07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

良質な2人の関係性がチームを良くする。

最近、友人を訪ねて富山県の氷見市へ向かった。彼は美大系の出身で映像製作ができる。わかりやすい武器を持っていない僕は、そのことを時に羨ましくも思っていたりする。
大学時代にはプロジェクトを共におこそうと試行錯誤したけど、結果お互いに力足らずでモノにはできなかった。現在、氷見市で地域おこし協力隊をしている彼を訪ねた理由は、今だったら生産的ななにかを一緒にできる気がしたからだ。

3泊の氷見滞在を経て、聞き書きと映像を組み合わせたその土地ならではの取組みの萌芽を得られたのはとても良きことでした。(弊団体のfacebookに動画が載っているから見てみてね)
一方で氷見滞在では、プロジェクトチームという概念に関するリアルな示唆も得られたので、今日はそのことについてです。


時に僕らは「チームはリーダー以上の器にならない」「チームビルディングがチームにとって最も大切。始まりが肝心。」「メンバー間での対面でのコミュニケーションが組織を育てる」などなど、チーム論を無数に議論しているように思う。どれも、確かにそうかもしれないという感があるのだけど、氷見で得た僕の最新チーム論は「2人で、チームは変わる!」ということなのだ。

彼と僕は顔を合わせれば、目の前にある素材を使って面白いことが起こせないかとなんやかやと話している。お互いにたぶん「上がりたい」気持ちが強いのだろうな。それは氷見滞在中も同じで、これとこれを合わせたらこうなるんじゃないか?とか、それだったらこうした方が良いよとか、あーだこーだと喋り倒していた。生産的議論かと問われても分からないけど、とにかく場の熱量は常に高いし、ポジティブな空気も充満するんだよね。それがきっと、氷見行きに一緒についてきてくれた学生にも伝播していたと思う。


1人でチームを変えられるひともいる。
だけど、多くの若者はそうじゃないと思う。僕はチームメンバーの熱量が高くないと、その総ての熱量を高めるほど自分のエネルギーを放出できない。それだけの自信とバイタリティが備わってないんだ。だから冷めたひとが多いチームでは、少しずつ冷めた空気が広がってゆく。
そうするとどうなるか。そのチームを盛り上げ直すために常人にできることは限られてくる。
その1、誰か1人の熱量を上げることから始める。
その2、熱量の高い仲間を新たに迎え入れる。
いずれにせよ、一度下がった熱を高めるのはとてもとても難しい。

ひるがえって、氷見ではそもそも彼と僕の熱が高く、それが伝わって全体としても目線を高くポジティブに日々を過ごせた。
2人という数はチームを無理なく少しずつ変えてゆけるのかもしれない。僕はそう感じた。

毎度毎度、あたりまえなことをそれらしく書いているブログだけど、今回もそうでした。あたりまえなことを重ねて言うと、良質な関係性がゼロかイチかという違いは大きいということ。本気で熱量のあるひとが一人しかいない時、そのチームに良質な関係性は1つもありません。2人いればそこに関係が生まれます。その関係に周りが感化されるってことだと思うんだ。決してその2人個々人のポテンシャルや意欲に感化されるわけではなく。“関係性”のなかにこそ、プロジェクト成功の種があるのだよ。

あなたがその2人のうちの1人になるためには、誰と握手するか。それが肝です。
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント