10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

 「法政大学エクステンションカレッジ」×「被災地の聞き書き101」

2012.09.27 11:17|おしらせ
【法政大学東日本大震災チャリティー講座 参加申し込み受付中】
講座開催日■2012年10月6日(土)

10月6日(土)に当NPO事務局長の吉野奈保子が講師を務めるチャリティー講座が法政大学市ヶ谷キャンパスで開催されます!法政大学の学生の方はもちろん、一般の方も受講できます。また受講料は被災地に寄附される仕組みになっています。みなさまのお申し込みお待ちしております!

●お申し込み方法・詳細はこちらをごらんください↓
https://www.hosei.org/kouza/S129005.php

■講座紹介(ホームページより抜粋)
【東日本大震災チャリティ講座】 大震災後の<新しい社会イメージ>の構想

東日本大震災は、日本人の人生と日本の社会組織に大きなダメージを与えた。家族、職場、コミュニティー、行政は大きく揺らいだ。しかし同時に、震災後にはそれまでになかった<新しい活動>が生まれている。

この講座では、社会における新しい活動を紹介し、その活動の中から<新しい社会イメージ>を探っていきたい。ここで<イメージ>と書いたのは、もちろん具体的な政策やノウハウも重要であるが、震災1年を越えた継続的な支援や、社会全体の再設計のためには、<新しい社会イメージの構想力>が不可欠だと考えるからである。

この講座では、全三回にわたって、様々な角度から震災後の社会を報告する。希望、キャリアデザイン、地域のつながり、想いの継承(歴史)、経済活動とネットワークについての講義である。連続して受講し、ともに語り合えば、参加者が<新しい社会イメージ>の担い手となるかもしれない。

■講義概要
日時:2012年10月6日(土)15:00 ~ 17:00
講師:吉野奈保子(NPO法人共存の森ネットワーク事務局長)
内容:「被災地の聞き書き101」プロジェクト
聞き書きによる社会運動を続けてきたNPO共存の森ネットワークの新しい活動、「被災地の聞き書き」(東京財団と協働)の報告。聞き書きから生まれる何かを議論したい。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント