07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

音頭をとるひと 第0回つづき~わたしを動かす源~

2016.06.23 17:22|ond
 第0回つづき ~わたしを動かす源~



2015_0316_11450500.jpg 


工藤

美紀ちゃんが活動を始めた理由は?



谷端

聞き書き甲子園で作品が完成したら漁師さんにすごく感謝されたんです。

初めて会った時は「何しにくんねん」の勢いで、こえーって思ってたのに(笑)、

最後は「ありがとう」って泣いてくれたんです。

「生きてる中で嬉しいことがまた増えた」って言われたんです。



工藤

美紀ちゃんの中では、感謝されたっていう経験が原動力なんだね。



谷端

そこまでひとに感謝されたの初めてでした。

数か月前までは何も知らない福井県のおっちゃんだったのに。



工藤

そこが原体験なんだなぁ。


2015_0316_10265300.jpg 


谷端

今はお孫さんが漁師継がれてるって聞いたんですけど、

(聞き書きした)当時、後継ぎがゼロって聞いてたんです。

出会った先にそういう問題があったから、まだ高校2年生やし受験が終わって

大学生になったら戻ってきて、自分が出来ることを形にして漁師さんに恩返ししたいなって。



工藤

聞き書き甲子園がスタートって思えたんだ。



谷端

はい。形に残ったら、漁師さんが動けなくなっても言葉は生き続けるじゃないですか。

将来の自分にも残したいし、自分に子供ができたら昔こんなおっちゃんおったんよ、

って言いたいんです。



山﨑

聞き書きすると名人とすごく仲良くなるじゃないですか。

それって少しの間ですけど、自分もそのひとになりきるから、

ひゅいーんって分身になった感じだから仲良くなるんですよね。



工藤

あー、憑依する感じかな。

紀奈里が活動している理由は?


DSCF0512.jpg 


山﨑

小さい頃、日生の祖父母の家に入り浸ってたんです。

祖母の入っている婦人会にいつも一緒に行かせてもらってて、

幼稚園の時は「日生婦人会に入る」ってのが将来の夢。



工藤

その夢、本当いい。



山﨑

日生でなにかしようって私を動かす源は、日生が好きで、

日生のひとと何かがしたくて、日生のひとを喜ばせたくって、

昔婦人会で皆さんと一緒に活動をしたことをきっとまた求めてる自分がいるんです。



工藤

婦人会のひとと何をしていたの?



山﨑

イベントの時に一緒にお寿司作って売ったりしていました。

小さかったから可愛がられてたのが心地良かっただけかもしれないですけどね。

婦人会のひとと一緒に何かを作って何かをするのが小さいながら喜びでした。



工藤

可愛かったんだろうね。



山﨑

そうなんですかね。

だからわたしは、日生のひとと何かやって日生のひとと分かち合って、

日生にわたしが染まるのが楽しくて、ただ楽しくて、ただ好きで。

日生のひとを喜ばせたいっていうのが活動する目的です。

楽しそうにしている日生のひとに惹かれて外のひとも集まれば良いかなって思います。




音頭をとるひと第0回インタビュー記事は以上でおわります。
次回は挑戦を続ける彼女達の今をお伝えします。
(更新予定7月上旬)

twitter始めました。ぜひフォローしてください。
ond記録部(@japanond)で検索。

DSCF0374.jpg 


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント