FC2ブログ
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
プロフィール

共存の森ネットワーク事務局

Author:共存の森ネットワーク事務局
私たちは、森づくり、人づくり、地域づくりなどを行うNPOです。
詳しくは以下のサイトをご覧ください。

★「共存の森ネットワーク」ホームページ
★「聞き書き甲子園」ホームページ
★「学校の森・子どもサミット」ホームページ

カテゴリー

月別アーカイブ

ブログ内検索

Facebook

Youtube

共存の森ネットワーク 公式Youtubeはこちら 活動の様子を動画でチェック!

アルバム

スポンサーサイト

--.--.-- --:--|スポンサー広告
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

名人紹介① 沖永良部島・山田さん

2018.05.20 22:29|「共存の森」活動報告
共存の森・関東チームの宮﨑紫織です。

今回から、聞き書き甲子園で取材をさせてもらった名人さんを
1人ずつ紹介していこうと思います!

さて、記念すべき第一回の名人は……

鹿児島県の離島、沖永良部島漁師をされている、

山田輝夫さんです!!

山田さん 


私は、2016年の秋に山田さんのもとを訪れ、
取材をさせていただきました。

島の魚介類を獲り、それらで作った料理を、奥さんと共に経営する
居酒屋「漁り火(いざりび)」で振る舞う山田さん。

取材の際も、新鮮な伊勢海老のお刺身をご馳走に……!美味しかった!

いせえび




……しかし、
山田さんには一つ悩みがあったのです。
それは、「とある技術」の後継者がいないこと。


それは、山田さんがまだ若手だった頃。
山田さんは、先輩漁師たちが、
自分たちのカニ漁で使う網を自分で修繕する姿を見ていました。


そしてなんと、
山田さんはその技術を「自分の目」で盗んだのです。


しかし、今、

その素晴らしい技術が、
後継者不足により失われそうになっています。

私は、それが理由で「高校生プロジェクト」への参加を決め、

少しでもこの問題を「誰か」に知ってもらおうと、
昨年度の聞き書き甲子園フォーラムでは、

修繕の際に出た網の切れ端を使用した

ガラスドームアクセサリーを作成・販売しました。

ガラスドーム

販売会場は、
東京大学で行われた聞き書きフォーラムの特設スペース。

たくさんの人に、山田さんへの思いとともに商品を手渡ししました。


今後私にできることは、

また違う「誰か」

この問題を知ってもらい、

少しでも関心を持ってもらうことだと思っています。


このブログを見てくださっているあなたも「誰か」の一人。

ぜひこの問題を他人のことだとは思わずに

目を向けてみてください。


【追伸】
現在、「名人ツアー」というものを企画しています!
詳細の公表などはまだですが、
山田さん、そして沖永良部島に興味を持ってくださった方は乞うご期待!

umi_20180520222156ff9.jpg
関連記事
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。