FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・関西2013】8月21日・22日・23日活動報告

2013.09.07 22:51|「共存の森」活動報告
みなさん、こんにちは!
共存の森・関西の大黒朱梨(だいこくあかり)大学1年です。北海道出身で、現在は京都の大学の一年生です。京都に住み始めたと同時に共存の森関西に入りましたので、活動を始めてからおよそ半年が経とうとしています!毎日暑さと戦いながら人生勉強をしております(笑)

関西地区では8月21日から23日にかけて二泊三日の日程で奈良県川上村の高原(たかはら)という集落に合宿に行ってきました!
高原風景


共存の森関西は、2010年から高原とお付き合いをさせて頂いています。これまでは地元の事を知るための“地元学”から始まり、地元の方々への聞き書き、人口マップと空き家マップの作成・更新をしてきました。
今回の合宿では、今まで積み上げてきた“地元学”をまとめたマップ『高原の暮らしここにあり』(関西地区リーダー・神保さん命名)の作成に加え、私たちが高原の生活に欠かせないと考えた“水”“道”“祭り”の三つの理解を深め、まとめるという作業を目的にしました。


一日目は高原探索から始まりました。私にとっては念願の初高原!!ミーティングなどでお話は聞いていたのですが、やはり想像と経験は違いますね…!

坂

↑高原は山の中の集落なので、当然ですが坂が多かったです。この日は天気が良く、歩くにはタオルが必須…

お宮さんwith神保さん

↑高原のお宮さんです。

かかし

↑かかしがお出迎えしてくれました♪

高原山

↑見渡す限りの緑。高原は吉野林業で生計を立ててきた集落なので、周囲の山には人工林が整備されていました。

夜は地元の方々、川上村役場の方々、川上村地域おこし協力隊の方々との交流会が催されました。区長さんからのお話は笑いも交えつつの高原についての真剣な話で、とても勉強になる時間でした。区長さんはとにかく熱い方でした。「限界集落という言葉は絶対に使わない」と仰っていたのが印象的でした!


二日目は“水”“道”“祭り”3班に分かれて行動をするということで、私は祭り班に入りました。

午前中は水班、道班は外に出ての活動です。

水班

↑水班調査中の写真です。

二日目昼

↑祭り班は集会所の中で高原の昔の資料を調べたり、区長さんのお祭りの話を伺ったりしました。

高原に昔から伝わる制度はとても興味深く、調べる全てのことが自分にとっては新鮮なものでした。またそれに関わってきた区長さんのお話も感心することばかり。午前中からものすごく内容の濃いプログラムで、お腹はペコペコ…ということで!

お昼ごはん

↑お昼ご飯はおにぎりと地元の方に頂いたトマト、そして、高原名物・何にでもばっちり合うゆず味噌とこんにゃく!おいしすぎる!!!!これらは区長さんが作っていらっしゃいます。道の駅 杉の湯 川上で絶賛販売中です♪
↓↓↓
http://www.kkr.mlit.go.jp/road/michi_no_eki/contents/eki/n03_suginoyukawakami/


午後は地元の方々にお話しを聞いて“水”“道”“祭り”の理解を更に深めていきました。私は93歳の女性にお話をして頂きました。高原の女性はパワフル。


さて、夕食も終わり準備が整ったところでまとめの作業に入りましょう。……その前に!
この日は川上村で花火大会があるそうで、皆で見に行きました!!

花火

↑いやあ、よかった。迫力満点。川上村も賑わっていました!今年一番夏を感じた瞬間だったかもしれません(笑)


花火の余韻に浸りながら、二日目の残りの時間は黙々とまとめの作業。
作業夜

試行錯誤の繰り返しは深夜まで続きました。


三日目は朝からまとめのまとめの作業を行いました。
マップ作成

また、『高原の暮らしここにあり』も完成しました!
完成版がこちらです!じゃじゃん!!
まとめ



最後にメンバーで振り返りを行って感想を共有し、三日間お世話になった高原の集会所を後にしました。

帰り道ではスギ林を見学、何と中には樹齢250年の木も…!
スギ




こうして二泊三日の高原合宿は終わりました。
活動報告は以上です。
次は9月8日に、「川上村」と「森と水の源流館」が共催する「源流まつり」に出展させてもらいます。そこでは今回作成・完成させた『高原の暮らしここにあり』と“水”“道”“祭り”のまとめあげたものを展示する予定です。これらの展示を通して、高原の魅力を伝えられればと思います。また、ホールでは映画『森聞き』の上映も行います。
是非お越しください!!


【☆メンバー募集☆】
関西地区では学生メンバーを募集しています!
山の暮らしや林業に興味がある方、また滋賀県堂町でもそば作りを行っているので農業にも興味のある方、ぜひぜひご連絡下さい!!
9月は先ほど紹介致しました川上村の「源流まつり」に加え、堂町でも活動があります!
詳しくはメールでよろしくお願いします♪
↓↓↓
mori★kyouzon.org(★を@に変えて送ってください!)



番外編。帰り道、道の駅売ってあったゆず味噌は私たちにより積み上げてあったものが半分ほどになりました…笑
私も購入しましたが、美味しすぎてもうなくなりそう。源流まつりの時にまた購入して、北海道に帰省する際のお土産にしようかと思っています!
関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント