FC2ブログ
10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

裾野にいます~袖のみちかけin八戸~

声が聞きたい。


僕が袖のみちかけというワークショップを始めた理由はそれなのかもしれません。八戸から帰る新幹線で車窓も眺めず、疲れきってくしゃくしゃに丸めた上着をまくらと毛布代わりに眼をつむりながら、うつらうつらそんなことを考えていました。

 

聞き書き甲子園の運営に携わってかれこれ6年です。100人の高校生が変わってゆく姿は圧巻で、さながら祭のような熱気があります。祭が時として生きている者と死者の境界線を曖昧にするように、100人の高校生と接していると、11<あなた><わたし>の関係でしっかりくっきりコミュニケーションがとれることは多くないと思うのです。

 

それでも少なからず。わたしはこう思う、こうしたい、こんな迷いがある。そんな発露から高校生の立ち姿がきれいに見える瞬間があります。その時に、僕は嬉しいですし、きっと自分の立ち姿も相手には、クリアに見えているのだろうと思うのです。

 

あぁ、そうか。僕は声が聞きたかったんだ。目の前のひとに向けて、稚拙でも言い淀んでも確かに伝えようとする姿勢。伝えたいと思えるなにかが在るバックグラウンド。自分にはなにもないと足掻く暗やみ。その全てを声にのせて。その発露は「高校生」とひとくくりにしていては見えてこないリアリティです。そこにたくさんのことの出発点があると信じています。


 

michikakemedia1.jpg 


八戸での袖のみちかけ取材編集ワークショップに参加してくれたのは、2人でした。

少人数でのプログラムを行うことで、今まで掬えなかったことを掬おうとした僕らにとって、2人という人数は決して悲観するものではありませんでした。

 

ダイアログ→相手に向けた詩づくり→受け取った詩のタイトルを漢字一文字でつくる→取材編集講座→取材相手を考える→次回へ

 

プログラムは上に書いた通りです。ダイアログで僕とペアになったのは、沖田さんという八戸市内の高校に通う女の子でした。「いま、ここにいる動機、理由」を話す時間では、袖のみちかけチラシの文章やデザインが素敵だったから参加したと話してくれました。袖のみちかけのコンセプトや空気感、内容、その全部をひっくるめて、良いと言ってくれるひとが参加してくれて本当に嬉しかったです。それに対して僕も、聞き書き甲子園に集まる高校生以外にも、きっと渇きを感じていて、僕らの思いと重なる部分を持っているひとはいて、そんなひとと会いたくて、でもどこで会えるかわからなくて、八戸ブックセンターさんという素敵なコミュニティがあるここにやってきたと伝えました。

 

気恥ずかしさを抱きながらも、自分の思いを言葉として相手に伝えることができたダイアログと詩づくりだったと思います。そうして、沖田さんに向けて書いた詩を詠んで、すこし詩の意味を補足している時、彼女がしっかりと僕の言葉と思いを感じようとしている姿勢が印象的でした。

 

取材編集講座では、取材ですぐに使えるテクニックもいくつか教えました。それらの話をしきりに頷いて聞いてくれていた中野さんは、これまでも市の取組みなどで取材経験があるようで、月並みな表現ですが、なんて面白い2人が集まってくれたのだろうとわくわくしました。

 

取材先には2人が興味のあったハンドメイド製品をつくるひとたち、それらのひとが集まれるイベントを主催しているひとを候補に据えました。きっと、取材に向けて2人とも眼に見える以上に緊張していると思います。がんばれがんばれ。


 

sodemichiblog1.jpg 



ふと八戸・青森という土地を振り返ると、そこには八幡馬やこぎん刺しなどのかわいらしい伝統工芸品があります。山に例えるならば、山頂や8合目9合目あたりにはひっそりどっしりとそんな伝統工芸品が佇んでいます。そのずっと下の大きくなだらかに広がる裾野に、2人が興味を持ったようなハンドメイドが点在しているのかもしれません。八戸という土地にそびえる山を裾野から楽しみながら、時に山頂を見上げたりしながら、面白がってほしいなと思います。いずれ、山頂まで登りたくなったら登ればいい。その時に見える景色はきっと裾野で楽しむのとはまた違うものだから。袖のみちかけin八戸は始まったばかりです。(共存の森ネットワーク理事 工藤)


michikakemedia2.jpg 

関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント