09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

第13回聞き書き甲子園 研修会レポート

2014.09.23 18:07|聞き書き甲子園
みなさん!こんにちは。
学生スタッフの小川絢子です。

遅くなりましたが2014/08/11~14にかけて行われた、第13回聞き書き甲子園の研修会を1日目から振り返っていきます。
参加した高校生はもちろんのこと、聞き書き甲子園に興味がある方、必見です!(^^)/

【1日目】~運命の出会い~
●集合から開会式へ
高校生は、東京駅鍛冶橋駐車場に集まりました。
一人で来た人、親と来た人、空港からスタッフと来た人・・・。
全員に共通していたのは、聞き書き甲子園への不安と期待ではないでしょうか。
バスに乗って東京都庁に移動する間、隣の席の人と緊張しながらも話をする姿は、微笑ましかったです。

都庁の中にある都民ホールにて開会式は行われました。

1


聞き書き甲子園実行委員会委員長であり、聞き書き甲子園の卒業生が立ち上げたNPOの理事長を務めている澁澤寿一さんにご挨拶を頂いた後、わがNPOの事務局長の吉野さんが、作家の塩野米松先生に「聞き書き」するような形で、講演が行われました。高校生は、初めて触れる「聞き書き」に、どんな感想を抱いたのでしょうね。
2

↑積極的に話に参加する高校生も。


●ウェルカムパーティ
開会式が終わり次第、研修場所となる「高尾の森わくわくビレッジ」に移動・・・
到着するとすぐにウェルカムパーティが始まりました!
同じテーブルのみんなと話をし、さらには違うテーブルにまで乗り込んでいく高校生。そのきっかけとなったであろう『ぐりぐら大作戦』。どうにかペアを探そうと、勇気を振り絞り話しかけていく・・・。

3



●アイスブレーキング
「緊張して体が固まった君たちは、アイスだ。それをブレイクする、そんな企画だ。」という峯川リーダーの説明を始めの合図として始まりました。
班ごとに班員がお互いのありとあらゆる情報を聞き出し、まとめていきました。
うるさいぐらい騒いでいた班、緊張が抜けきらない班と、個性が見えたひとときでした。

4


ここで1日目終了!!

宿泊部屋では、これから3日間を共に過ごす同室の仲間と初めての出会い。
どんな話が行われたことやら・・・(*^_^*)

【2日目】~最も濃い一日~
●聞き書き講習
聞き書き甲子園の先輩でもある、工藤大貴さんにお話して頂きました。
実際に体験されたことを話して頂いて、皆さんも自分がすると実感がわいたのでは??

5



●聞き書き実習 前半戦
さあ始まりました、聞き書き実習!
夏の聞き書き甲子園の一番の目玉と言って過言ではありません。
質問だし、時系列に並べて・・・と、各GLも緊張して望みました。
4


実際にインタビューが始まると、メモをとりながら、相づちを打ちながら、しっかりインタビューできていました。
_MG_0643.jpg

出していた質問を聞き終わったのに、時間がまだまだある!?となった班もあったのでは・・・?
111.jpg



●聞き書き実習 後半戦
後半戦では、まず書き起こしから始まりました。
たった5分程度の書き起こしに、ものすごい時間がかかった人もいたでしょう。
それを今度は、丸1日分ほど一人で書き起こしすることになります。
・・・頑張れ!!

6


長かった2日目も終わり。
ゆっくり休めましたか??


【3日目】~室内に籠もってばかりじゃなく、外へ~
●レポート講評
2日目に作った作品の講評。
まずはGLから注意点を教わったことでしょう。
高校生同士で意見を言い合った班もあったとか。
しかし、真打ちは塩野先生!
GLよりもズバズバと愛あるお言葉を頂けたのでは?
ここで言われたことは、きっちり覚えておきましょうね(^^)

●写真撮影講習
「手を握って伸ばして・・・」照れも垣間見えた写真撮影講習。
マンツーマンで教えて頂いた人も少なくありません。
聞き書き作品は、文だけでなく写真も大切ですよ。
9


●森プログラム
3つのコースに分かれて行われました。
植物採集コースは、汗だくで帰ってくる人が多く、森林浴コースは、担当の大垣さんの雰囲気と森林に癒され、クラフトコースは、森からのお土産を手に入れ・・・と、それぞれ楽しんで頂けたのでは?


●卒業生ワークショップ
スタッフが様々なお題について、体験談を交えつつ話しました。
高校生の皆さんが、進路などを考えるのに役に立てれば本望です。
もっと聞きたい!って方は、スタッフ誰でもいいので連絡して下さいな!
当日なかった[国際]についても、留学経験のあるスタッフがいますので、気楽にどうぞ!

●交流会
震源地というゲームをしました。なかなかおもしろい行動をしている人がいて、楽しかったです。
そして毎年恒例のフォークダンス!!
リズムをつかめなかったのか、だいぶゆっくりでしたね。

10


遅くまで起きていたら怒られると思っていた人もいるそうで。
そんなことはありません。騒ぎすぎず、最後の夜を目一杯楽しんで下さい(><)b


【4日目】~最後の日~
●卒業生体験談
「劇団聞き」というとんでもない集団が行いました。
なぜか変顔に始まりまして、団員の完璧な演技に笑いも・・・!
私も劇団聞きの一員として、うれしく思います!!

●閉会式
最後に集合写真を撮りました。
まさかの高校生からのお礼の言葉。完全に不意を突かれたスタッフ一同。思わず涙・・・(;A;)
それだけで、スタッフしてよかったと思えるのです。

11



高校生の皆さん。3月にまた会えるのを楽しみにしています。
我々スタッフも、第13回フォーラムが素晴らしいものになるよう頑張ります。
質問や不安なことがあったら、すぐに連絡くださいね!!

ではこの辺で。皆さんの健闘を祈りつつ。
またフォーラムでお会いしましょう(^_^;)


PSフォーラムの記事も私、小川絢子が書かせてもらいたいと思います!

→フォーラムの記事はこちら!!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント