07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

受け止めた思い。

2017.01.11 02:43|若手理事ブログ(峯川大)
峯川です。筆不精ですみません。

さて、前回のブログで、
「僕のことを知ることが出来るブログに」
ということを書きました。

気になっているけれど、知ることが出来ない世界ってあるよね、
僕のことを誰が気にしてくれるかは置いておいて、
「気になるけど、知ることが出来ない」状態にあることを、まずは自分が脱したい。

シンゴジラを持ち出しながら、
そんな思いを書いたのが前回のブログです。


そして二回目の今回。
早速、私自身のこと、過去のことを書いていきます。


2017年現在、24歳の私。
共存の森との出会いは、高校2年次に聞き書き甲子園に参加したこと。
今回はそのことを書きます。


…なお、つらつらと、昔話を書いていきますが
過去は過去。過去の栄光などに縋るつもりはありません。

過去を振り返り、今日の自分(の考え方)をつくっている
ルーツをたどると同時に、

その経験から、今どんなことが言えるかを考えてみたいと思います。


聞き書き甲子園参加の
一番の動機は、
「タダで全国のどこかへ行けるから」。

単純で、不純な動機。
こうして書くのも恥ずかしい。笑


でも、僕の実家の、すぐ隣に住んでいた祖父は、
農家であり、ちょっとした植木屋を営んでいて。

そんな祖父の仕事ぶりを近くで見てきたこともあり、
庭で花や野菜を育てるのが好きでした。


また、植木を移植する際、
地面に伸びまくった根っこを掘り起こし、一部はのこぎりで切り落とします。
その表情をふと見た時、とてもしんどそうな顔をしていたのが印象的で。
祖父に聞いてみたら、その時は別に体力的なツラさではないという。

・・・なぜそんな顔をするんだ。
僕はずっと不思議で仕方なかったのです。

その植木の移植が終われば、お金が入ってくるわけで。
むしろ、どんどん根っこを切ってしまえばいいのに、とすら思っていました。


そんな私が聞き書き甲子園で学んだ、いや気付いたこと。
それは
若者の、そして自分の行ないが、未来をかえる。
ということです。


私が取材した名人は、群馬で代々林業を営んでこられた方で。
でも、ご存知のように、貿易自由化、TPPなどもあり、
今は、杉林の足元で、山わさびを育てている方。

山わさびと、少しの畑仕事で、生活を安定させ、
ほぼお金にならない山の手入れも、
「好きだから」と言って続けてこられたそう。

「三代にわたってこの山を育ててきた」
と話す名人。

私の目の前でワナにかかったイノシシをしとめ、
ずんずん斜面を下っていき、間伐をして見せ、
立派なキノコを見つけて、上機嫌になり。

田畑しか知らなかった私に
山の世界を教えてくれました。

「こんなきれいな山を見ながら死にてえなぁ」
林野庁長官賞をやっと受賞出来たという、
自慢のひと区画を見せながら名人がつぶやいた言葉。
今でも忘れません。


「今はもう、林業じゃ食っていけねえ。
でも、お前さんには将来、いい大学入って、国の役人にでもなってもらって
日本の林業を変えてもらいてえなあ。

俺の代は無理でも、
俺の次の世代が林業で食っていけるような、
そんな時代をつくってほしい」



これが、今日の私の原点となっている言葉。

今の苦労と、
子や孫の時代を思いやる気持ち、
そして、私に託した思い。

私は言葉を失いました。
なぜ、出会ってまだ数日の僕なんかに、
こんなことを話してくれたんだろうか、と考えてしまったのです。


そんな時、名人が続けて一言。
「俺はそういう思いで、今までお前さんに、
いろんなものを見せ、話してきたつもりなんだ」

・・・身の引き締まる思いがしました。
これは、名人の期待にこたえたい。
いや、こたえなければならないな、と。


多くのメディアで耳にしてきた
「これからの時代をつくるのは、若い人だから」
「若い人には頑張ってもらいたい」
などという言葉。

それらとは全く異なる、
まさに言霊と表現したい何かが込められた、
強い言葉でした。

もっと自分がしっかりしないといけない。
自分が何かを変えていかないと。
この思いを、しっかり受け止めよう。
そんな使命感が生まれた日でした。


このことが原動力となり、
結果として5年にもわたって、共存の森の活動を続けてこれて、
それなりに充実した若者時代を生きていられているのです。

名人には本当に感謝でいっぱいです。
ありがとうございます。



こうして、僕は新たな世界へと歩み出していったわけですが、
その先にも様々な出来事がありました。

それらは、また順を追って・・・。

僕自身の「知ることが出来ない」世界。
筆不精の私ですが、
少しずつ窓を開けていきます!
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント