FC2ブログ
06 | 2019/07 | 08
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・東海2013】 5月18日・19日活動報告

2013.06.03 12:49|「共存の森」活動報告
みなさん、こんにちは。共存の森・東海チームの加藤悠希です。5月18日(土)・19日(日)の東海チームの活動報告をさせていただきます。

■1日目(5月18日土曜日)<棚田での田植え>

私たちの活動フィールドである椿立自治区(愛知県豊田市)は新緑がとてもきれいで、空気も爽やかでした。天気も良く、絶好の田植え日和でした。田植え足袋に履き替え、いざ田んぼの中へ。オタマジャクシやアメンボがたくさんいました。10センチほどに育った苗3~6本を一束として15センチ間隔で植えていきました。どろどろとした田んぼのさわり心地がよかったです。途中、足袋を脱ぎ、はだしで行いました。すると、田んぼの表面は温かく、土の下に行くにつれてひんやりとすることを感じました。たんぼに温度差があるのを初めて知りました。植え終えた後、おいしいお米に育ってほしいと願いました。

棚田での田植えをしました

■2日目(5月19日日曜日)<竹林整備活動>

2日目は竹林の整備を行いました。のこぎりをこしにつけ、4メートル以上になる竹を一本一本丁寧に切り倒しました。節を取り除き、3メートル間隔で切りそろえました。竹林整備以外にも、モミジの剪定や、川岸の下刈りも行いました。始めたころは見えなかった川も顔をだし、とてもきれいになりました。作業を終えた後、すっきりした景観を見て爽快な気分になりました。今後の椿立ちの変化が楽しみになりました。

今回の活動は東海大学の学生さんの参加が多く、活動も以前より効率よく進めることができました。共存の森東海チームの活動に共感してくださる方も多く、これからの東海の活動が活発になっていくことが確実になったと感じました。さらに参加者が増えるよう、この活動の魅力を多くの方に発信していきたいと思いました。

竹林整備活動中

竹林整備活動中2

竹林整備活動終了後

★今後の活動予定
6月8日(土)・9日(日) 棚田の草刈り・竹林の手入れ2
7月6日(土)・7日(日) 棚田の草刈り・竹林の手入れ3

名古屋駅&静岡駅より椿立自治区への送迎車を出します。ご興味のある、特に高校生・大学生の皆さん、私たちと一緒に活動しませんか?詳細は、東海チームリーダー池上真弘(静岡大学2年)までご連絡ください。
連絡先: kyouzon_toukai★yahoo.co.jp (★を@にしてお送りください)

共存の森東海チーム 加藤悠希(静岡大学2年)

※東海チームの活動は、2013年度セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント