07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

秋からのフォーラムスタッフ募集!!

2015.09.20 21:34|「共存の森」活動報告
☆聞き書き甲子園フォーラム運営大学生スタッフ募集☆
第14回聞き書き甲子園HPへはこちらのリンクより↓
 http://www.foxfire-japan.com/ 




聞き書き甲子園は約20名の学生スタッフによって運営されています。今回は3月に行われる、聞き書き甲子園フォーラムに向けて運営を担当する、聞き書き甲子園卒業生ではない、一般大学生のスタッフを募集します!

春から、参加高校生を募集したり、夏の研修会の内容を考えたり、取材のサポートを行ったりしてきた学生スタッフ。主に聞き書き甲子園卒業生で構成されています。
しかし今回はこのスタッフチームに、意欲的な学生を取り入れることで、新しい流れをつくり組織全体の動きを良くしたいと考えています。


聞き書き甲子園では、森・山・海・川で長年自然と共に生きてきた方(名人)に、高校生が一対一で聞き書き形式でお話を伺います。
仕事に対する価値観、自然への敬意、人生の教訓など、名人のお話には高校生の未来への道標がたくさん詰まっています。また名人の人生を辿ることは、高校生自身の今までを見つめ直しこれからを考えるきっかけとなります。

進路や将来に悩むことが多い高校時代。
そんな多感な時期に、歳の近い全国の高校生・3年先を生きる大学生スタッフ・50年以上先を生きる名人と出逢い、言の葉を交わすことは、高校時代の忘れられない大切な体験として心に残るはずです。
高校生の中には、うっすらと人生の軸となるものが浮かび上がってくる人もいるでしょう。実際に卒業生には、聞き書き甲子園の経験をきっかけに、進路が定まったり変わったりした人がいます。

聞き書き甲子園の1年間で、高校生の持っている原石がどんどん磨かれてきらきらと光っていくのです。そんな高校生たちの成長を、陰から全力で支え、近くで見守るのが、学生スタッフです。

3月のフォーラムで、高校生たちの成長の成果を見てみませんか。あなた自身もステップアップしてみませんか。



●スタッフとしてやること
・3月の成果報告会(フォーラム)企画運営
・高校生インタビュー記事編集
・facebookページ更新
・ブログ更新
・3月の聞き書き甲子園スピンオフイベント企画運営
(こうした仕事のなかから無理のない範囲で出来るものを決めます)

●応募条件&応募方法
≪応募条件≫
・1週間に1度のスタッフミーティングに参加出来るひと(夜19時から2時間ほど)
@小田急線経堂駅近くのNPO法人共存の森ネットワークオフィス

・ミーティングに毎回参加できなくてもチームに貢献する意欲が高いひと(地方メンバーはSkypeでミーティングに参加することもあります。)

・11月28、29日のキックオフ合宿に参加できるひと 

・3月27、28日のフォーラムに参加できるひと

・熱意があるひと

・年齢、学年は問いません

≪応募方法≫
・以下のアドレスまで【氏名・年齢・所属・居住地・応募動機(400字以内)】を明記の上ご連絡下さい。

締め切りは10月18日です!!

kikigaki.14th☆gmail.com(☆を@に変えてください)
質問はいつでも受け付けています。わからないことがあればご連絡ください。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント