09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

聞き書き甲子園15周年記念リレーメッセージ vol.9 谷端美紀さん

「盆栽をやってる家の娘らしい」
そんなことを伝え聞いたのはもう3年前の話。


森海川の名人にインタビューに行く
この聞き書き甲子園というプログラムに
代々続く盆栽一家の高校生が参加するのは
不思議なことではない。


ただ、その後も長い付き合いになる人は、
正直な話、そう多くはない。


しかし、今回登場してくれたみきさんは違う。


今は「ond」生として鳥取で活動中。

↓ ↓ ↓



昨年末に僕と一緒にイベントに出た時には、
一ヶ月で動画を撮影、編集してくる気合いを見せ、
多くの人を谷端ワールドへ導きました。笑

↓  ↓



これからも、全国の仲間、そして甲子園の後輩たちに
新しい刺激を与えてくれるでしょう。


そんな彼女のアクションの原点となった
聞き書き甲子園での経験談をご覧ください。

(by 峯川)


・*.~☆。・*.~☆。

vol.9
聞き書き甲子園12期生

「ond」1期生

谷端美紀さんより

・*.~☆。・*.~☆。


16831193_1226560374106778_864537753432487537_n.jpg 


ある日突然、
知りもしなかった70代の漁師さんと
知り合ったおかげで、今の私があります。


私が取材させて頂いたのは、
70代の若狭ぐじ漁師さん。

網を作る仕事、
一本一本に心と技が詰まっている漁師さんでした。


それまでは、
時代の流れとともに無くなるものは無くなるんだ、
仕方ないんだ、と目を背けていました。


しかし、聞き書きに出会ったおかげで、
今は無くなるは本当に無くなっていいのか?
を確かめるアクションを起こすことが出来ています。


聞き書きを手探りで始めた当初では想像できなかった程、
今の活動は大きくなりつつあります。


想像もつかなかった世界に導いてくれて、
またその中で創造して、

苦しみぬいて次へ繋げれる喜びを噛み締めながら、

15周ねんおめでとう、

そして本当にありがとう。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント