05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

海洋教育セミナー『海・暮らし・子どもたちの未来』開催のお知らせ

2013.11.18 14:16|おしらせ
当団体は下記の通り、来月12月14日(土)に海洋教育セミナーを開催いたします。参加無料・要申し込みです。みなさまのご参加お待ちしております。

日時:2013年12月14日(土) 14時~17時30分
場所:日本財団ビル1階バウルーム(東京・赤坂)
定員:100名
主催:認定NPO法人共存の森ネットワーク
助成:日本財団
後援:日本教育新聞社

 日本は、総延長約34,800㎞に及ぶ世界第6位の海岸線を有し、流氷から珊瑚礁まで多彩な自然環境と、そこに生息する生物・エネルギー・鉱物等の豊富な資源を有します。私たちは、この海の資源を確保し、利用するのはもちろんのこと、各国と交易を行う交通の場として、あるいは子供たちの教育や憩いの場として利用し、社会・経済・文化を築いてきました。

 学校教育において、海洋環境の保全を図りつつ、それを平和的、持続的に利用する知識、技能、思考力、判断力、表現力を有する人材を育成することは、今後ますます大切だといえるでしょう。

 そのためには、海を生業や暮らしの場としてきた日本人の伝統的な知恵や技術にも目を向けながら、これからの人と自然の共生のあり方を考え、学び合う環境づくりが必要です。また、自然科学的なアプローチだけではなく、国語や社会、技術・家庭、道徳など、さまざまな教科の観点から海洋教育に取り組むことも重要でしょう。
 
 当セミナーでは、いくつかの実践事例をもとに、これからの海洋教育のあり方と、それを支える海の環境、そして多様な主体の連携のあり方について、学校現場や行政、NPO等、さまざまな立場から提案します。

<プログラム>
■14時 開会挨拶
荻上健太郎(日本財団 海洋グループ 海洋安全・教育チーム チームリーダー) 

■14時10分 キーノートスピーチ「海の学びと人間形成」
日置光久(東京大学 海洋アライアンス海洋教育促進研究センター 特任教授)

■14時50分 <事例発表>
①小学生を対象とした取組:石川県海洋チャレンジプログラム(石川県生涯学習課・能登少年自然の家)
②中学生を対象とした取組:牡蠣養殖とアマモ場再生の取組み(岡山県備前市立日生中学校・日生町漁業協同組合)
③高校生を対象とした取組:聞き書き甲子園(海・川の名人の聞き書き)(認定NPO法人共存の森ネットワーク他)

■16時 パネルディスカッション「海を教育の場として活用するために」
藤橋孝(水産庁 漁港漁場整備部 計画課 計画官)
森信哉(国土交通省 港湾局 海洋・環境課 港湾環境政策室長)
名倉良雄(環境省 水・大気環境局 水環境課 閉鎖性海域対策室長)
木村 尚(NPO法人海辺つくり研究会 理事・事務局長)
渋澤寿一(認定NPO法人共存の森ネットワーク 理事長)

17時30分 終了

<お申し込み方法>
あなたのお名前、ご所属、ご住所、電話番号を明記の上、下記の当団体代表メール宛にお申し込みください。

■お申し込みメールアドレス mori★kyouzon.org (★を@に変えてお送りください)

お申し込み締切:12月12日(木)
※空席がある場合は、当日参加も可能です。

<お問い合わせ先>
認定NPO法人共存の森ネットワーク事務局 担当:森山/芳川
〒156-0051東京都世田谷区宮坂3-10-9経堂フコク生命ビル3階
電話:03-6432-6580 FAX:03-6432-6590

↓クリックすると大きく表示されます
海洋セミナーチラシ
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント