FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・関東2011】9月24・25日活動報告

2011.10.21 11:41|「共存の森」活動報告
こんにちは。共存の森・関東に5月から参加させてもらっている伊藤邦泰です。

9月24日・25日に千葉県市原市の鶴舞創造の森・山小川地区で活動してきました。今回のメンバーは総勢12人の大変賑やかなものでした。

2日間の日程は
・10月に向けての薪割練習
・地元学に基づく山小川のあるもの探し
・鶴舞創造の森での草刈り
を中心に行いました。

~1日目~
東京湾アクアラインの渋滞にはまり13時に山小川青年館に到着。昼食後にさっそく薪割りを始めました。ほとんどのメンバーが斧を持つのも初めての状態の中、幹雄さん、俊男さん、和夫さんの手取り足とりの指導のもとスギに斧を打ち始めます。
初めは、ほとんどのメンバーがまともに斧を振り上げられない状態でしたが、斧の振り下ろし方、狙うポイントを少しずつ理解し始めたメンバーがパカパカと薪を作っていきました。

薪割り
↑薪割りに挑戦

薪割り2
↑うまく割れました

2時間ほどかけてすべての丸太を薪にした後は、2グループに分かれ、パンフレットに使うための山小川の魅力を探しに出発です。河合チームは和夫さん、井本チームは幹雄さん、俊男さんに付き添っていただき、1時間半かけて山小川をめぐりました。
私は、和夫さんについて山小川の西側を周りましたが、歴史的なお地蔵さん、ため池から建設中のインターチェンジまで、山小川の変遷をひしひしと感じずにはいられませんでした。

落花生を発見
↑落花生を発見

山小川でのあるもの探しを終え、青年館で鈴木善子さんのお漬物を頂き一息ついた後、セミナーハウスへGO。
くたくたのなか、男のカレーを作りシンプルな夕食を済ませました。

夕食後は、休憩と思いきや今日の活動のまとめを。山小川の資源カードを作成し、河合チーム、井本チームがそれぞれ発表を行い、1日の活動を終了しました。

~2日目~
2日目の今日は、フィールドの整備を行います。

夏の2か月は活動がなかったので、フィールドは草が生え放題!
まずはどこを草刈りするか、一度フィールドを散策して、検討します。
午前中は下の道や、炭焼きで伐倒する木を選んだ間伐地や炭窯周辺を草刈りすることに。今回は長カマをいつもより多く持って行ったので、順調に刈り進めていけます。これまでは尾根伝いに多かった竹が下の間伐地に進出しているのを発見。勢力を強めている竹は、カマと鋸で確実に刈っていきます。

午後、前回の活動で選んだ、炭焼き用の木の周りをつぼ刈りします。選木した木のまわり、2m程に生えている下草と、伐採には邪魔な小さい木を、カマと鋸切りを駆使して刈っていきます。間伐地と炭窯周辺は、特に急斜面!登るのにも一苦労です。選木された一本には、活動前に来た台風のせいでしょうか、大きな木が倒れかかっています。その木の周りはつぼ刈りをあきらめ、伐倒当日のためになんとなく道を作るだけで、斜面を下りました。

下草刈り
↑鶴舞創造の森で下草刈り

9月らしい天気に恵まれた今回の活動は、まさに活動日和♪草刈りも夏よりはずいぶん楽に終えられました。
来月はいよいよ伐倒!!今回つぼ刈りもして、次回は無事にケガなく活動できることと、秋晴れに恵まれることを祈るばかりです。

共存の森関東 伊藤邦泰

集合写真
↑集合写真
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント