FC2ブログ
08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

【共存の森・東海2013】 10月・11月活動報告

2013.12.10 21:44|「共存の森」活動報告
 共存の森ネットワーク オフィシャルブログをご覧のみなさんこんばんわ。東海チームリーダーの池上真弘です。今年も残すところあとわずかですね。東海チームの2013年最後の活動も再来週に控えています。12月21・22日と年の瀬ですが、なんのその。活動しますよ!さて、大変遅くなりましたが、10月・11月の活動報告をいたします。今回は10月の活動報告を東海チームメンバーの松村健吾君がお伝えします。では、どうぞ!!

【10月19・20日 活動報告】

 みなさんこんばんわ!
 共存の森東海チームメンバーの松村健悟(東海大学海洋学部 1年)です。海洋学部と聞くと魚や海藻などを連想するかもしれませんが、海に関わる様々なことを学んでいます。海と繋がっている山も例外ではありません。共存の森の活動は積極的に参加させていただいています。よろしくお願いします。

では早速、10月19~20日に愛知県豊田市椿立自治区で行われた、東海チームの活動報告です。

■1日目「竹林整備5」(10月19日 土曜日)
 天候が不安なため、今回の活動は、竹を粉砕するためのグリーンシャークはレンタルせず、竹を切る作業をメインに行いました。
竹林内で手ほどきを受ける

その際、地元の方の田畑で、農作業に利用できるよう、竹を2mほどのサイズに切り分けました。
切りそろえた竹


 ところで、以前の活動時に粉砕した竹は、これまで写真のように畑に蒔いてきましたが、結果として、雑草が生えにくくなりました。しかしながら、もっとまだまだいろいろな検証が必要です。今回は畑にも行き、その状況を確認しました!
畑にまかれた竹のチップ


今回は竹を切り分ける作業と同時に、枝を叩き落とす作業も行いました。今まで以上に連携して動くことが要求されましたが、一人一人声を掛け合って、作業を進めて行くことができました。
竹、切る


 作業序盤では、竹を切り倒す作業が間に合わず、切り分け、枝落とし作業の手が止まることがありましたが、終盤には、全員が竹を切るスキルを身に付け、効率よく全ての作業が動くようになりました。

秋になったことで、日が落ちるのも早く、予定よりすこし早く切り上げ、ユースホステルに戻りました。
 晩御飯は、いつものユースホステルの食事ではなく、初の外食となりました。
鶏がまるまる出てくるとオススメされたところに行ったのですが、残念ながら売り切れてしまっていました…次回は絶対食べに行きたいです!
その後は、銭湯に向かい、少人数ならではの雰囲気で、一日の疲れを癒すことができました。

■2日目「竹を燃やす」(10月20日 日曜日)
 残念ながら、この日は天気予報通りの大雨。雨の場合はユースホステルにてミーティングを行う予定でしたが、朝起きた時にはすでに、いつも手伝ってくださる原田鋭美さんと原田清治さんが、竹を燃やしているとの連絡が…
早速向かってみると、雨の中、大きな炎と、モクモクした煙が立ち昇っていました。

竹は、油分を豊富に含んでいるので良く燃えます。そのため、この作業は周りに燃え広がらない雨の日にしかできない作業とのこと。「雨の日には雨の日の作業がある」リーダーの池上さんと浦崎くんは、カッパをお借りし、竹を燃やす作業に加わりました。
雨でも作業

竹を燃やす作業に負けず劣らず、小屋に残ってミーティングをしていたメンバーも、これからの社会について熱く語り合いました!
循環型持続可能な社会に向けて、この活動はもちろん、小さなこと取り組みも「いいな!」「かっこいいな!」と思えるような価値観を広げることができれば、循環型持続可能な社会は実現が可能になる。世代を超えて価値観を共有するためには?
という正確な答えがない問題ですが、貴重な討論の場になりました!

お昼には、原田鋭美さんのご好意で、ハチの炊き込みご飯をいただきました。
ごちそう1

ごちそう2
ハチの子と今、目が合いました。

とても美味しかったです!!が、少し食感が気になりました。
皆、何度もおかわりをして大満足だったのですが、ハチの子の「プチっ」とした触感は忘れられないです…貴重な体験になりました。

10月の活動報告は以上になります!
今回の活動は、天候も不安定でしたが、一人一人のスキルアップに繋がったと思います。

最後まで見ていただき、ありがとうございました!続いて、11月の活動報告を池上リーダーお願いいたします!


【11月2日・3日活動報告】
それでは、続きまして11月の活動報告です。担当は、リーダーの池上がお伝えします。

11月2・3日に行われた活動では、椿立自治区で行われた、運動会と文化祭が融合したようなお祭り、「てっぺん祭り」に参加しました。

■1日目
 1日目は「てっぺん祭り」の準備を手伝わせて頂きました。今年の「てっぺん祭り」は当日が雨の予報のため、例年のようにグランドで行う運動会は中止にして、主に屋内で楽しめる企画を行うことになりました。 企画の全てを屋内で行うわけでなく、フランクフルトや焼き鳥など軽食販売や金魚すくいなどは外で行います。そのためのテントや機材の設置を手伝いました。
金魚すくいの支度では送られてきた大量の金魚達を袋から大きな容器に移しかえる作業をしました。大量の金魚と水が入った袋から容器に移しかえるだけのこの作業、言うのは簡単ですが、作業はとっても難しいのです。
金魚の大脱走

金魚が大脱走してしまいました。脱走範囲は広く、逃げ出した金魚みんなを捕獲するのは苦労しました。そのお陰で翌日の金魚すくいが、「すくいやすい!」と人気になったのは、ここだけの話です(笑)
なお、「てっぺん祭り」と書かれた看板の設置は去年に引き続き私達東海チームが引き受けさせていただきました。
「てっぺん祭り」の看板と

なんだか眺めているだけで楽しい気分になってくるこの看板。看板は私と東海チーム一の高身長を誇る大崎くんとで設置しました。数か月前までは私が東海チームの屋根と呼ばれる存在でしたが、彼の登場により、そんなこともなくなりました。世代交代ですね。(ちなみに体育座りでちょこんと座っているのは、椿立自治区の若泉さんです)

■2日目
2日目は「てっぺん祭り」当日です。私たち東海メンバーは、時には受付係やフランクフルト・焼き鳥を焼いたり、金魚すくいの店番をしたりと、様々なお手伝いさせて頂きました。手伝いをしながら椿立自治区の方とお話をすると、お礼の言葉や私たちの活動への励ましの言葉をたくさん頂きました。このような言葉を頂けてとても嬉しかったです。また、東海チームの活動が椿立自治区に着々と浸透していて、何か期待されている証なのだと思いました。
屋内企画では、歌手の歌を聴いたり、映画を観たり、豪華景品つきのビンゴ大会を行いました。
みんなでビンゴ!

このビンゴ大会には東海チームメンバーも参加させて頂きました。メンバーともどもなかなかビンゴにはなりませんでした。しかし!ゲーム終盤、メンバーの1人がビンゴになりました。その“持っている”メンバーは我らがリーダー、池上真弘でした。そう私です!自分が景品を貰っていいのか戸惑いつつも前にでると、快く自治区長さんが景品を渡してくださいました。このめでたい瞬間を誰ひとりとして写真に撮っていないのが大変心残りではありますが、景品をGETできて良かったです。さてその気になる景品は、洗剤でした。

こうして楽しい「てっぺん祭り」は幕を閉じました。お祭りを盛り上げるためだけでなく、地域の方々との交流の機会でもある「お祭り参加」。今回は東海チームメンバーみんなが多くの地域の方とお会いしお話することが出来ました。初めて会うメンバーも地域の方は快く迎えてくださいました。これからも椿立自治区の皆さんと活動内で交流する機会を設けて続けていきたいです。
東海チームの活動にはこれまで多くの方が参加してくださいましたが、今回は偶然にも第11回聞き書き甲子園(2012年)の卒業生が主なメンバーでした。また、今まさに聞き書き甲子園を体験している第12回聞き書き甲子園に参加している高校生も既に何回か当活動に参加しており、第8回聞き書き甲子園(2009年)に参加した私、そして第1回聞き書き甲子園(2002年)卒業生の吉田さん、・・・吉田さんとともに時が経つ早さを実感した池上でした。
いつもの竹をガツガツ切る活動と比べると、11月の活動は「お祭り参加」と一風変わった活動内容です。しかし、今回は人と人との繋がりを感じることが出来たと思います。東海チームメンバーは年齢や職業、学んでいる分野などみんなバラバラですが、目標に向かって1つにまとまって活動をしています。今回はその“バラバラ”のお陰で地域の方との会話が弾んだということもあるはずです。今度は東海チーム内でその“バラバラ”を上手く活用して、活動を盛り上げたいです。

■次回の活動は、
 12月21~22日(土・日) 「竹林整備6」です。
今年最後の活動になります!よろしくお願いします!
 名古屋駅&静岡駅より椿立自治区への送迎車が出ています。私たちの活動に興味のある高校生、大学生ぜひご連絡ください。
お問い合わせ先・詳細は、東海チームリーダー池上真弘(静岡大学2年)までよろしくお願いします。
連絡先: kyouzon_toukai★yahoo.co.jp (★を@にしてお送りください)

10月活動報告 共存の森 東海チームメンバー 松村健悟(東海大学 1年)
11月活動報告 共存の森 東海チームリーダー 池上真弘(静岡大学 2年)

※東海チームの活動は、2013年度セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。

さて、最後に1つお知らせです。

今週末、14日(土)14時より、日本財団ビル1階バウルーム(東京・赤坂)にて「海洋教育セミナー」が開催されます。普段、大学での講義や東海チームの活動で森・山について学んでいる私も参加します!この機会に、山とつながっている海についても学びたいと思います。海についての知識は皆無なので、一緒に参加する海洋学部の松村健悟君から教わりながら参加したいと思います。

詳しくは、下記のアドレスで!
http://www.kyouzon.org/news/1521/

関連記事
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント