08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【共存の森・東海2013】 12月21・22日活動報告

2013.12.30 23:08|「共存の森」活動報告
みなさんこんばんわ!
 共存の森東海チームメンバーの内田理子(東海大学海洋学部 1年)です。前回10月の活動報告をしてくれた松村健悟君と同じ学科に所属しています。
 いきなりですが、「海は森(山)の恋人」と言われるくらい深い関係です。その関係を良くするも悪くするも人間が大きな鍵となっているこの時代、両方の視点からどう考えていくのかがこれからの私の課題と考えています。その為共存の森の活動は私にとって、とても勉強になる活動ですので、これからも積極的に参加させていただいています。よろしくお願いします。

では早速、12月21・22日に愛知県豊田市椿立自治区で行われた、東海チームの活動報告です。

■1日目「竹林整備」(12月21日 土曜日)
 序盤雨が降っていたため今回の活動は、竹を粉砕するためのグリーンシャークは使わず、竹を切りその竹を燃やす作業をメインに行いました。

今回は北陸・関東・関西の各チームでご活躍されている4人も来てくださいました。今年度1番の参加人数で、総勢23名!みんな積極的に動き、黙々と作業を行っていました。
作業開始
作業開始です!
竹、燃やします!
メラメラ燃える竹、暖まります。
太い竹もなんのその

今回は竹の枝を叩き落とす作業も行いました。竹を切る、運ぶ、枝を落とす、燃やす作業を高い集中力で分担して出来ていたと思いました。
みんな集中しています

竹、倒れるぞー
関東・東海・関西メンバーによる夢の共同作業

 いつもより竹を切るスピードが速く、運ぶ竹が溜まってしまうなどありましたが大きな怪我がなく終わってよかったです。

 12月ということで前日は雪が降ったというのがわかるくらい寒く、もっと防寒して次回は臨みたいと思いました。本当に寒かったです、皆さん風邪には気をつけましょう。ユースホステルに戻り、皆走ってヒーターに向かっていました。そしてそのまま動かなくなる...

晩御飯は、ユースホステルの美味しい食事でした。私はこのご飯がいつも楽しみです。事務局の森山さんに「美味しそうな顔して食べるねえ」と何度も言われました。やっぱり美味しいものを美味しく頂けるのは幸せなことですね。東海チームではそんな幸せも感じさせてもらっています。
ご飯で満足しているのも束の間、池上リーダーと松村君の提案で今回のメンバーでちょっと変わった自己紹介。参加メンバーとの心の壁が取れるいい機会になりました。
関東チームメンバーの峯川くんの演説
みんな真剣に聞いています。
地区を超えた意見交換
地区を超えた意見交換
打ち解けました♪
 そしてその流れから始まった他地区からの貴重な意見を聞き、話し合う場に。
メリハリがあるいいメンバーです。切実に感じました。
 私は途中で抜けて関西チーム次期リーダーとなる大黒朱梨さんとお風呂に向かいました。お風呂の蓋をあけてびっくり!ゆず風呂が待ち受けていました。そうです!1日早い冬至のゆず風呂です。いつも一緒に作業をしてくださる原田鋭美さんが用意してくれたそうです。ありがたい!いい香りに包まれ贅沢な時間を味わえました。

■2日目「グリーンシャークも混ざって」(12月22日 日曜日)
さぁ作業だ!
2日目も始まります!
 この日は雨も降らず晴れていましたが、地面が凍っていました。霜柱を踏んで遊ぶなんてことはできないくらいにカチンカチンに。そしてものすごく寒かったです。
 2日目は、
竹切り班
竹運び班
枝打ち班
粉砕班
の4つの班に分かれて活動しました。
 私は竹運び班で活動をして竹切り班からくる竹を、粉砕班の所まで持っていくのをサポートしたり、運ばれてくる竹を選んで燃やしたりしていました。忙しいときは、常に動いていたりしていたのですが、竹が来ないと手が止まってしまうので、なるべく周りをみて動けるように努めました。
私が内田です。
私が今回のリポーター、内田理子です。

2日目はグリーンシャークが復活し、これまで切り進めていなかった崖の竹切りも行いました。
グリーンシャーク
復活!グリーンシャーク
崖っぷち
いつも手伝ってくださる原田清治さんと、東海メンバーの稲森さんと白石くん。身の軽さには目を見張りますね。

熟練の技
原田鋭美さんによる、空中枝打ち。
原田清治さんと安藤祐太さん
椿立自治区の若手、安藤祐太さんも駆けつけてくださいました。かっこいい!!

 2日目ともなるとやはりみんな、疲れが出始めていました。しかし、そんな疲れも吹き飛ぶようなことが起きました。それは途中休憩で食べた、原田清治さんが持ってきてくださったあんこ入りのおもちや、原田鋭美さんの奥さんが持ってきてくださった数々の美味しい料理!自家製のこんにゃくのわさび漬けと生姜漬けはとても美味しかったです!そして締めの干し柿も絶品でした!
 後の作業も頑張る、そう思わせてくれる椿立の人々の温かさ。その人々の温かさに触れながら活動を通して広がっていく輪を大切にしたいととても思いました。

 活動報告と言うよりお料理レポートに近くなってしまいましたが、これで12月の活動報告は以上とさせてもらいます。

シャーク!
北陸・関東・東海メンバーによるグリーンシャーク

任務完了
弾ける笑顔。原田清治さんとともに。

 東海チームの更なる躍進を目指して頑張っていきます!
竹切ったどー!!

■次回の活動は、
 2月22~23日(土・日) 竹林の手入れ7 の予定です。
新年最初の活動になります!よろしくお願いします!
 名古屋駅&静岡駅より椿立自治区への送迎車が出ています。私たちの活動に興味のある高校生、大学生ぜひご連絡ください。
お問い合わせ先・詳細は、東海チームリーダー池上真弘(静岡大学2年)までよろしくお願いします。
連絡先: kyouzon_toukai★yahoo.co.jp (★を@にしてお送りください)

共存の森 東海チームメンバー 内田理子(東海大学 1年)

※東海チームの活動は、2013年度セブン-イレブン記念財団の助成を受けています。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。