんだとか・・・。

そのつながりが、今日に至るまで20年以上も続いていることに衝撃を受け、感動・感心しました!

IMG_3114.jpg


笑いが途絶えない、とっても和やかな空気の中でインタビューは進み、気付いたらあっという間に制限時間の2時間が過ぎてしまいました!


インタビュー後は、食事を作るメンバーと、インタビュー内容をまとめるメンバーに分かれました。
IMG_3132.jpg


今回の交流会の食事メニューは、おでん!!!
しかも、火鉢で煮込むおでんです!!!

とっても風情がありました!

IMG_3141.jpg


食事の準備が終わったら、お仕事終わりの古関さんや和夫さんも駆けつけてくださり、インタビュー内容のまとめを簡単に発表させていただきました!
一人一人が感じた、山小川の女性の暮らしの良さ、素晴らしさ、…などなどを紙に書いて、発表しました!
IMG_2220.jpg


その後はいよいよ交流会!!

沢山の郷土料理を持ち寄ってくださり、おいしい料理を食べながら楽しくお話をさせて頂きました!!
IMG_3157.jpg

ありがとうございました!!
IMG_3150.jpg





◆2日目


関東チームリーダー峯川です!
二日目の活動を報告させて頂きます!!

この日は、鶴舞創造の森にて、森の整備作業を行いました!!
IMG_22611111.jpg


森に通じる通路が土砂崩れを起こしていた昨年の6月以降、全く森には入ることも手を付けることも出来ず・・・なんと8か月ぶりに森に入りました!

※土砂崩れ部分は、森の管理をしている千葉県に修復して頂きました!


8か月振りの森は・・・これまで見たことない景色が広がっていました。

いたるところで草や竹が伸び放題になっていて、通路に大きくはみ出している部分もありました。
もちろん冬であるということも多少影響しているとは思いますが、それでも、森全体になんだか暗いムードが漂っていたように感じました。


のこぎりやナタなどを持ち、ヘルメットをかぶって遊歩道を歩いていくと、さっそく倒木を発見。
この日、初めて鶴舞の森に来た山本が、さっそく伐採に試みました。
IMG_2262.jpg


・・・しかし、木はそんな簡単には伐らせてくれません。
今回もご指導に来て下さった、森の専門家・グリーンセイバーの高木さん、磯川さんにイチから教えて頂きながら、約30分ほどかけて一本伐り倒すことが出来ました!
IMG_2262y.jpg


その様子は、まさに「手とり足とり」という感じで、のこぎりの持ち方、足場の確保の仕方、倒す方向の決め方・・・など細かく指導を受けていました。


なかなか倒れない様子を見かねた磯川さんが、最後はロープを使って力技・・・いや、ベテランの知恵で倒していましたが、それでも、倒れた時の山本の表情はとっても嬉しそうでした!
IMG_226111118.jpg

その後も、遊歩道を進むたびに、数メートルおきに倒木や倒れ掛かっている危険な木がありましたので、皆で手分けして切っていきました!


IMG_226111118889.jpg

途中、昼食をはさんだ後も、ひたすら木を伐り続け・・・時間はあっという間に午後3時に。

この日一番の大物(!?)の木を、大学1年メンバー森本と、グリーンセイバーの高木さんが協力して片づけた終わり、この日の活動はすべて終了となりました!

IMG_226111118889rtty.jpg


まだまだ寒かったこの日も、皆で一緒に作業をしているうちに、寒さは忘れ、むしろ暖かくなってきました!
けがもなく、無事に活動を終えられてほっとしています!!

そして、活動後の体には程よい疲労があったことは、言うまでもありません・・・(日頃からの運動が大事ですね・・・)


関東チームメンバー
山本、峯川




■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

◆◆ご支援のお願い◆◆

毎日の1クリックで「共存の森ネットワーク」を無料でご支援頂けます!
http://gooddo.jp/gd/group/kyouzonnomori/

ご協力お願いいたします!

※その他の支援方法はコチラ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

●●共存の森ネットワークの主な活動●●

【聞き書き甲子園】(高校生対象)
2014年度で13年目。
全国の高校生100人が森・海・川の「名人」を訪ね一対一で「聞き書き」を行い文章にまとめる取り組み。
http://www.foxfire-japan.com/

【共存の森づくり】(高・大学生、20代の社会人対象)
2014年度で11年目。
全国7つの農山漁村を拠点に行っている、10代・20代の若者による地域づくりの活動。私たちの活動のベースは地域の方の話を「聞く」ことから始まっています。http://www.kyouzon.org/activity/mori/

※その他の取り組みはコチラ

■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□■

▼▼関連リンク▼▼

共存の森ネットワーク 公式HP

共存の森ネットワーク Facebookページ
共存の森ネットワーク Twitter

聞き書き甲子園 Facebookページ
聞き書き甲子園 Twitter