FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・関西2011】 6月18日・19日活動報告

2011.07.05 23:25|「共存の森」活動報告
共存の森・関西リーダーの多胡潤哉です。6月18日・19日の共存の森・関西の活動を報告します。

梅雨にも関わらず、曇り女(Mさん)の宣言通り、共存の森・関西の奈良県での活動は曇りながらスタートしました。

今回の高原集落遠足では、共存の森関西が昨年から「聞き書き」を始めた奈良県川上村の高原という集落を中心に、林業資料館や名人、木材加工の方にお話しを聞きながらフィールドを散策してきました☆

フィールド散策
↑フィールド散策中の関西メンバー

今年は、東京での「聞き書き甲子園」のフォーラムが中止となりましたが、関西圏の「聞き書き甲子園」9期生が高原遠足に初参加してくれました。

18日、もくもく館(吉野林業の資料館)にて、吉野郡川上村の3Dシアターを観賞し、毎年お世話になっている森と水の源流館へGo!
 
なんと、源流館の駐車場にて第1回「森の聞き書き甲子園」で名人をされた杉本充さんにばったりと出会いました。

杉本名人は杉の種取り名人です。山仕事の服装を着こなし、普段は『おっちゃんて呼んでー(照)』なんてちゃめっ気たっぷりの名人ですが、この日はピリリ…

杉本名人とばったり会う!
↑(中央)杉本充名人

杉本さん、実は…鮎釣り名人でもあるんです(お弟子さんもいます♪)。この日、初めて鮎釣り名人の杉本さんに会いました。

ちょうど源流館の水槽に納品する観賞用の鮎を持って来られたところだったのです。そのスタイリッシュなたたずまいたるやいつもの杉本さんとはまるで別人。

9期生のみんなには是非、種取りの杉本さんにも合わせたいなぁ、と思うのでした。

夜は、共存の森関西名物、みんなで自炊大会です。今回のメニューはお好み焼き!!滋賀県の活動フィールドで昨年作ったそばの粉も使ってワイワイ。

杉本さん!いただいた鮎、内臓もそのまま塩焼きにして頭からガブリヽ(^^)ノ

みんなで美味しくいただきました☆☆

ありがとうございました。

杉本さんから頂いた鮎
↑杉本さんから頂いた鮎

夕食後は、共存の森関西の活動紹介をしたり、書き起こしはしない9期生の「聞き書き」をしたり。個性あふれる新メンバーとも、これからの川上村での活動が楽しみです♪ 9期生のK君とT氏とM君は3時までしゃべっていましたね(;一_一)

こうしてお疲れ様でした会の夜はふけていくのでした…

19日、朝から280年生の杉の人工林を見学してきました。

大きい!明るい! 決して写真では映りきらない空気がそこにはあります。スピリチュアルな光景、本当に樹に精霊が宿っているような気がします。

この杉を植えた頃の山師の方々は、この時の山の光景をほぼ正確に想像していたことでしょう。

技と知恵と空間を受け継ぎ、変わりゆく時代に目を閉ざさない。吉野林業はこれからも川上村の象徴でありつづけると思います。

私たちが川上村のおじいちゃんやおばあちゃんと出会って生まれるもの、これからの社会を作っていく上でとても大切な意味があると感じます。

人工林見学

追伸。
19日の午後から、奈良県の桜井市にて名人フォーラム※でもお世話になった泉谷木材商店の泉谷繁樹にガイドをしていただき、吉野材を使ったこれからの新しい家づくりを見学させていただきました☆

霧吹きで水をかけても水滴が浮かない吸水性バツグンの漆喰の壁、ヒノキの香りいっぱいの室内、なによりも木の話をする泉谷さんの表情がたまりませんでした!(^^)!

一緒に何かを出来ないかと思わず想像したくなるほど素敵な方、泉谷繁樹さん!これからもよろしくおねがいします。

今回の高原集落遠足では、実際に集落の方をお話することはできませんでしたが、次回は9月に高原集落での2回目の「聞き書き」をしまっす!

是非、関西にお越しやす~。

※第三回 森の名手・名人フォーラム

共存の森関西 多胡潤哉
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント