07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

聞き書き甲子園15周年記念リレーメッセージ vol.17 長岡純香さん

聞き書き甲子園への参加がきっかけで
将来の夢が明確になった。

そんな高校生も数多くいます。

今回登場してくれた、長岡さんもその1人。

長岡さんは、甲子園卒業後に
自分のやりたいことが明確になり、
今はその夢を実現させているといいます。

彼女は今、山形県の職員として、
道路の維持管理などに関わる仕事をしています。

「土木構造物は、地面・山・川・海など自然の中に造られる為、
自然のことを頭において仕事をしないといけないのです!」

久々に連絡を取ると、こう語ってくれた長岡さん。

17264858_1245352295560919_7274786102937291889_n.jpg 

写真左は、今はond生として鳥取で活動している、
聞き書き同期の谷端です。

2人の友情も、とっても素敵なのです。
そんな長岡さんのコメントをご覧ください!

(by みねがわ)

・*.~☆。・*.~☆。

vol.17
聞き書き甲子園12期生 長岡純香さんより

・*.~☆。・*.~☆。


聞き書き甲子園で
沢山の素敵な出逢いがありました。

漁師さんとの出逢い、
島の方との出逢い、
聞き書きメンバーとの出逢い。

どれをとっても大切な大切な宝物です。

今でも夏には
漁師さんのいる島に行っていますが、

漁師さん、島の方に
「おかえり」と言ってもらえるのが嬉しくって
心が温まって、
その度に人との出逢いは、人生においての幸せなのかなと思います。

高校生のとき
自然と関わる仕事がしたいとぼんやり思い描いていた夢が、
この聞き書き甲子園に出逢えたことで
自分が出来る自然への恩返しとは、自然との共生・共存とは
を考える時間、自然と向き合う時間を
与えてもらったことで今、私の夢は実現してます。

私の背中を押してくれてありがとう。
たくさんの素敵な出逢いをありがとう。
伝えきれない程の「ありがとう」をありがとう

『縦の糸はあなた 横の糸は私
逢うべき糸に出逢えることを
人は仕合わせと呼びます』
中島みゆきさんの『糸』がぴったりだと思っています。


関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント