FC2ブログ
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

第10回聞き書き甲子園研修会 開講式開催のお知らせ

2011.08.01 20:57|聞き書き甲子園
みなさん、お元気ですか?共存の森広報マン・ヨシカワです。今日から8月ですね!夏本番ですが、暑さに負けずに頑張っていきましょう!

今日は「聞き書き甲子園」の研修会開講式のお知らせです。開講式は一般の方も参加できます。今年は映画の上映やトークショーもあったりと盛りだくさんです!お楽しみに!

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆
第10回 聞き書き甲子園研修会 開講式
「フレデリック・バック展」開催記念 
国際森林年フィルム&トークイベント

2011年8月11日(木)開催


「聞き書き甲子園」は、毎年、全国の高校生が、「森」や「海・川」の分野で活躍する「名手・名人」を訪ね、その知恵や技を「聞き書き」し、記録する活動です。

第10回を迎える今年は、参加高校生が一堂に集まる開講式を、東京都現代美術館の「フレデリック・バック展」開催を記念し、同美術館講堂で行います。

開講式の様子は一般の方にも公開。当日は、スタジオジブリの男鹿和雄監督作品や「聞き書き甲子園」を描いたドキュメンタリー映画『森聞き』を上映する他、『いとうせいこう GREEN FESTA』(文化放送)の公開収録を兼ねたトークイベントを開催します。

「国際森林年」の今年、「森の大切さ」を考えながら、ご家族や友人と楽しんでいただける内容となっています。

【主な内容】

◆「森と人の暮らし」を考えるフィルム上映
 ●映画『種山ヶ原の夜』 男鹿和雄監督作品 スタジオジブリ制作 
宮沢賢治の作品をもとに描いたアニメーション。炭焼きをする伊藤青年が樹霊たちと出会い、木を伐るべきか、否かをやりとりする、不思議な一夜の物語。
 ●映画『森聞き』 柴田昌平監督作品 プロダクション・エイシア制作 
「聞き書き甲子園」に参加した高校生と名人との出会いを描く長編ドキュメンタリー。国際森林映画祭出展作品。
平成23年度児童福祉文化賞受賞。2010年度日本映画ペンクラブ文化映画部門3位。

◆「いとうせいこう GREEN FESTA」公開収録
 いとうせいこう氏が司会をつとめるラジオ番組。「聞き書き」の講師である作家の塩野米松氏や文筆家の阿川佐和子氏の他、「聞き書き甲子園」に参加した経験のある20代の若者たちが出演し、その体験を語ります。


【概要】
◆日時 8月11日(木) 
    午前の部:10時開場
    午後の部:13時開場 
◆場所 東京都現代美術館講堂(地下1階)

◆プログラム
《午前の部》
10:20 開会挨拶・映画紹介 
    塩野米松、フレデリック・バック展関係者
10:30 映画『種山ヶ原の夜』上映

《午後の部》
13:30 主催者挨拶
13:45 映画『森聞き』上映
16:10 トークショー
「自然との向きあう新しい暮らし方 ~森と人との結び付き~」
ゲスト:塩野米松、阿川佐和子、聞き書き甲子園卒業生
司会:いとうせいこう、石川真紀(文化放送アナウンサー)
※文化放送のラジオ番組「いとうせいこう GREEN FESTA」の公開収録を兼ねる。
17:10 終了

◆定員
 午前の部:一般150名  午後の部:一般100名
 ※その他、「聞き書き甲子園」の参加高校生および関係者100名が参加。

◆参加方法 当日、朝10時から東京都現代美術館メインエントランス(インフォメーションコーナー脇)にて入場整理券を配布。先着順にて受付(定員になり次第、締め切り)

◆参加費  無料 ※但し、フレデリック・バック展への入場は、別途、観覧料がかかります。
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント