07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

仲間と歩みたい、15歳の聞き書き甲子園。

2015.12.27 18:36|聞き書き甲子園
aaa.png

おめでとう。そしてありがとう。
聞き書き甲子園が来年 15 歳になります。


15歳。まだ未来の自分がどんな道を歩むかなんてわからない、危なっかしい年頃です。
私たちが迷いながら聞き書き甲子園に辿りついたように・・・自分は何をしたいのか、
何ができるのか、ということを無我夢中で探す若者です。考えて探して見つけたいから、
とにかくじっとしちゃいられない。動きだします。
そう。聞き書き甲子園もあの頃の私たちと同じように、新しい世界へ一歩を踏み出す時。
その世界に何があるのか分からなくても、不安や緊張があっても、えいや!と足を前へ!

だって、15 歳の世界は、やってみたいことに溢れているから。
できることを、楽しく。これからも。
15 歳の聞き書き甲子園と共に未来を歩む仲間を募集します。


【募集コンテンツその 1】
“聞き書き甲子園卒業生による名人再訪”


聞き書き甲子園にとって、始まりは常に名人という存在でした。
名人がいたから、高校生は存分に悩めた。将来のこともたくさん話ができた。
今の自分の思いを言葉で綴ることができた。
高校生にとって名人は、自分が映る鏡そのものでした。
だからと言ってはなんですが、もう一度名人に会いに行きませんか?

聞き書き甲子園の卒業生が、心のどこかで「名人に再び会いに行きたい」と思うときが
あるかもしれません。名人に会うことで今の自分が変わるなんてことはないと思います。
高校生の頃のことを思い出すこともないかもしれない。
それでも、もう一度会って話をして、そしてもう一度聞き書きをする。
それだけで素敵な時間を過ごせるんじゃないかと思うんです。
名人とあなたとの間には当時と同じように録音機があって、メモを取りながら話を聞く。
もちろん名前と生年月日から。
そんなシンプルでいて面倒なことを同じ相手に二度もやるなんて、馬鹿げている。
馬鹿げているからこそ、きっと面白い。
どんな聞き書きになるか未知数だからこそ、やる価値がある。

名人を再訪して聞き書きをしたい、そんな卒業生をお待ちしています。


*募集定員10名。
*訪問先は、高校生の頃に聞き書きした名人に限らせていただきます。
*訪問に際して名人との連絡は、聞き書き甲子園と同じく各自でお願いします。
*名人との連絡が取れ次第、2回以上の聞き書きから作品完成までを2016年8月まで
の期間で行います。
*聞き書きに際しての交通費は15周年企画実行委員会が補助します。
*完成した作品はウェブサイトへの掲載、イベントで利用させていただくことがあります。

応募締切は2016年1月30日。
15周年企画に興味のある方のご連絡をお待ちしています。
【氏名】【住所】【電話番号】【メールアドレス】を明記の上、下記メールアドレスまでご連絡ください。
mori@kyouzon.org
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント